ピクシブ百科事典

2号ロボ

にごうろぼ

ロボットを扱った作品に関する用語のひとつ。
目次[非表示]

概要

ロボットアニメあるいは特撮番組などにおいて、それまでの主役ロボに代わって登場する新たなる主役ロボのこと。
また、特に『スーパー戦隊シリーズ』などにおいて、単純に物語上で2番目に登場するヒーロー側の巨大ロボットを指して2号ロボなどと呼ぶこともある。
似た概念として「後期主人公機」というものがあるが、pixiv上での用例は確認できない。

アニメ初の2号ロボは『戦闘メカザブングル』のウォーカー・ギャリアとされる。
番組タイトルに名前があるロボを交代させて主役を張る」という定番破りとして登場したそれは以降の番組でもたびたび踏襲され、新たなるスタンダードとして定着した。

(ほぼ)同じパイロットが乗った新しい機体という点では先駆けてゲッターロボGも当てはまるが、こちらはそもそも番組名ごと変わっており、例外と見なされている模様。

登場パターン

登場のパターンも様々で、メジャーなものだけでも以下のような数々の種類がある(複合も多い)。

  • 戦力強化のために新規投入した
  • 修復や強化の結果ほぼ別の機体になった
  • 遅れていたものがようやく完成した
  • 仲間が使用していた機体を引き継いだ
  • 別の勢力から供与された
  • 休眠状態の古代兵器等を発見した
  • 敵軍の兵器を奪取・鹵獲した
  • 敵軍の構成員が寝返った
  • 敵軍に奪われていた機体を奪回した

1号ロボの去就

多いのが「仲間の別パイロットが引き継いで乗る」というパターン。そうすることで引き続き1号ロボの出番があり、ダブル主役としての活躍も見込める。また状況によって使い分けられたり、勇者シリーズのように1号・2号ロボの双方が合体して新たな主役ロボになる場合もある。

そうでない場合、「丸々失われる」ケースもままある。
上述した2号ロボの元祖、『ザブングル』もそのパターン(実際はザブングルがもう1機あったので完全にお役御免にならなかった)。
また、ラスボスの攻撃で2号ロボが失われたとしても、それに代わり行動可能な1号ロボに全てを託し、ラスボスを打倒するというパターンも存在する。

2号ロボの一覧

※主役機のみを記述。

アニメ


議論の余地がある機体

前者は主人公が乗った機体としては2機目ではあるが作品名が変わった段階で初登場しており(上述のゲッターGと同じ)、「同作品内での2機目」という意味では後者の方が当てはまる。

シン・アスカキラ・ヤマトのどちらを主人公と見るかで観点が変わってしまう。また後者の場合、最初の機体から数えて3号ロボと見ることもできる。

特撮


スーパー戦隊に関しては戦隊ロボのページを参照。

関連タグ

ロボット ロボ スーパー合体/グレート合体
表記ゆれ:二号ロボ

pixivに投稿された作品 pixivで「2号ロボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1762

コメント