ピクシブ百科事典

メダロット魂

めだろっとだましい

アニメ版『メダロット』の続編として2000年にテレビ東京系で放送されたTVアニメ作品。時間軸としては前作(メダロット)の後ではあるが、世界観がゲームからも漫画からも離れた独自のものとなった。
目次[非表示]

概要

  • 登場キャラクターが前作と大幅に入れ替わった
  • お友達ロボット・メダロットは、前作での古代メダロット文明に関する設定は失われ、単なる子供の玩具という設定になった。

※元々のメダロットとしての媒体は各メディアで様々なもので、古代メダロット文明という物も他のメディアでは特に言及されていない。

本作で新たに登場したデスメダロットは、旧来のパーツによる攻撃が一切効かない上に、必殺技であるメダフォースまで無効化する無敵の装甲を持つのだが、この設定が構成や演出に大きな制限を課す要因となっている。
まず、新型パーツ以外での攻撃が効かない事による、『パーツの換装による戦略の拡張性』という、メダロットの根幹を成す基本要素の封印。
次いで、新型パーツを所持してないアリカ等の旧作からの仲間が完全な戦力外となった事による、仲間との連携攻撃の封印(※謎のメダロッターは敵か味方か不明というポジションなので基本的に頼れない)。
これらの制約によって主人公は新型機体の純正パーツでの単独戦闘を余儀なくされ、必殺技も封印された為、戦闘演出が大幅に制限される事となった。
射撃型であるメタビーは元から戦闘演出に変化を付けるのが難しい機体である為、旧作の時点で幾度か格闘戦を行う事があったのだが、本作ではパーツ換装の封印により、その傾向が更に顕著になった。
(※あまりにも戦闘に変化が付け辛かったのか、終盤ではメダフォースが再び使われる様になっている)

この変更点に関しては難色を示す視聴者も多い中、魂独自の熱いストーリーなど見所も多く一概に悪いとは言い切れない作品ではある。

あえてテーマを挙げえると、子供たちの協調性の成長と、その友達としてともに進むメダロット。

あらすじ

コクリュウを社長とする新進企業が生み出した、新しいメダロット「デスメダロット」。メダロット社に対する反発ともいえるデスメダロットは、ただロボトルに勝利することのみを目的とした攻撃的な存在であった。

そんな状況でも今までどおりのロボトルを続ける天領イッキメタビーだったが、デスメダロットにはメタビーの切り札ともいえるメダフォースが全く効かないという特殊な装甲を装備するなどまるで歯が立たない。そんな中、謎のメダロッターの登場やギンカイの改心もあり、デスメダロッターを徐々に追い詰めていく。

登場キャラクター

ナエの愛機。普段はロボトルはせず、ナエの手伝いをしている。

イッキの友人。少し気が弱く、他人に流されやすい少年。

謎のメダロッターの操るKWG型メダロット。

イッキと同様に小学生だが、ブラックコーヒーを愛飲したり、イッキたちよりも大柄なこともあり、あまり小学生扱いされることは少ない。

デスメダロットから足を洗ったギンカイのパートナー。

最強のデスメダロットの入手を目指す少年。なにかと裏で糸を引く黒幕で、卑怯なことも平気でこなす。

メタビーと対を成す、黒いKBT型デスメダロット。

メタビーやドークス、エクサイズユニトリスを圧倒するパワーを誇るデスメダロットで「赤い悪魔」と劇中で呼称される。

最強のデスメダロット。頭部が突出して大きい異様な外観を持つ。

関連タグ

メダロット メタビー 天領イッキ メダロットDS
ゲームを原作としたテレビアニメ

関連記事

親記事

メダロット めだろっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メダロット魂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62220

コメント