ピクシブ百科事典

ゴング(トランスフォーマー)

ごんぐ

「それがどっこい違うのさ、安もんのラジカセ野郎!」
目次[非表示]

概要

主なCV島香裕石井敏郎
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場するサイバトロン戦士
アメリカを中心とした英語圏ではブローン(Brawn)と呼ばれている。
ジープに変形し、ビークルモードではフロントグリルの部分からドリルを展開して地中を掘り進む事ができる。
自称「怪力ゴング様」の名の通り、小柄なミニボットでありながらかなりの力持ち。
無骨で親分肌な性格で、時には頑固。
チャージャーは親友で、本編第63話「インカの秘宝」ではコンビを組んでデストロンと戦った。
パーセプターとは当初反りが合わず、彼が科学者としての任を全うする為前線に出て戦わない事を臆病と罵り、やたらと突っかかっていたが、同本編第25話「ミクロの決死隊」では共にメガトロンの体内に侵入して任務を達成した事で和解し、仲を深めた。

活躍

戦績は作中でも良い方に分類され、特にサウンドウェーブと交戦した時は、持ち前の怪力を活かして圧倒するなど彼の宿敵であるはずのブロードキャストよりも良い功績を残している。
この為、ファンからは「音波キラー」とも呼ばれている。
一度だけメガトロンの融合カノン砲を使った事があるが、強力な反動で使いこなす事ができなかった。

『ザ・ムービー』では地球のサイバトロンシティの応援としてアイアンハイドラチェットプロールと共に宇宙船で向かうが、デストロン軍団に襲撃され、スタースクリームの撃ったメガトロンライフルにより倒れた。
なお、プロット段階ではメガトロンライフルのビームで真っ二つにされる事になっていた。

その後のシリーズにて

『2010』では、エピソード『音楽惑星への挑戦』で作画ミスによりデストロンの中に混ざって登場していた。
『ビーストウォーズメタルス』(原語版)では、初代コンボイが死にかけた際にチータスの「このままじゃブローンの二の舞だ」という台詞の中で触れられている為、公式には戦死している模様。

関連タグ

トランスフォーマー
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー
ミニボット

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴング(トランスフォーマー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2167

コメント