ピクシブ百科事典

ソニックマニア

そにっくまにあ

2017年に発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズの一つで、対応機種はPS4・XBOXone・NintendoSwitch・PC(海外のみ)。翌年には様々な追加要素を追加した『ソニックマニア・プラス』が発売された。
目次[非表示]

概要

原点回帰とも言える、クラシックソニックの頃のドット絵を再現し発展させたグラフィックが最大の特徴で、とにかくメガドライブ時代の作品(1,2,3,&ナックルズ,CDなど)へのリスペクトやセルフオマージュが大小問わず満ち溢れており、『ソニックマニア・プラス』では『カオティクス』のネタも見られたりと、あまりに細かすぎて熱心なソニックファンですら判別が難しいほど。
他にもモダンソニック(『アドベンチャー』以降の作品群)のものや、中にはアニメ『ソニックOVA』や日本では発売されていないソフトのネタまで存在する。

勘違いされがちだが本作はソニックチームが手がけたものではなく、当時から熱心なソニックファンであるゲームクリエイター達が結集して作り上げた、言うなれば「公式同人ゲーム」のようなもの。その為、上記のようなソニックシリーズに対する作り込みと愛情が溢れており、同時期に発表されたソニックチーム作品とは正反対に、国内外のファンやレビューサイトでは非常に高く評価された。

ゲームシステム

ソニック、テイルス、ナックルズに加え、『プラス』では再登場したレイ、マイティーを加えた5キャラクターを使用できるが、どのキャラクターも挙動やアクションはメガドライブ作品時に準じている(ソニックであればアクションはスピンダッシュとジャンプに加え新たに登場した「ドロップダッシュ」のみで、3D作品以降に獲得したホーミングやブーストは存在しない)。
難易度はメガドライブ時代を模したソニック作品なので多少高いものの、ダメージを受けてもリングが残る「リングシステム」があるため、圧死や落下死といった即死トラップさえ切り抜けられれば、初心者でも比較的やりやすいよう工夫されている。

ストーリー

今日も懲りずに世界征服のため悪事を働こうとするDr.エッグマン。いつものように阻止するべく我らが主人公ソニックは相棒テイルスと共にエッグマンが現れたという島へと向かう。そこでエッグマンの配下のロボットたちが発掘していた謎の石の力に巻き込まれる。一方、森の奥で動物たちと共に気ままに暮らしていたナックルズもエッグロボたちが運搬するその石の力に巻き込まれた。

時系列から、『ソニックマニア』→『ソニックフォース』→『ソニックマニア・プラス(アンコールモード・WEBアニメ版)』の体裁が取られ、『ジェネレーションズ』では過去と未来という同一の存在だったが、『フォース』以降はクラシックソニックの世界とモダンソニックの世界は別次元に存在するパラレルワールドという形が取られている。

登場キャラクター

ソニック・ザ・ヘッジホッグ
おなじみの主人公の青い音速ハリネズミ。世界征服を阻止するため、そして暇つぶしのためにエッグマンを追いかけるが、謎の赤い石の力に巻き込まれてしまい、様々な場所に飛ばされてしまう。
が、ソニックがそんなことを気にするはずもなく、今日も縦横無尽に駆け回るのであった。

マイルス”テイルス”パウアー
こちらもおなじみ、ソニックの相棒にして二本のしっぽを持つキツネのこども。今作でもソニックの相棒として活躍し、ソニックのオプションか単独で使用するかを選べる。しっぽを活かした空中浮遊や、メカの操縦技術を発揮しトルネード号でソニックをサポートすることも。

ナックルズ・ザ・エキドゥナ
ソニックのライバルでもありトレジャーハンター。カオスエメラルドを守護する一族でもある赤いハリモグラで、ソニックとは別の場所でファントムルビーによる騒動に巻き込まれてしまう。
スピンダッシュに加えジャンプボタンを押し続けることで空中を滑空することができ、壁にも貼り付ける。以上のようにソニックとはまた違う行動範囲の広さから、ソニックとはステージ構成が異なる。
条件を満たすとテイルスの代わりに相棒として連れて行くことが可能。

マイティー・ザ・アルマジロ
『ソニックマニア・プラス』のアンコールモードで23年ぶりに登場した旅好きなアルマジロで、レイと共に捕まっていたところをソニックに助けられた模様。障害物を破壊することの出来るストンピングを使う。

レイ・ザ・フライングスクイレル
マイティーとともに復活した黄色いムササビ。こちらは25年ぶりの復活で、ムササビらしく腕の飛膜で滑空を行うことが可能。

Dr.エッグマン
今日も今日とて世界征服を企む悪の天才科学者。今回も様々なマシーンを駆り出しソニックを倒そうとする。対決方法はいつものエッグモービルをコクピットとしたロボットはもちろん、配下のエッグロボや生身で爆弾を仕掛けてきたり、中にはぷよぷよ(厳密には海外で発売された海外版ぷよぷよ『Dr.ロボトニックのミーンビーンマシン』)で対決するといった変わり種まである。

ハードボイルド・へビーズ
従来の光線銃を構えたエッグマンロボたちが、ファントムルビーの力で暴走し変化したエリートロボット集団。
「ヘビーキング」をはじめとし、大火力の武器を好む「ヘビーガンナー」、ニンジャのような「ヘビーシノビ」、マジシャンの姿をした「ヘビーマジシャン」、凶暴なモトラに乗った「ヘビーライダー」の5体で構成され、一部のステージではエッグマンの代わりにAct2のボスとして戦うことになる(ただしヘビーガンナーのみAct1のボス)。
またプレイヤーキャラクターによって戦えるボスが異なり、ナックルズは「ヘビーライダー」、テイルスは「ヘビーキング」と戦うことが出来ない。

メタルソニック
エッグマンが打倒ソニックのために作り上げた高性能ロボット。原点と同じくスダーダストスピードウェイでソニック達を待ち受ける。『プラス』のアンコールモードではファントムルビーの力によって、『カオティクス』のメタルソニック改と『ヒーローズ』のメタルマッドネスを合わせたような姿に変貌して襲いかかる。

エミー・ローズ
本作では登場せず、非公式トレーラーでは「『ソニックマニア』に通じるエレベーターに乗ろうとしたが、ソニックから無言で拒否された」というネタ動画まで作られていた。



しかし後述のアニメ版では6話でついに登場し、近年のモダンエミーを彷彿とさせる心優しい描写が見られた。

登場ステージ

基本的に過去の作品からの出典が多くを占めるが、本作オリジナルのステージも存在する。
過去作からの出典の場合、ACT1が原作に準じたステージ、ACT2が原作の雰囲気を残しつつもアレンジを加えたようなステージになっており、どのACTでも最後にはエッグマン軍団のロボットたちと対決することになる。

  • グリーンヒル『初代』
  • ケミカルプラント『ソニック2』
  • スタジオポリス『オリジナル』
  • フライングバッテリー『ソニック&ナックルズ』
  • プレスガーデン『オリジナル』
  • スターダストスピードウェイ『ソニックCD』
  • ハイドロシティ『ソニック3』
  • ミラージュサルーン『オリジナル』
  • オイルオーシャン『ソニック2』
  • ラバーリーフ『ソニック&ナックルズ』
  • メタリックマッドネス『ソニックCD』
  • タイタニックモナーク『オリジナル』

WEBアニメ版『Sonic Mania Adventures』



海外主体で製作されたWEBアニメーションシリーズ。いくつかのエピソードに分かれて不定期更新されていたが、現在は公式で全てをまとめたバージョンが無料公開され、2018年12月20日には「ホリデースペシャル」と称した第6話が公開された。



いわゆる「サイレントアニメーション」でボイスこそないものの、キャラクターの身振り手振りやシーンで状況がわかるように作られているので、セリフがなくても十分に楽しむことができる内容であり、随所にアニメ『ソニックOVA』などのセルフオマージュが散りばめられている。
ストーリーは『ソニックフォース』の後が示唆され、『プラス』版の宣伝とも言える内容。

関連イラスト

ソニック・ザ・ヘッジホッグ


Mania Madness!



関連タグ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ ソニック(ゲーム) メガドライブ
ロックマン9 - 原点回帰した作品繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「ソニックマニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33311

コメント