ピクシブ百科事典

ロボロボ団

ろぼろぼだん

『メダロット』シリーズに登場するマヌケさの漂う悪の組織。
目次[非表示]

ロボロボ団は、『メダロット』シリーズに登場する悪の組織である。

概要

全身タイツに身を包み、喋るとき語尾に「ロボ」をつける、ちょっとマヌケさの漂う集団。
毎回どこかに現れては迷惑なことをしている。
しかし兵器型メダロットのビーストマスターゴッドエンペラーを生み出している点は侮れない。
戦って勝つと、必ず逃走アイテムのロボロボメダルを落とす。

メダロットnavi』にはロボロボ団と姉妹提携を結んでいるスペースロボロボ団(スペロボ団)が登場する。
基本的に「2」以降に登場するヘベレケ博士と四人の部下が現在のメインとなっている。

「8」では「新ロボロボ団」が登場する。
雑魚隊員の風貌はアニメ版と同じく全身タイツだが、クレソン達幹部の衣装はややまとも。
メダロット1から続く世界観とは繋がっていない為、一応別組織(…のはずだがコンビニの雑誌に元ロボロボ団のS氏×4としてメイン画像の4人組を匂わせる記事が存在する)。
「新」はクレソンの加入を機に加わったらしい。

基本的にマヌケで憎めない連中だが既存のメダロットを凌駕するWEA型を開発したり浮遊要塞フユーンを製造したり大型メダロットを開発するなどその技術力は侮れない。

メンバー

ヘベレケ博士
ロボロボ団首領。メダロットだらけの世界にするため、人類を滅亡させようとしていた。
漫画では一貫してシリアスな悪党。

サケカース
ロボロボ団リーダーだったが、アニメではヘベレケの登場により四天王リーダーに格下げされる。本名「カスカベサケノスケ」。
レアメタルを探し、ナラヅケの名でメダロット社に潜入する。
そこで出会ったカラスミの押しに負けて結婚。ネオロボロボ団を結成する。
ゲームではリーダーのままで漫画では幹部たちのリーダ格。

シオカラ
ロボロボ団四天王の一人。強面で体格の良い男性。本名「シオカライゾウ」。

スルメ
ロボロボ団四天王の一人。紅一点。本名「タカスルミ」。

サラミ
ロボロボ団四天王の一人。おしゃぶりをしている幼児。本名「サラミツオ」メダロットDSでは15歳だが外見はほとんど変わってない。

カラスミ
元メダロット社の社員で、メダロット社に務めていた頃スパイとは知らずサケカースに好意を持つ。
最終的にオキヅケと改名し、サケカースと結婚。ネオロボロボ団に入団する。

タイフーン
「チカラヅクのタイフーン」を名乗る。ロボロボ団のリーダー格で、表の姿はセレクト隊第一部隊のリーダー、タイヨウ。
漫画版では首領であるヘベレケ博士の命令を無視し、独断で「魔の十日間」を起こす。

レイカ
「ヒステリーのレイカ」を名乗るロボロボ団幹部。表の姿はセレクト隊女性隊員ミノリ。

イナゴ
「ヨナキのイナゴ」を名乗るロボロボ団幹部。表の姿はセレクト隊幼児隊員ダイチ。

スズメ
「モノワスレのスズメ」を名乗るロボロボ団幹部。表の姿はセレクト隊老人隊員カカシ。

タイサン
「新ロボロボ団」のリーダー。

クレソン
「新ロボロボ団」の参謀にして実質的なリーダー。

???
メダロット9に登場する謎の女性幹部。言動はいつも通り間抜けだが恰好が大胆。
CERO:Bの原因と言われている。

ロボロボ団員
幹部以外の団員で、いわゆるザコキャラ。でも結構常識人。デザインは幹部の恰好からアンテナを銀色のもの一本に変えたものだが、GB版のナンバリング作品(1を除く)のみ団員のデザインが緑色の全身タイツにフルフェイスのヘルメット、背中にねじまきと言った風貌でほかの媒体とはデザインが異なる。こちらの姿は人間なのか明確な証拠がないためかメダロット3原則の適用外らしく、「4」ではメダロットから攻撃される一幕も。

関連イラスト

ROBOROBO!!
白衣を着ていただきm


関連タグ

メダロット セレクト隊 怪盗レトルト スペロボ団
デスメダロッター←アニメ版メダロットの次回作の敵

pixivに投稿された作品 pixivで「ロボロボ団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231133

コメント