ピクシブ百科事典

機甲兵団J-PHOENIX

きこうへいだんじぇいふぇにっくす

機甲兵団J-PHOENIXとは、タカラの発売したロボットアクションゲームである。
目次[非表示]

プラットフォームはPS2。通称はJフェニ。
プレイヤーはアルサレア帝国精鋭部隊の隊長となり「パンツァーフレーム」と呼称される、各部パーツを交換可能な人型ロボットを操縦し各種のミッションを、小隊員と共にこなしていく。

概要

……まあぶっちゃけて言うと『アーマード・コア』のパクリであると言わざるを得ない(操作に至っては完全に同一である)。
しかしアニメ絵のキャラを前面に打ち出した作風は一線を画しており、「BURMシステム」という特定構成時の能力ボーナスや一定時間能力が変化する「ハイパーモード」・小隊員との連携攻撃「コンビネーションバースト」など差別化を図る工夫も見られる。
また「100機斬り」モード等、実際の感覚自体はむしろ『アーマード・コア』と『無双』シリーズの折衷と言う印象を受ける。
メインメカデザインは大河原邦男が担当した。この部分も『アーマード・コア』との一つの差別化を図った要素だと言える(ACのメインは「マクロスシリーズの河森正治)。「機体ごとに外見バランスが大きく異なるAC」とは違い、「全体的にバランスのとれた外見になる」という点でも大きく異なる。
J-PHOENIXを選ぶ人間には、メカデザインを理由に購入する人間も多い。

とは言え随所に散見するバグ等の問題も多い。

「バーストタクティクス」「コバルト小隊編」「2」等の続編、及びスピンオフ作品「L'HISTOOIRE DE PAPILLON」と「リップス小隊編」が発売された。

世界観

舞台は宇宙にある惑星Jと言う星。
そこにあるフィアッツァ大陸ではアルサレア帝国と大陸の支配を目論むヴァリム共和国の戦争が繰り広げられていた。
アルサレアはパンツァーフレームと言う人型機動兵器を投入し、ヴァリムの侵略に立ち向かっていた。しかし、ヴァリムも負けじとアルサレアに遅れながらもパンツァーフレーム開発に成功し、戦争は激化の様相を呈していた。

各シリーズ解説

機甲兵団 J-PHOENIX 序章篇

記念すべき第一作。
通称「本編」と呼ばれる、「機甲兵団 J-PHOENIX」のストーリー1~3話を収録している。
数少ないファンの間でも「体験版のよう」と形容される作品で、操作系の不具合はないが内容が薄い。ギャラリー等、普通はファンディスクに収録するようなモードもある。
また、続編へのセーブデータのコンバートで隠しパーツが登場する。
価格は1800円と「PS2 the Best」の低価格タイトル並に抑えたものであった。

機甲兵団 J-PHOENIX

通称「本編」と呼ばれる。シリーズ中最もストーリー性のある作品で、ファンが薦めるNo.1作品。
プレイヤーは暗殺されたアルサレア最高位将軍「グレン・クラウゼン」の影武者「グレンリーダー」となり、アルサレア戦役を戦い抜く。
ストーリー性・ゲーム性ともに出来は良く、娯楽性が最も高い。
但し、プレイヤーのみ出撃のミッションが多く、ムービー以外部下達は影が薄い。

機甲兵団 J-PHOENIX+

上記の「本編」に新PF「J-アイン」「J-バビロス」とEXモードを追加したXBOX版。
EXモードは3機のPFをそれぞれカスタマイズが可能で、ミッションではプレイヤーが3機の内の1機を、状況に応じて切り替えて操作する事が出来る。

機甲兵団 J-PHOENIX バーストタクティクス(BT)

「本編」のスピンオフ作品で、強奪された新型機を奪還するストーリー。
「BURMシステム」がより洗練された(※当該システムは無印本編の時点で存在していた)事によりカスタム性が大いに向上、ライバル製品との差別化を大いに決定付けた。しかし、カスタムによる自機性能向上により難易度も上昇し、マゾゲーに片足を突っ込んだ作品となっている。
特に、シナリオ上の最終ステージは『主人公だけの戦闘+限られた足場(ステージアウト負け有り)+濃霧で周囲がほぼ見えない+敵がほぼ常時飛行している』等と、嫌がらせの極みになっている。
また、小隊との連携をより演出する連携攻撃(必殺技)「コンビネーションバースト」の追加で僚機の存在価値が出てきた……が、自機が強過ぎる(または高機動な自機に僚機が追いつけない)為、プレイヤーの遊び方次第では空気になる。

反面、差別化の上で重要だったストーリーが「ムービー+セリフ(ボイス)」から、「マップ画面+セリフ(文字)」になった所為で希薄になる。
更にクリア特典のおまけミッションは、仕様でバグフィックスされていない(要セーブの警告がされる)。

ちなみに限定版では本作から登場する新型機「J-アームド」、「シンザン」の2機がフィギュアとして同梱されていた。

機甲兵団 J-PHOENIX コバルト小隊篇

「本編」終戦後のアナザーストーリー。辺境での局地戦闘を担う「コバルトリーダー」となり、友軍部隊を指揮しながら敵を殲滅する。
ストーリーがターン制SLG形式になり、プレイヤー小隊の他に友軍を指揮出来るようになった。
友軍部隊の隊長には、部下である小隊員を配属する事が出来るシステム上、キャラクターが最も多い作品(硬派なオッサンからロリまで)。
カスタム要素が洗礼され、かなり遊べる作品になっており、対戦ツールとしても優秀。

が、デメリットも存在。折角のSLGパートはユニット(敵味方共に)の火力不足で膠着する為、結局はプレイヤー頼りとなる上に部下の専用機のカスタマイズが悪いので、キャラ性能には格差が生じた。
ストーリーの表現も「マップ画面+セリフ(文字)」のままで、希薄感を感じさせる。多くのキャラクターに様々なプロフィールが設定されているが、これについての掘り下げもほぼ存在しない。
「一級戦犯」のOVAも、この作品から付属(内容は後述)。

機甲兵団 J-PHOENIX2 序章篇

システムが一新され宇宙空間の戦闘も追加された、いわば第二世代と言えるような作品。
その為にフルプライスにも拘らず、内容のほとんどがチュートリアルと兵器開発だった。
ブースト移動でのEN消費が無くなったので、ほぼ無限飛行が可能。
カスタムがタイプ化され「ミサイルを自動迎撃」等の、特殊カスタムが追加された。
中でも「武器が変形する」システムは革命的だったが、開発もとても面倒であった。
因みにOVAやデータコンバートの隠しパーツもある。

機甲兵団 J-PHOENIX2

プレイヤーは第202特務小隊、通称「レガルド小隊」の隊長、ブレッド・アローズとなり、「本編(リメイク)」のアナザーストーリーを戦い抜く。
メディアミックスのキャラクター達がついに参戦し、お祭りゲー要素も内包。
機体パーツからコンパチブルモデルを一掃したが、その所為で従来機の印象が変わってしまった。その変更については賛否両論である。
待望の9連ミサイルや二丁拳銃などカスタム性は高いが、肝心の入手方法が「兵器開発」と言う名の酷い作業ゲーだったので、投げるプレイヤーが続出し、更にストーリーも旧作と矛盾が生じる一方で、それを埋めるような掘り下げもされなかった為、後述のOVAと共にシリーズのトドメを刺した。
またこの作品だけ攻略本が存在せず、OVAも当作の同梱品が最終話である。

メディアミックス作品

機甲兵団 J-PHOENIX L'HISTOOIRE DE PAPILLON

作画:女屋マサカズによる公式コミカライズ作品で、角川書店から販売されている(いた?)。
アルサレアとヴァリムが争っている事から、恐らく無印の本編中の時期で、下記の作品と同様、女性主人公を初め、女性キャラクターが多目となっている
しかし、こちらは主要人物の大半が、戦争により祖国や故郷を失う、主義主張により兄妹が生き別れた上に、敵と味方になってしまう、敵方には新兵器開発の為ならば、味方さえも犠牲にするマッドサイエンティストが居る等、戦争の凄惨さをしっかりと描写した、王道かつ真っ当な戦記物に仕上がっている。

機甲兵団 J-PHOENIX PFリップス小隊

シリーズを迷作たらしめた「一級戦犯」であるOVA。媒体はDVD。
『+』『コバルト小隊』に1話、『2序章』に2話、『2』に3話が同梱された。
もしかしたら新しい顧客を得ようとしたのかも知れないが、あざといキャラ属性(グレンリーダーを一方的に「お兄ちゃん」と慕う黒髪の少女眼鏡っ娘褐色肌旧軍医守銭奴ロリ)や演出をひたすらに詰め込んでおり、プレイヤー層を完全に見誤った作品である(一応、主要人物は何れも上記の作品と同様、それなりに重い過去を持っている……が、後述の内容故に、悪い意味でそれを感じさせない。しかも、質の悪い事に彼女達のバックには、軍部の実質的なトップの1人が控えている為、ほぼ治外法権の扱いになっている)。
尚、内容を簡潔に記せばヤンデレ気味ストーカー女4人組(後に+美少女ロボ1機)による、完全一方通行ラブ(?)コメディ』

一方、唯野条太郎の手掛けたノベライズ『恋する乙女の電撃作戦』では、各々のキャラクターの重たい過去と、彼女達がグレンリーダーに救われ、想いを寄せるようになった経緯がしっかりと描かれ、戦火の中で一途に憧れの人を想って少女達が奮闘する、OVAより遥かにシリアスな作品となっている。
アニメ版では好き勝手暴れているような彼女達だが、小説版ではアルサレア帝国軍において能力不足から員数外と見なされており、「独立愚連隊」とは名ばかりのミソッカス扱いをされている。
その為、自由に動ける反面、グレンリーダーに関する情報収集は友軍の通信傍受が頼みであり、物資の補給等にも苦労させられ、更に当然女子供4人の小隊の為、他兵士からもバカにされる事がしばしばと、過酷な状況に置かれている。
しかもそれは表向きで、実際は司令本部はリップス小隊の動向を完全に把握しており、「彼女達の向かう先に『グレン小隊が存在』する」とヴァリム共和国に誤認させる陽動部隊として、リップス小隊は(彼女達の意思とは無関係に)運用されている。
その為、リップス小隊の手に入るグレン小隊の動向は、全て誤情報であり、行く先々でヴァリムの工作員やPF部隊相手にどれほど奮闘しようと、憧れのグレンリーダーには一切接触できず、徒労に終わる戦いを日々繰り返しているのだ。
これには(一応)恋敵であるはずのフェンナすら「同じ女の子として本当に気の毒」と同情する程である(但し、戦力にならない人員に、貴重な新型兵器を譲渡し、独立部隊として自由に活動させている以上、酷だが妥当な扱いとも言える)。

用語

  • 惑星J

物語の舞台となる惑星。太陽系からの移民で開拓された惑星。作中では軌道エレベーターを有するフィアッツァ大陸が存在するが他の大陸や国については不明。

  • アルサレア帝国
フィアッツァ大陸の西端の帝政国家。山岳地帯で資源が乏しく、極寒の気候により古くから傭兵派遣を主な収入源とする少数民族が建国したらしい。
気候改善や土壌改善に向けての研究のほか、傭兵に出る兵士のために軍事研究が盛んであり、パンツァーフレームを世界でいち早く開発したのはこの国である。
  • ヴァリム共和国
大陸でも一番の共和制国家。大陸でも一番の軍事力を誇り、大陸の覇権を手に入れるべくアルサレアと戦争を開始した。この裏では巨大財閥ガルスキー財団が絡んでいるらしい。
数多くの小国も滅ぼしている模様。
国内では汚職が横行しており政治腐敗が進行しているが、軍備の強さと能力主義と言う国民性によってどうにかなっているらしい。
元々は四足歩行型戦車を主力にしていたがパンツァーフレームの開発ではアルサレアに出し抜かれたものの、ガルスキー財団によりどうにかパンツァーフレームを開発した。
  • ミラムーン
資本主義国家でアルサレアと古くから親交が深い。高い技術力と大陸南部の肥沃な資源を基盤とし、宇宙開発も積極的に行っている。
アルサレアと共にヴァリムに立ち向かっているのだが上層部内ではヴァリムと手を組む者もいると言う。
  • パンツァーフレーム
アルサレアが開発した2足歩行人型機動兵器。ヴァリムの侵攻やガルスキー財団の活動が活発になった事で傭兵の生還率が低下してきた為に作られた。「ヘッド」「メイン(胴)」「アーム」「レッグ」を交換する事でどんな戦場にも対応できるようになっている。
またヴァリムでもパンツァーフレームの開発に成功した。
  • ガルスキー財団
ヴァリムを中心に活動する闇組織で戦乱の火種をばらまく死の商人。
パンツァーフレーム開発のみならずマンマシン計画と言った非人道的な計画も行っている。
世界支配が目的らしいが「人類は戦争で発展する」と言う総帥ギルゲフの思想が全てを物語っている。

アーマード・コア』シリーズとの比較

ライバル製品と比較すると、持ってる人間にしか分からない良い要素・悪い要素が存在する。
差別化はしっかり頑張っていたらしい。

▽格闘武器が豊富。
ACシリーズと最も異なる点にして、最大の特徴でその個性はかなり濃い。
ざっと列挙しても素手、レーザーソード、刀、大剣、槍、棍棒、クロー、パイルバンカー、巨大ハンマーカタールロケットパンチデッキブラシetc.……
プレイヤーは好きな接近戦を展開出来るのである。オンラインさえあれば「PFボクシング部屋」とか遊びようはかなりある。

▽個性的な完全規格PF
機体の各パーツは4パーツ(頭部、胸部、腕部、脚部)で一体したデザインを取っている。ACシリーズで言えば4系列のような一体デザインを採用していた。
生半可なカスタムより、純正の方がよっぽど強い(カスタムを極めると、足元に及ばないが)。
大河原邦男のデザインによる機体も存在し、硬派なアニメロボ好きも満足(異論は認める)。
その一方、胸ライオンを備えた勇者ロボ風や、美少女ロボのようなイロモノも、各種取りそろえております(デフォルト武装の癖はあるが、外部パーツは妙に高性能ぞろい)。

……但し、肝心の外見は流用による流用が半数以上占めており、基本的に似たり寄ったりの外見しか作れないのが難点。

▽個性的かつ独自な機体アセンブルシステム
上記の通り、極めると純正規格を超えた強さを得られる……が、ACシリーズのようにスペックだけが強くなると言う訳ではないし、その手法も独特なものになっている。
例えば、ミサイル等の追尾兵器だけで両腕・両背部を纏める、『双破斬』及び『真・双破斬』と言った、二刀流によって真価を発揮する兵器を両腕に装備左手に格闘武器、右手は素手にする等で、特別な補正が付与される。
また、特定の装甲を装備した上で、一定の基準を満たすと瞬間移動が可能になる等、リアルロボット路線のACシリーズでは、絶対に不可能なアクションが出来る。

▽高機動な自機
新作になるにつれ重厚感を極めて行ったライバルのAC3系列、N系列に比べ、Jフェニックスシリーズは高い機体速度や飛行能力が売りだった。
しかしAC4系列の登場により、此方の特徴は失われてしまった。

▽2つの耐久値
バーストタクティクス以降、外装耐久値内装耐久値と言う、2種類のライフゲージが作られ、武装の選択基準に戦略性が増加した。
但し、内装耐久値の調整が極端過ぎる(内装耐久値用の武装でないと、殆んどダメージにならないor一瞬で失くなる)為、正直な所煩雑になった感が強い。

▽個性豊かなキャラクター、しかし……
特徴であるが、比較対象となるACの人物の濃さ故に、差別化と言う点ではあまり威力は無い。
とは言え、割と王道なキャラ付けと遜色無い顔立ちである為、決して劣るとも言い切れない。
但し、無印及びBT、コバルト小隊、2とでキャラクター作画が違う為、作品によっては人を選んでしまう(特に無印及びBTとコバルト小隊を跨いで登場した数人は、髪の色が違う、悪い意味で中性的になる等、殆んど別人になっているケースもある)。
また、コバルト小隊編以降は様々なキャラクターを自由に部隊へ組み込めるようになった反面、個々のキャラクターの掘り下げはほぼ行われず、ただ設定されているだけと言ったプロフィールが多くなってしまった。

▽ストーリー性の差
これまた方向性が違う。
軍人として敵軍と戦う、リアルロボアニメ王道の展開であるJフェニックスと、底が無い程に深いストーリーを持つACでは、プレイヤー側の感情移入度に大きな差が出る事になった(フロム脳なファンの存在等)。
但し、Jフェニックスは続編になるにつれストーリー性が失われてしまい、より世界観が深まっていったACとは大きな差が出ている。

▽圧倒的知名度の差、市場追従による宿命
フロムソフトウェアの看板ゲームであるACに比べ、Jフェニックスはタカラの1ゲームに過ぎず、開発力からセールスからと力の入れように大いに差がある。
しかもJフェニックスは後発である為、パクリゲーと形容されても仕方が無い面がある。

現在のJ-PHOENIXファン層

ワゴンセールや中古で購入したプレイヤー(市場価格はだいたい1000円~500円以下)やアニメロボ好きでメカデザインが気に入り購入するケースが多い。
また、ACシリーズのファンであるプレイヤーも多く存在する。

そんなファンがこのゲームを愛する理由の1つに、
「難易度は低めでありながら、娯楽性が高いのでB級映画の様な楽しみ方が出来る」
と言うのが挙げられる。

加えて「自分がリアル系ロボットアニメの主人公となって、個性なキャラクター達と肩を並べ、自分の作り上げた主役機体を操って活躍する」と言ったヒロイックなストーリーとゲームシステムは、かつて『重装機兵ヴァルケン』や『スプリガンmark2』等の傑作が存在していたものの、PS2展開当時は類似作品の少ないものだった。
惜しむらくはこの強みが、『バーストタクティクス』以降失われてしまった事である。

関連記事

親記事

タカラ たから

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「機甲兵団J-PHOENIX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9672

コメント