ピクシブ百科事典

超攻速ガルビオン

ちょうこうそくがるびおん

『超攻速ガルビオン』とは、ロボットアニメ作品。
目次[非表示]

概要

国際映画社が制作したロボットアニメ作品。1984年2月から6月までテレビ朝日系列(ただし青森放送朝日放送山口放送除く)および独立局約3局で放送された。当初は22話以降の展開の予定があったがスポンサーのタカトクトイスの倒産により第22話で放送が取り止めとなった。その後もOVAもしくは劇場映画で22話以降の展開を続投するはずであったが、番組終了の翌年、制作会社の国際映画社が倒産してしまったためその企画は立ち消えとなった。

ストーリー

西暦2099年、地球は異星人メタルロードのもたらした技術により大きな発展を遂げたが、同時に戦争も引き起こしてしまった。
地球人の野蛮さを恐れた異星人は、地球全体をシグマバリヤーで覆って地球人を地球に封じ込めてしまった。
このバリヤーのために飛行を制限された地球で、飛行機の代わりに発展したのが、地球全土を網羅した高速道路と自動車社会だった。
受刑者だった無宇(ムウ)と麻矢(マヤ)は、恩赦を条件にレイ・緑山の率いる私設警察チーム「サーカス」の新鋭マシン「サーカスI・ガルビオン」を駆って、世界征服を企む秘密組織シャドウと戦う。

登場キャラクター


主題歌

オープニングテーマ
『ロンリー・チェイサー』
作詞:亜蘭知子、作曲:山本正之、編曲:中島正雄、歌:田中利由子

エンディングテーマ
『メモリー・ララバイ』
作詞:亜蘭知子、作曲:山本正之、編曲:中島正雄、歌:田中利由子

挿入歌
『BE A HERO』
作詞:LINDA HENNRICK、作曲:奥慶一、編曲:奥慶一、歌:山際祥子
『ALONE』
作詞:ありそのみ、作曲:奥慶一、編曲:奥慶一、歌:山際祥子

各話リスト

話数サブタイトル
第1話謎の大組織 シャドウ
第2話グランプリ大爆殺
第3話超エンジン大奪還
第4話大爆走ゲーム
第5話死のニトロ大輸送
第6話大暗殺・武器を捜せ
第7話ブル警官大追跡
第8話レイ緑山大暗殺指令
第9話大噴出! 毒死鉱山
第10話大いなる別れ
第11話大実験! 野望の兵器
第12話戦慄! 人間狩り
第13話大登場! 超秘密兵器
第14話恋の戦場大ラリー
第15話大電殺! 百万Vの罠
第16話地獄軍団・大襲来!
第17話ブル警官・大恋愛
第18話大都会にブルースを…
第19話基地爆破! 小犬大活躍
第20話霧の人工島・大海戦
第21話歩くんだ! ロロン
第22話アマゾネス戦士の恋
第23話サーカス対大戦車軍団(未放送)
第24話金貸しオーズ、大赤字(未放送)
第25話消えた村の大秘密(未放送)
第26話13番目の男(未放送)


商品化に関して

プラモデルイマイアリイエルエスの3社共同で発売。
ロードアタッカーに変形するガルビオンのプラモがイマイから、その他を3社が発売している。
玩具に関してはタカトクトイスが企画開発していたが、倒産によって発売されず。それらは金型が流出してMARK、JAM、HEROという会社からチープトイとして発売されている記録がある。このチープトイの開発にはタカトクトイスの関係者が設立したビークラフトが関与している。
正式にガルビオンとして発売された玩具はバンダイ子会社のメガハウスから2014年に発売されている。

関連記事

親記事

国際映画社 こくさいえいがしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超攻速ガルビオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41746

コメント