ピクシブ百科事典

メフィレス

めふぃれす

『SONIC THE HEDGEHOG(新ソニ)』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「なんだ、忘れちゃったのかい?」
CV:坂詰貴之

概要

未来世界でシルバーの前に現れ、未来世界が荒廃した元凶『イブリース・トリガー』はソニックであるとし、過去へ行き彼を殺害すれば未来に平和が戻るとそそのかした。
シャドウと似た姿、同じ「僕」の一人称を用いているのは理由があり、シャドウ編のストーリーでその因縁が描かれている。

一部では本名を “メフィレス・ザ・ダーク” と思っている人もいるが、ゲーム本編では「僕はメフィレス…… 闇のメフィレス」 (英語版では “I'm Mephiles. Mephiles the Dark”) と名乗っていただけなので、定かではない。

プロフィール

本名不明
通称メフィレス
英名Mephiles
性別不明
種別ハリネズミ
年齢不明
身長不明
体重不明
能力時空跳躍・影を使った攻撃など


関連タグ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ ソニック(ゲーム) 新ソニ

インフィニット - 性格と雰囲気がメフィレスにそっくりだが、一人称は彼と違って俺。
リリック - ゲーム版『ソニックトゥーン』の登場人物。『太古の秘宝』では封印が解かれた際のソニックとのやり取りが、今作のメフィレスとシャドウを彷彿とさせる。




























本性と正体(ネタバレ注意)

片道切符をあげよう



その正体はソレアナ公国が作中の10年前に新エネルギー源として研究していた“意思を持つ炎”「ソラリス」が、実験事故の影響の際に分離して出来た片割れで、カオスコントロールのように時間を跳躍する能力も持つ。
ソラリスの炎の部分(イブリース)が「肉体」とするならば、影の部分(メフィレス)は「意思・精神」になり、彼の最終目的は「ソレアナ公王によってエリスの中に封印されていたイブリースを開放させ、再び一つとなって時空・空間の概念をも取り込んだ“超次元生命体”に進化する」事であった。

彼が下記のようにこんな姿や言動になったのは、過去へタイムスリップしたシャドウが封印する器である“闇の帳”でメフィレスを封じ込めた時に因縁をつけられてしまい、現代の時間軸で封印が解かれた際、その因縁からその場に居合わせたシャドウの影をコピーしていたからである。

時系列で表せば、

  1. 誤って現代で封印が解かれ、その場にいたシャドウの影をコピーする。
  2. 過去へ飛び、影だったメフィレスをシャドウが闇の帳で封印する。

になり、初対面で「なんだ、忘れちゃったのかい?」と言われても、シャドウにとっては意味がわからなかったであろう。

終盤においての彼はエリスの中に眠っていたイブリースの封印を解く為に、エリスの目の前でソニックを殺害するという、前代未聞の悪行をやってのけてしまう。 
時空の狭間のカオスエメラルドで、無事ソニックは生き返り事なきを得たとはいえ、ソニックシリーズの悪役は数多いと言えど、このような最悪の非常事態を巻き起こしたのは彼一人だけであろう。

僕からキミへのおかえしだ
メフィレス



通常体(左画像)はシャドウと似た姿をしているが口がなく、爬虫類のような明らかに恐ろしい目つきをしていたが、真の姿のメフィレス(右画像)は、さらに全身を結晶化したような禍々しい姿になり、手からレーザーを放ったりとイブリースに負けない能力を持ち、足先の形状がどことなくイブリース完全体と似ている。


以上のように、おふざけ要素など一切ないガチなバケモノなのだが、シャドウの口調に影響されて生まれた、

  • 「夢のツアーへの片道切符だよ!
  • 「残念だよシャドウ……実に残念だァ!

の台詞に代表される独特の言葉選び、イントネーションやキャラクター性から、ニコニコ動画など一部ではカルト的な人気を誇っており、新ソニMADの素材として使われることが非常に多く、現在でも復活や操作キャラクター化を求める声は少なくない。

公式も認識しているのか、『ソニックランナーズ』ではおともキャラクターとして登場したり、『ソニックジェネレーションズ 白の時空』のスタッフロールで彼とシャドウのシーンが1カット出演していた。

関連タグ
吐き気を催す邪悪

ブロリー - 同じく本編ではおふざけ要素のない悪役だが、ネットでネタにされて爆発的に人気を博したキャラクター。

関連記事

親記事

ソニックシリーズのキャラクター一覧 そにっくしりーずのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メフィレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 917820

コメント