ピクシブ百科事典

メダロット8

めだろっとえいと

世界観とキャラクターを一新したメダロットシリーズ最新作、2014年8月28日発売!
目次[非表示]

ゲーム概要

2014年8月28日発売予定のメダロットシリーズ第8作。発売はロケットカンパニー。
今度のメダロットは世界観を一新し、まさかの『探偵もの』ストーリーである。
新機体・旧作からの復活機体合わせて200体以上のメダロットが登場するという。

新たにキャラクターデザインを手掛けるのは神藤かみち氏。
メダロットデザインはメダロッターならお馴染み、原作者ほるまりん氏。
シナリオはジンテーゼの北島行徳氏が手掛ける。

ゲームシステム

 シリーズおなじみのバトルシステム俗称『シャトルランロボトル』を踏襲。しかし、本作から新たに「攻撃対象を選択できる」「防御対応を選択できる」などの要素が盛り込まれる。これに伴い、パーツスキルカテゴリが一部簡略化し、パーツ毎に防御対応可能かどうかが表記されるようになった。
 公開されたスクリーンショットでは必殺技「メダフォース」が確認できる。今回も過去作でメダチェンジ可能だった機体が登場しているため、メダチェンジシステムも続投するかもしれない。
 メダルのレベルはDS・7にあったスキルレベル制。ただし、得意なスキル以外もレベルを上げれるようになった。また、主人公にもメダロッターレベルが設定され、メダロッターレベルがメダルの合計スキルレベル上限となっている。
 またロボトル中のグラフィック・エフェクト・カメラワーク面の強化も図られている。

バージョン別の違い

主人公機

  • カブトバージョンでは遠距離射撃が得意なカブトムシ型メダロット『メタビー
  • クワガタバージョンではコンボ攻撃を叩き込むクワガタ型メダロット『ロクショウ

その他

  • いつも通りバージョンごとに、入手できるパーツやメダル、登場メダロットが異なる。
  • バージョンごとに早期封入特典であるサウンドトラックCD収録楽曲が一部異なる。

ストーリー

 ローレル探偵事務所の試験を合格し新米メダロット探偵となった主人公ソルトが、少し変わりもののメダロット、「メタビーロクショウ)と共に難事件を乗り越え成長していく。

キャラクター

  • ソルト

本作の主人公。ローレル探偵事務所の少年メダロット探偵。
尊敬する父をメダロット犯罪で亡くしている。

ソルトと同年代のローレル探偵事務所所属のメダロット探偵の少女。
冷静な情報分析を得意としている。ソルトの先輩にあたる。
「理解不能だ」が口癖のちょっと変わったメダロット。根は熱い。
人間の行動を良くわかっていない一面がある。
メタビーと同じくこちらも変わり者のメダロット。
だが例にもれず、こっちの方が若干クール。

通信機能

 本作もメダロット7と同様ローカルプレイでの対戦やパーツ転送、離れた相手と戦えるインターネット対戦にも対応。すれちがい通信でのパーツのやり取りやいつの間に通信で「メダジャーナル」という不定期マガジンを受信できるようだ。

作品としての特色

基本設定は周到しながらも、メダロット1から続く世界とは別の物語となっており、メダロットの描写もこれまでのシリーズとは少し異なっている。
「子供のおもちゃ」「安全な兵器」としての存在意義が色濃かったこれまでのシリーズとは異なり、かなりシリアスな視点から見た「人間のパートナー」としてメダロットは描かれている。
メダロットを悪用した事件による死者、負傷者の描写。
メダロットに対する偏見、存在に恨みを持つ人物の存在。
最初は理解不能だった人間の感情を徐々に理解していく相棒、等々。

「ロボットが実際に人間社会に溶け込んでいたら、どういった存在なのか?」という、これまでのシリーズ色から少し浮いた、良い意味でSFチックなストーリーを楽しめる。
もちろん醍醐味のロボトル、ヒロインイベントも健在。
しばらくシリーズを離れていたメダロッターの諸君も、是非この機に手にとってみてはいかがだろうか。

関連タグ

メダロット

関連リンク

メダロット8 公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「メダロット8」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 597133

コメント