ピクシブ百科事典

グレートガンバルガー

ぐれーとがんばるがー

グレートガンバルガーとは、アニメ『元気爆発ガンバルガー』に登場するロボットの名前である。
目次[非表示]

元気爆発だぁーっ!

概要

 超魔界獣ドカーンの花火化魔法で危機に陥ったガンバルガーリボルガーゲキリュウガーの3体が虎太郎の願いに答え超ミラクル合体した姿。エルドランが所有するロボの中でも特に複雑な合体機構を有する。おもちゃで再現すると余剰パーツが結構出るのは語り草となっている。

 初登場に於いて虎太郎が立体パズル式の合体プログラムを組み立てた事により以降合体可能となったが、その後は「グレートガンバルガー、超ミラクル合体!」というかけ声と共に超合体カードを挿入するだけで合体出来る。

 また、合体機能を起動するのは童心を忘れぬ者であれば誰でもよく、ゴンはおろか非戦闘員の秋絵が虎太郎に乗せられる形でも合体させている。ガンバルガー同様に座席は三つあるが操縦は1人で行え操作は簡単。

一部の武装はスーパーロボット大戦NEOにて初参戦した際、正式に名称が設定された(※がついている武器)。

基本データ

全高:43.8m
重量:168.5t
最大出力:1600000馬力
最高速度:3800km/h(地上)/マッハ32.0(空中)

ガンバーボルト※:頭部のツノから電撃を放射。
ガンバーバスター※:手首を収納すると砲塔が出現、連装砲となる。元はリボルバスターの砲身。
ガンバーブレストフラッシュ:胸のエンブレムから熱線を発射。なお、初使用は虎太郎の代わりにシノビガンバーこと藤兵衛が搭乗した回。
ファイナルガンバーソード:天空より降り立つ光の柱から取り出すグレートガンバルガーの背丈ほどの長さの長剣。間違ってもグレートガンバーソードではない
グレートファイナルアタック:ファイナルガンバーソードから電撃を放出して敵をホールド、そのまま十文字に斬り裂く。剣の重さに振りまわれされつつも重々しく斬る姿が印象的。

関連動画



余談

 TVシリーズ放映当時にトミー(現:タカラトミー)が発売していた玩具でも三体合体で完成するが、一号ロボに外装を着せる形ではなく個々のロボットをパーツ単位で分割・変形させた上で再度組み上げるという当時としては珍しい形式を採用して合体後のプロポーションを良好にしていた事とその弊害で多量の余剰パーツが豪快に発生することでも有名である。


※ただし、ゲキリュウガーの首(ドラゴンショット)とゲキリュウキャノン、リボルバスターのスコープの組み合わせで、本編未登場の武器【グレートガンバーライフル】を組み上げ、持たせることは出来る。

 反面、合体構成が今の目線でもかなり凝っており、ガンバルガー本体にリボルガーとゲキリュウガーのパーツを前後に挟み込んで合体、ガンバルガーの腕を折り曲げた状態でゲキリュウガーの胸パーツとリボルガーの脚部パーツをはめ込んで腕を完成させる、リボルガーの胸部(アニマルモードの頭部)が変形してほぼそのままグレートガンバルガーの頭部を構成するなど、勇者ロボや戦隊ロボでもほぼ見かけない合体パターンを持っている。

関連タグ

グレート合体
元気爆発ガンバルガー 

エルドランシリーズ

カバヤ食品:ガンバルガーの変形合体機構自体は再現していないものの、リボルガー・ゲキリュウガーの変形機構及びガンバルガーとの合体形態・グレートガンバルガーの合体機構を再現出来る食頑を販売していた。

関連記事

親記事

元気爆発ガンバルガー げんきばくはつがんばるがー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グレートガンバルガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15367

コメント