ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ソニックシリーズの生誕20周年を記念したタイトル。

『白の時空』と『青の冒険』の2バージョンでリリースされ、『白の時空』はPS3Xbox360、『青の冒険』はニンテンドー3DS用ソフトとなる。


最大の特徴としてはメガドライブ時代のクラシックソニックと『ソニックアドベンチャー』以降のモダンソニックが共演するところである。この共演はプロデューサー曰く「本来ならタブーだった内容」だという。


本作のステージはセガ社員やファンのアンケートにより選ばれた過去のソニック作品のステージのリメイクとなっており、『グリーンヒル』など原作では2Dだったステージを3Dで、『シティエスケープ』など3Dだったステージを2Dで楽しめる。


2024年2月1日、本作のリマスター版『ソニック×シャドウジェネレーションズ』が発表された。

新要素を追加し、遊びやすさを向上させた『ソニックジェネレーションズ』本編に加え、ソニックとは別の時空で展開される、シャドウによる新たな物語『シャドウジェネレーションズ』の2タイトルが収録される。シャドウジェネレーションズについてはこちら

対応機種はPS5PS4NintendoSwitchXboxSeriesX/SXboxOneSteamEpicGamesStoreで、2024年秋発売予定。


※以下の項目にはネタバレが含まれています


ストーリー

ソニックの誕生日パーティーを開いていた最中、突如現れた謎のバケモノによってソニックの仲間たちが次々と謎の渦に巻き込まれ、ソニックも吹き飛ばされてしまう。ソニックが気が付くとそこは真っ白な世界。全てが謎なまま、ソニックの新たな冒険が始まる。


ゲームシステム

『白の時空』と『青の冒険』では収録されるステージが異なる(但し『グリーンヒル』は共通)。


『白の時空』では各ゾーンのACT1がクラシックソニックによる2Dアクション、ACT2がモダンソニックによる2Dと3Dの混合アクションとなる。クラシックソニックの基本的なアクションは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』に、モダンソニックは『ソニックワールドアドベンチャー』に準じている。


『青の冒険』ではACT1、2共に2Dアクションとなるが、モダンソニックパートでは『ソニックラッシュ』や『ソニックカラーズ(DS版)』のようなステージ構成となる。また、インターネットを使った対戦や、すれちがい通信にも対応。


クラシックソニックの効果音(SE)はメガドライブ時代のものを使用しており、無敵時のBGMも『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』まで使われていたもののアレンジを使用している。


登場キャラクター

本作でも多くのキャラクターが登場するが、操作できるのはあくまで2人のソニックのみとされている。


レギュラーキャラクター

以下、白の時空のみ



初登場キャラクター

時空の歪みに巻き込まれた過去の時代のソニック。モダンソニックと事件解決に向けて共闘する。

喋れないが、身振り手振りのジェスチャーで意思疎通をする。

過去の存在という事もあり、アクションを起こした時の効果音がメガドライブ時代のものとなっている。


クラシックソニックと同じく、今回の事件に巻き込まれた過去の時代のテイルス。

クラシックソニックとは違い、普通に会話ができる。声優はモダンテイルスとは別人で、久々に子役が担当。


過去の時代のエッグマン。現代のエッグマンと手を組み、歴史を自分達の思うままに作り変えようと企む。

性格は現代のエッグマンと比べて落ち着いたものとなっており、高笑いをし過ぎてむせこむ彼を見て「こんなにいかれてしまうのかね、わしは……」と半ば呆れている。


過去の時代のメタルソニック。


時空の歪みから発生した謎の怪物で今作の事件の元凶。通り過ぎた場所から時間を奪い去る力を持つ。

詳細は不明だが、カオスエメラルドの力を苦手としている。

ストーリー終盤では二人のエッグマンに改造され、ラスボスとして立ちはだかる。


登場ステージ

( )内は元となったタイトル

白の時空

青の冒険

  • Green Hill(ソニック・ザ・ヘッジホッグ)
  • Casino Night(ソニック・ザ・ヘッジホッグ2)
  • Mushroom Hill(ソニック&ナックルズ)
  • Emerald Coast(ソニックアドベンチャー)
  • Radical Highway(ソニックアドベンチャー2)
  • Water Palace(ソニックラッシュ
  • Tropical Resort(ソニックカラーズ)

関連商品

過去のソニック作品の最初のステージのBGMを集めたサウンドトラックCDが予約特典となっている。

インターネット通販サイト『エビテン』では上記以外にもソニックが彫られたクリスタルキューブが付いた『20周年記念セット』を販売していた。こちらの再販は現在未定。


海外では日本に先駆けて11月1日に発売され、PS3、Xbox360の他にもPC版がDL販売されている。特製フィギュアやリングなどがセットになったコレクターズエディションも数量限定で販売された。


オリジナルサウンドトラック「SONIC GENERATIONS Original Soundtrack : Blue Blur」は2012年1月11日発売予定。



関連イベント

2011年12月23日 … 「ソニックジェネレーションズ ファン感謝祭

スペシャルライブやソニッククイズ大会、グリーンヒルステージのタイムアタック大会も行われる。


余談

白の時空では「チャレンジACT」というミッション要素があり、主に指定されたスキルを使ってクリア、ゴールプレートをなるべく落とさずに目的地まで運ぶ、といったものがある。

モダンとクラシックで内容は別々だが、用意されているミッションのジャンルは共通している。

仲間たちが登場するチャレンジACTは、クリアした後に話しかけると会話できる(モダンとクラシックの2人分がある)が、モダンソニックの場合ブレイズからは少し意外な話を聞くことができる(ただ現時点でその話に関する情報がそんなに出回っておらず、全く話題にならないとは言い難い内容なこともありそもそもこの仕様にあまり気づかれていない可能性がある)。

おそらく初回限定。


関連タグ

関連記事

親記事

ソニック(ゲーム) そにっくしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57431

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました