ピクシブ百科事典

クラシックエッグマン

くらしっくえっぐまん

『クラシックエッグマン』とは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズに登場するDr.エッグマンの『ソニックアドベンチャー』以前の姿を指す。
目次[非表示]

「はー……なんと明るい未来じゃ。こんな事なら学校の先生にでもなるかのぅ?」
CV:大塚周夫

概要

いわゆる『ソニックアドベンチャー』以前(メガドライブ時代)のエッグマンであり、文字通り卵に手足をつけたような容姿をしている。
キャラクターの概要はDr.エッグマンを参照。

プロフィール

本名ロボトニック
通称Dr.エッグマン
英名Dr.Eggman
種別人間
性別
年齢不明
身長不明
体重不明
好きなものメカ・エッグマンランドの建設・世界征服の野望
嫌いなものソニック
能力IQ300の優れた頭脳


アニメ『ソニックOVA

ハイパーメタルソニックでソニックを倒すために、「突如ブラックエッグマンと名乗る人物にエッグマンランドを占拠されて困っている」とマッチポンプを仕掛けてソニック達を貶めようとするが、性格自体は非常にコミカルなキャラクターとして描写され、セーラの駄々に付き合わされ、「人質やめちゃうぞ?」と言われた際は強く言えないほど押しに弱い。

ソニックジェネレーションズ

モダンエッグマンの登場以降としては初めて、『ソニックジェネレーションズ』で過去のエッグマンとして終盤に登場。
タイムイーターを完全に利用するには2人の天才的頭脳がいるという論理から、未来の自分の計画を聞いて彼に加担する。モダンエッグマンと比べるとまだ冷静な性格をしており、咳き込みながら高笑いする未来の自分を見て、「こんなにイカれてしまうのか」と嘆いていた。
エピローグでは、モダンエッグマンと共に白い空間の世界に閉じ込められた事で彼と言い争いになり、記事冒頭の台詞を皮肉のように呆れながら吐いている。
なお海外版のボイスではエッグマンではなく「Dr.Robotnik」と呼ばれ、モダンエッグマンとは差別化されている。

ソニックマニア

ソニックマニア』では直接の言及はないが、モダンエッグマンとは異なる別次元の存在として登場し、エンジェルアイランドでファントムルビーを発掘し、ハードボイルドヘビーズや様々な策略によってソニック達を倒そうとする。

当作の後日談を描いたWEBアニメ版『ソニックマニアアドベンチャー』では、ソニックとのやりとりは子供のささいなケンカように微笑ましいものの、メタルソニックを利用したカオスエメラルド争奪戦を目論んでいた。
しかし争奪に失敗してメタルソニックを見捨てて基地に帰るも、それを見かねたエミーにクリスマスプレゼントとして彼の元に贈られ、エッグマンも結局メタルソニックを基地の中に入れるなど、どこかしら人情味がある描写をされている。

声優

クラシックエッグマンの声優は以下の通り。


関連項目

ソニック(ゲーム) ソニック・ザ・ヘッジホッグ Dr.エッグマン

関連記事

親記事

ソニックシリーズのキャラクター一覧 そにっくしりーずのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クラシックエッグマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント