ピクシブ百科事典

アークビートル

あーくびーとる

受けよ、太陽の洗礼!プロミネンス!!
目次[非表示]

アークビートルとは、コミックボンボンの読者参加企画「X計画」にて生まれたヘラクレスオオカブト型メダロット。
赤い機体色に両腕、両足の三本の銃口、何より頭部と胸部から前方に伸びる長い角と従来のKBT型とは大きく印象の異なるデザインをしている。
特に二本の角の間から強力なビームを放つ頭部パーツ「プロミネンス」は本機を象徴する武装でもある。

誕生経緯の関係か対になるKWG型が存在せず、結果としてこの機体の分KBT型のほうが一体多くなる。
…ところが、メダロット8のDLCの追加イベント2において、ティレルビートルの試作機という設定のティタンビートルが登場し、さらに追加イベント6において漫画版のメダロット3に登場したKWG型マケットのゲームへの参戦が発表されたため、はじめてKWG型の数がKBT型を上まわることとなった。

漫画版

メダロッターりんたろう!R

イッキのメタビーに敗北し頭部パーツを失ったカンタロスの強化プランとしてりんたろう達ダメロット部が各々のコンセプト案を出し合い、それらを基にメダロット社が開発した機体。
しかしながらこれらのコンセプトは「機動力と両立するために部位を絞っての装甲増加」「機動力の確保のために脚部を軽量化」「両腕にライフルを増設しての攻撃力強化」「かっこいい角を付ける」とバラバラなものであり、それらのコンセプトを強引に実現させた結果極めて癖の強いピーキーな機体となってしまい、特に前方に伸びた角は重量バランスを大きく崩してしまう結果となった。
カンタロス自身この機体に振り回されてばっかりでいたが、しだいに成長し、その高いポテンシャルを存分に引き出せるようになって行く。

ちなみにラッキースケベ要因でもある。

ゲーム版

複数の作品に登場するが、性能は時代ごとに変化している。

メダロットR

初登場作品で使用者はヒカル。頭部のプロミネンスの使用回数はなんと4回であり、全体的な性能も高いバランスブレイカーだった。

メダロット3

ナンバリング作品では初登場。アニメ版通り怪盗レトルトが使用。
プロミネンスの回数は1回に減らされたが、それでも並のメダロットは一撃で沈める高火力は健在。成功もかなり高い。
また、両腕には貫通効果も付加されており、全体的に驚異的な火力を誇る。

ただし重武装な分動きは鈍く、推進や機動、充填や放熱等はメタビーに劣る。

メダロット4

こちらではりんたろうの愛機になっており、レトルトは後継機のアークビートルDを使用する。
性能は前作と据え置きだが、プロミネンスと同威力で2発撃てるサムライのサムライブラストの復刻参戦によって一気に地位を脅かされることになる。
ただしあちらは「ねらいうち」でこちらは「うつ」と行動が違う上、装甲と成功はこちらが勝っているため下位互換とまでは言えない。

メダロットDS

使用者はレトルトだがこちらは前述の漫画版Rの設定を反映したのか機動力が高く防御力が低いという変則的な性能を持つ。
また、両腕は貫通しなくなった。

メダロット7

ヒカルが正体を晒したまま使用。DSよりさらにピーキーな性能になっており、それなりの充填の割に冷却が壊滅的であり、攻撃後の隙が大きい。
また、高機動であるものの装甲は紙となってしまった。

アニメ版

メダロット

全国ロボトルランキング1位の謎のメダロッター「宇宙メダロッターX」の相棒。
その実力は非常に高く、メタビーのメダフォースすら凌いだ挙句圧倒してしまうほど。
目玉装備のプロミネンスももちろん健在であり、彼自身もメダフォースを使用可能。

感情表現が多彩な本作のメダロット達において全く無口で、感情表現らしいものもほとんど見られないが……

以下ネタバレ






実はかつてヒカルの愛機だった「メタビー」であり、8年前のロボトル世界大会においてレアメダル同士の共鳴による「魔の十日間」を引き起こす原因となってしまう。
この共鳴によって世界中のカブトメダルが暴走、大惨事となり、これを止めるためにヒカルは相棒のメダルを破壊せざるを得なくなってしまう。
この決断に要した時間が十日間であり、その間中メダロットたちは暴走を続けていたため、「魔の十日間」と呼ばれることとなった。

当時のメダルが修復されたものが本機のメダルであるが、それ故にかつての記憶を失い、しゃべることも出来なくなってしまっている。


関連タグ

メダロット KBT型 メタビー 怪盗レトルト カンタロス アークビートルダッシュ

pixivに投稿された作品 pixivで「アークビートル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66730

コメント