ピクシブ百科事典

主役機交代

しゅやくきこうたい

ロボットアニメの主人公が劇中で完全新規のロボットに乗り換えること。
目次[非表示]

主役機交代とは、主人公が物語前半に使っていた機体から完全新規の2号ロボに乗り換える事である。

概要

4クール制作のロボットアニメで全クール同じ機体を使い回すという例は少なく(70年代から80年代前半ならともかく)、大体どこかで後継機に乗り換えられるのがお約束である。
タイミングとしては物語中盤になる事が多いが、劇中展開や制作現場のペース次第では3クール前後に持ち越されることもある。

主役機を乗り換える理由としては、敵の新型機の登場やパイロットの技量が成長したことで既存の機体性能が追いつかなくなったというものが大半だが、ほぼ同じタイミングで発生する戦闘で機体そのものを失ってしまったり敵勢力から強奪しそのまま後継機として扱うという展開も多い。
一方、主人公に使われなくなった一号機のその後は破壊された場合はそのまま放置されたり修復されたりすることもあれば準主人公キャラの技量に合わせたチューンがなされて譲り渡されるという流れが定番。

現代の傾向

主人公がほぼ別物の機体に乗り換えるという展開は1980年~2000年代の約30年にわたり非常に多く見られた展開だった。
しかし2010年代以降は既存の機体に増加装備を追加したり、コックピットブロック周辺にはほとんど手を付けず外装や四肢フレームだけをアップデートしたりする「新しい機体に交代」というよりかはむしろ「既存の機体を魔改造して強化」するという展開の方が増えており、かつてのように完全新規のロボットに乗り換える、文字通り主役機交代する展開はかなり減少している。

これは、ロボットアニメのメディアミックスにありがちな立体物のパーツ生成が元凶で、主に2000年代の石油の価格高騰でかつてのように低コストでの販売ができなくなったためと思われる。(どれだけ過去に低コストで立体物を作れたかの一例を挙げると、1994年に発売されたHG 1/100ゴッドガンダムたった300円の値上げでポリキャップ以外のパーツを全て金メッキ加工にしたハイパーモード版を一般発売できるに至っている)
さらに完全新規の機体を出すという事は規格の違いからフレームや外装のランナーも一から新造しなければならない。そのランナー生成には必須の金型にはかなり高い税金が課せられているため、出来るだけフレームを構成するランナーは使い回せるだけ使い回した方がコスト削減に繋がって効率が良いためでもある。
ちなみに、既存機体の一部を改修して後継機として扱うパターンは、かつては準主人公キャラの機体によく用いられたケースでもあった(例:ガンダムデスサイズガンダムデスサイズヘル)

主な主役機交代

アニメ・ライトノベル原作

作品名主人公主役機交代履歴備考
戦闘メカザブングルジロン・アモスザブングルウォーカーギャリアザブングルは全損したもののラグ・ウラロ機が残存
聖戦士ダンバインショウ・ザマダンバインビルバインダンバインはマーベル・フローズンが引き継いだ
重戦機エルガイムダバ・マイロードエルガイムエルガイムMk-Ⅱエルガイムはファンネリア・アムが引き継いだ
機動戦士Ζガンダムカミーユ・ビダンガンダムMk-ⅡΖガンダムMk-Ⅱはエマ・シーンが引き継いだ
機動戦士ガンダムZZジュドー・アーシタΖガンダム→ZZガンダムΖはルー・ルカが引き継いだが、ジュドーが再度搭乗することもある
機動戦士ガンダム0083コウ・ウラキガンダム試作1号機(フルバーニアン)→ガンダム試作3号機デンドロビウム
機動戦士Vガンダムウッソ・エヴィンヴィクトリーガンダムV2ガンダム
勇者特急マイトガイン旋風寺舞人マイトガインマイトカイザーマイトガインは超AIのガインにより自律稼動。後に復帰
機動武闘伝Gガンダムドモン・カッシュシャイニングガンダムゴッドガンダム乗換回→「新たなる輝き!ゴッドガンダム誕生
新機動戦記ガンダムWヒイロ・ユイウイングガンダム(→ガンダムエピオン)→ウイングガンダムゼロ(ウイングガンダムゼロカスタム)ウイングガンダムはレディ・アンに渡る
機動新世紀ガンダムXガロード・ランガンダムX1号機(ガンダムXディバイダー)→ガンダムダブルエックスGX1号機はジャミル・ニートが引き継いだ(OR手元に戻った?)
勇者王ガオガイガーFINAL獅子王凱ガオファイガージェネシックガオガイガー
機動戦士ガンダムSEEDキラ・ヤマトストライクガンダムフリーダムガンダムストライクはムウ・ラ・フラガが引き継いだ
フルメタル・パニック!シリーズ相良宗介M9ガーンズバックARX-7アーバレストARX-8レーバテイン状況によってサベージボン太くんに搭乗することもある
マクロスF(TV版)早乙女アルトVF-25VF-171EX最終的には再度VF-25に搭乗している
マクロスF(劇場版)早乙女アルトVF-25→YF-29劇場版後編に登場
機動戦士ガンダムSEEDDESTINY※1シン・アスカインパルスガンダムデスティニーガンダムインパルスはルナマリア・ホークが引き継いだ
機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ※1キラ・ヤマトフリーダムガンダム→ストライクフリーダムガンダム前作のストライクも勘定すると3号機になる
機動戦士ガンダム00※2刹那・F・セイエイガンダムエクシア(ガンダムエクシアリペア)→ダブルオーガンダム(ダブルオーライザー)→ガンダムエクシアリペアⅡダブルオークアンタ
機動戦士ガンダムAGE※3キオ・アスノガンダムAGE-3ガンダムAGE-FX
機動戦士ガンダムサンダーボルト※4イオ・フレミングフルアーマーガンダムアトラスガンダム
機動戦士ガンダムサンダーボルト※4ダリル・ローレンツ量産型ザクⅡ(ザクⅠ)→サイコザク


※1…どちらを主役と見るかで主役機の解釈が変わる
※2…ガンダムエクシア~リペアⅡまでは動力炉だけは同じものを使っている。
※3…小説版のみ。アニメ版では改修となっている。
※4…※1とは異なり元からダブル主人公作品

ゲーム

注:スーパーロボット大戦などのクロスオーバー作品は作中で明言されているオリジナル主人公であること。

作品名主人公主役機交代履歴備考
スーパーロボット大戦V叢雲総司or如月千歳ヴァングレイヴァングネクスorグランファング2号機は選択式。ヴァングレイは後にヴァングレイⅡに改修、副主人公の搭乗機になることも

関連タグ

ロボットアニメ 2号ロボ

関連記事

親記事

ロボットアニメ ろぼっとあにめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「主役機交代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340

コメント