ピクシブ百科事典

メタビー

めたびー

メタビーとは、「メダロット」シリーズに登場する主役ロボットの一体。 「メタルビートル」の略称であり愛称。
目次[非表示]

概要

メダロット発売当初に開発された旧世代のカブト型メダロット。
ずば抜けた強さはないが、パーツ構成のバランスがひかる射撃重視タイプ。

メダロットシリーズを代表するKBT型メダロット。(正確にはカブトメダルに付けられた名前)
イッキのパートナーとしてアニメの主役機にもなった彼は、いわばメダロット界のピ○チュウ。
つまりもっとも有名なメダロットである。
1997年に発売された初代「メダロット カブトバージョン」に登場して以降、クワガタバージョンのロクショウと共に幾度もパッケージを飾っている。
元々機体としての名前は上記の通り「メタルビートル」だったが、後のマイナーチェンジによって「メタビー」が正式な機体名として定着する。それに合わせてDS版以降はパーツ名も変更された。

機体概要

DS以前

パーツ部位パーツ名称熟練度行動・タイプ
頭部パーツミサイルうつミサイル
右腕パーツリボルバーうつライフル
左腕パーツサブマシンガンねらいうちガトリング
脚部パーツオチツカー二脚

初期バージョン。
ペナルティがなく使いやすい右腕、多少リスクはあるが攻撃力のある左腕、必中・貫通特性を備えた大技の頭部というスタンダート構成。

DS・7・8

パーツ部位パーツ名称スキル行動・タイプ
頭部パーツメタミサイルうつミサイル
右腕パーツメタリボルバーねらいうちライフル
左腕パーツメタマシンガンうつガトリング
脚部パーツオチツカー二脚

DSマイナーチェンジ後。
行動内容は大まかには同じだが、"ライフル"のイメージを優先したのか左右腕のスキル(旧作での熟練度)が入れ替わっている。

9

パーツ部位パーツ名称スキル行動・タイプ
頭部パーツメタミサイルしゃげきミサイル
右腕パーツメタリボルバーしゃげきライフル
左腕パーツメタマシンガンしゃげきガトリング
脚部パーツオチツカー二脚

9でのバージョン。
うつ・ねらいうちで分けられていたスキルがしゃげきに統合。
"ねらいうち"はメタリボルバーのサブスキル(特殊行動)として残っている。

各作品ごとの活躍

ゲーム、漫画、アニメと多岐に渡るメディア展開を図ったメダロットにおいて、
パートナーを変え、世代を隔て、「メタビー」という同名のメダロットは何体も登場している。

ゲーム版

後継機のKBT型が登場してもその人気は健在であり、何度も繰り返し主役機として抜擢されている。
ナンバリング作品では初代、2、3、DS、7、8で、外伝ではR、ガールズミッションで最初の機体としてカブトメダルと共に入手。
また、G、navi等の番外作品ではゲスト参戦したイッキやヒカルの使用機として登場することもある。
9ではパートナー機ではないが最序盤からNPCとして登場し、一時的に使用できる。中盤以降ある場所に佇む彼と対戦が可能となる。何度も戦える上パーツも獲得できるので一式揃えることも可能。
Sではサービス開始時点からガチャの☆3(最高レアリティ)で収録。

ちなみにゲームではメタルビートルではなくメタビーが商品名として定着している。

アニメ版

『うおぉおおぉおおおぉおお!!』


男なら、負けたことのことは考えないもんだぜ。

CV:竹内順子
主人公イッキの初めてのメダロットとして、共に苦難を乗り越えていく。
ゲームはプレイした事がなくとも、アニメにはなじみ深い人も多い事だろう。射撃型であるにも関わらず、
拳で直接ブン殴るワイルドな戦いぶりはインパクト絶大。

漫画版(著:ほるまりん)

コミックボンボンにて連載。

メダロット1

主人公アガタヒカルの初めてのメダロット。
愛犬ボナパルトが拾ってきたカブトメダルを、KBT型メダロットに装備した。
組み立てて初めて戦った日以来、名前をつけていなかったヒカルだったが、メタビー自身が
「はいはいはーい メタルビートル略してメタビーがよいと思いまーす カッコイー!」
と提案して、結局それが採用された。
(ヒカル案は『ムシムシムッシー』『クヌギジュエキー』『スイカシルシル』『モグモグフヨード』。これらで通そうとしたが本人に無視されたため諦めた。)

国際ロボトル大会で行ったビーストマスターとの戦闘でメダルを破損し、
人間でいえば一度は「死んだ」状態になったが、大昔の伝説を頼りに遺跡へメダルを持っていき、メダルを直す方法を試した結果復活を果たした。
後に「魔の十日間」と呼ばれるロボロボ団との決戦以来、全国的にメタビーの名が有名になる事になった。
ただ、何故かヒカルの名前は全然知られなかった様子。
最終決戦時にはレアメダルの性能、成長力に目を付けたロボロボ団によって大量にメタビーが量産された。

メダロット2

主人公天領イッキの初めてのメダロット。
メダルは快盗レトルトが落としたメダルを愛犬ソルティーが拾ってきた。
ティンペットとパーツは、コンビニ店員アガタヒカルが(勝手に)売ったKBT型パーツ一式。
ロボロボ団との決戦以来、メタルビートルにメタビーとつける子供が多くなったらしく、イッキもその一人。
「コンビニのお兄さんも名前聞いて変な顔してた」

同じカブトメダルとはいえ個体差ゆえに、ヒカルのメタビーとは性格に差がある・・・はずなのだが
やたらめったに乱射したり、射撃パーツで殴ったりするところを見ると、かなり性格は近い。
(ヒカル自身も彼のロボトルを見て「うーむ、似ている・・・」とつぶやいていた。)
ゆえにヒカルのメタビーと間違われる事があり、「ニセメタビー」扱いされる事が多々あった。
劇中最もメダロットの秘密に近づいたメダロットで自分たちが元は侵略用兵器であること、マザーの方針が変わってそうでなくなったことなどを把握している稀有な存在でもある。

漫画版メダロットDS

メタビーは登場しないがコンビニのお兄さんの相棒として「めのじ」というマーサイモランが登場。中のメダルはおそらく2~4にかけてのメタビーと思われる。

漫画版メダロットNavi(著:藤岡建機

主人公カスミのかつての相棒だったが、交通事故でメダルが破損、死亡してしまう。
後に旧校舎で拾ったカブトメダルにもこの名を付けるが、
かつての相棒と全く違う性格の彼をなかなか受け入れられずにいた。
しかし、次第に友情を築いて行き、後にグランビートルのパーツに換装することとなる。

バリエーション・後継機

・めたびー
『メダロット2』に初代の機体を送ることができる都合上、それぞれのメタビーを区別する必要が生まれたため初代バージョンのものにつけられた名称。
性能据え置きだが全てのパーツ名が「ひらがな」になっている。
以降ヒカル機はこちらという扱いのようで、naviではヒカル機としてこちらの名称で登場する一方でカタカナの「メタビー」は登場しない。

カンタロス
旧式化した名機メタルビートルの2020型マイナーチェンジ版。
『メダロッターりんたろう!』の主人公である波島鱗太郎の愛機。
メタビーより軽量化されており、KBT型としては高い機動性を誇る。
ゲームの方への登場頻度はまちまち。

サイカチス
『メダロット3』及び『4』のカブトバージョン、アニメ『メダロット魂』におけるイッキの愛機。
外見はベース機のメタビーに近く装甲が若干薄くなった代わりにメダチェンジが可能となっている。
なお、メダルはメタビーからそのまま引き継いでいるためそのまま「メタビー」と呼ばれ、機体名のサイカチスで呼ばれることはほとんどない。

・ビート
デザインが一新された『真型メダロット』における主役機。
シナリオが1準拠であるため、初期入手のビートは明確にメタビーのポジションといえる。
シリーズファンからはそっぽを向かれがちだがほるまりん氏は気に入っているようで、たまにイラストが描かれる他『メダロット9』ではDLCで入手可能だったりする。

・Gメタビー
『メダロット8』及び『メダロットDUAL』にて、クリア後のおまけイベントの報酬として入手可能な金色のメタビー。ちなみに性能は普通のメタビーと全く同じ。
スマホ版『メダロットS』においても事前登録者数突破報酬及びメダリーグ偶数ピリオドのレジェンドリーグ入賞報酬として配布されている。

・ジャイアントメタビー
アニメ無印最終話に登場した巨大なメタビー。ベルトサイズの巨大メダロッチで指示し、メダロット達が乗り込んで操縦する(つまりこの機体は厳密にはメダロットではない)。

関連イラスト

莉嘉×メタビー
城ヶ崎莉嘉生誕祭2019


カブトムシ繋がりで彼女とのイラストもある

知恵と勇気だ!
夕焼けの草原でロボトル(カブトver.)


みのりとメタビー
メタルビートル



関連タグ

ロボット メダロット KBT型 カブト
ロクショウ(兄弟機)

関連記事

親記事

KBT型 けーびーてぃーがた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メタビー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1005401

コメント