ピクシブ百科事典

モンキーゴング

もんきーごんぐ

モンキーゴングとは、メダロットに登場する機体。
目次[非表示]

概要

初代メダロットに登場する、サルをモデルとしたMON型メダロット。
モンキーコングではなくモンキーゴングである。間違えないように。
名前の響きは某世界的に有名なゴリラに似ているが、気のせいだろう。たぶん、きっと、おそらく……。

ロボロボ団の幹部・『ヨナキのイナゴ』の愛機として登場する。
両腕はワイヤー式のロケットパンチになっており、これを伸ばして相手を掴みかかったり殴り付けて攻撃する。
また、相手の索敵を無効化する索敵クリアを持っており、ゲーム版ではこれによると思われる不意討ちを行った。

性能

  • 頭部 スモークガス

おうえん行動 索敵クリア

  • 右腕 スカウトハンド
なぐる行動 ハンマー

  • 左腕 スカウトアーム
なぐる行動 ハンマー

  • 脚部 ニゲアシ
二脚

劇中の活躍

山奥の温泉にサルに紛れており、メダロッターからメダルを奪うイタズラをしていた。

その後は神社でのロボトル大会で、ニモウサクユウキを姿を見せずに不意討ちで倒し、優勝したアガタヒカルをやはり姿を見せずに襲撃する。
(実は会場の下でわたあめ食べている男の子がイナゴである。わかるか!)

この事について、ユウキから根を持たれていた。

漫画

ロボロボ団の用心棒として登場する。徳利に(書かれている文字から察するに)メチルアルコールを入れて飲んでいた。

ロボロボ団は、温泉宿で味噌汁温泉や卓球で他の客にボールをぶつけるなどのイタズラし、更には客のメダロットのメダルを奪っていた。
当然、宿の従業員も抵抗したが、用心棒であるモンキーゴングによって全滅してしまう。
宿の主人の子供に助けられ、事情を知ったロクショウは自分の体を貸し、少年の愛機であるキラビットの小林はヘッドシザースの体でロボロボ団へ討ち入りを行う。

幸い、団員のほとんどが酒に酔いつぶれており、まともに動けるのがイナゴだけであり、更には上でドタバタ騒いでいたため、偶然下の部屋にいたメタビーが怒って発砲した事でメダルの隠し場所が判明する。
ヘッドシザースの中身がかつて返り討ちにした小林だと気付くものの、ヘッドシザースの性能に敵わず、真っ二つに両断されて爆発四散した。

関連タグ

メダロット サル
ロボロボ団

関連記事

親記事

メダロット めだろっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モンキーゴング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63

コメント