ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

メダロットシリーズの過去作を5タイトル収録したメダロットクラシックスから3タイトルを加え合計8タイトルを収録したゲーム。

機種はニンテンドースイッチ。2020年11月12日(木)発売。

価格は通常版が4,980円(税別)、アドバンスエディションが13,800円(税別)。


当然のごとくカブトバージョン、クワガタバージョンそれぞれで販売する。アドバンスエディションなら両方買える。


クラシックスと同様、過去作のメダロットをプレイしてみたいがゲームボーイやゲームボーイアドバンス等を今から揃えるのは…という人にオススメ。


収録タイトル編集


本作の追加機能編集

連打機能編集

連打が長押しに対応。

連打必須のミニゲームも楽になる。


いつでもセーブ&ロード編集

クラシックスから続投機能。

画面のまるごと保存&まるごと復元を使って、いつでもやり直し可能。


ワイヤレス通信編集

クラシックスから続投機能その2。

電波が繋がるならどこでも対戦&交換が可能。

ゲームじゃなくてスイッチ本体の機能だけど。


倍速編集

クラシックスから続投機能その3。

移動スピードもBGMも加速させる。今回は8倍速まで加速できる。


ロボトルスキップ編集

クラシックスから続投機能その4。

ザコ戦が面倒、ボスに勝てない。そんなことは無くなった。

問答無用の勝利をプレイヤーにもたらす。

経験値・パーツは取得できるが、熟練度は得られないのも相変わらず。


メダアルバム編集

クラシックスから続投機能その5。

本編入手のパーツ閲覧機能。コンプリートで機体グラフィック解禁。


全パーツ開放編集

クラシックスから続投機能その6。

本編クリアで作中パーツを全開放した状態でニューゲームを選択できる。

強くてニューゲーム

やはり入手はパーツだけでメダルは本編中入手分のみ。


関連タグ編集

メダロット メダロットクラシックス

関連記事

親記事

メダロットクラシックス めだろっとくらしっくす

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 750

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました