ピクシブ百科事典

ガンダムAGE-3

がんだむえいじすりー

ガンダムAGE-3とは、機動戦士ガンダムAGEに登場する機動兵器。第3部(第3世代)の主役機。
目次[非表示]

概要

フリット・アスノが開発し、アセム・アスノの息子キオ・アスノが搭乗するモビルスーツ
AGEシステムとコックピットを擁するコアファイターを中心に各種ウェアへ変形する支援機と合体する事でモビルスーツ形態となる。
ガンダムAGE-1AGE-2は戦闘中に換装する際に手足をパージする必要があったが、AGE-3の場合は分離した装備をそのまま戦力として使用出来るのが特徴。
また、AGE-1は敵に合わせて、AGE-2はパイロットに合わせて新しいウェアを作り出していたのに対し、AGE-3は戦闘領域に適応した装備が作り出されている。

なおコアファイター側・支援機側のコクピットは合体後に連結され、複座コクピットとなる(詳細な操縦系統は不明)。
後にフリットがキオを一人前と認め、単座式のコクピットに改修された。

ヴェイガンの策によりパイロットであるキオもろとも鹵獲されてしまい、機体とAGEデバイスのデータを解析され、その結果ヴェイガン製ガンダムである「ガンダムレギルス」の完成を促すことになってしまう。
キオ及びAGE-3そのものはアセムビシディアンの救援で脱出に成功するが、その直後にイゼルカント自らが操縦するガンダムレギルスの猛攻を受けオービタル、換装したノーマル共に大破。
アニメ版ではその後、機体はディーヴァへ送り届けられ、ガンダムAGE-FXへ改修された。


小説版では大破後、機体はディーヴァへ送り届けられ、キオはガンダムAGE-FXに乗り換えている。
その為、小説版ではAGE-1、2と同様(原型が残っている状態かは不明だが)現存したまま終戦を迎えた機体となっている。


バリエーション

ガンダムAGE-3 ノーマル

コアファイターがGセプターと合体する事で完成するガンダムAGE-3の基本形態。
Gセプターのパイロットはキオをサポートする意味も含めてフリット・アスノが務めた。
武装はディーヴァのフォトンブラスター砲を元に開発されたシグマシスライフルと、ビームサーベル。サーベルは前腕に収納されており、収納状態のままでもビーム刃を展開可能。
また、ヴェイガン製MSを解析した推進システムを搭載しており、大気圏内では飛行形態への変形やサブフライトシステムを用いずに飛行が可能。
シグマシスライフル用のオプションとして、フォトンリング・レイを参考にした強化パーツ「ブラスティアキャノン」が作出されている。

ガンダムAGE-3 フォートレス

コアファイターがGホッパーと合体する事で完成する砲撃戦用形態。
Gホッパーのパイロットは初出撃では応急的にウットビット・ガンヘイルが務めた。
ホバリング機能を有しており重力下、特に砂漠地帯や湿地帯などに適応する。
両肩・両腕に合計四門のシグマシスキャノンを装備しており、全砲門の同時発射はあたり一面の地形を変えるほどの火力を誇る。
基本的には重力下での運用を前提している為、宇宙での運用はなされていない。

ガンダムAGE-3 オービタル

コアファイターがGバイパーと合体する事で完成する高機動形態。
作出されたのが単座改造後である為、Gバイパーは無人で運用される。
宇宙空間での効率的な運用を可能とし、地上での運用も可能な汎用性を誇る。飛行時にはつま先が折りたたまれる。
専用武装のシグマシスロングキャノンはシグマシスライフルと比べて連射性が高く、弧状のビームを発射する。Xラウンダーの先読み能力によってある程度の誘導性を有するが、破壊力ではシグマシスライフルに劣る。
また、ビームサーベルを装備するが白兵戦を苦手とし、僚機との連携が必要な形態である。

ガンダムAGE-3 ラグナ

ゲーム初出のウェア。後に外伝「EXA LOG」にて詳細な設定が公開された。
ウットビット・ガンヘイルがAGEシステムを用いずに独力で開発プランを製作していたウェア。
ガンダムAGE-2 アルティメスの設計思想を受け継いだ無重力下戦闘用装備であり、歩行機能は有していない。
両肩に六基ずつ装備されたファンネルコンテナによるオールレンジ攻撃を可能としており、携行武器のブリタニアスライフルはシグマシスライフルよりも整備性や稼動効率が向上している。
実際に製造される事はなかったが、後年に発見された資料は関係者を驚かせていたとされる。

TV版以外のバリエーション

ガンダムAGE-3 タングラム

ゲーム版機動戦士ガンダムAGEに登場。
中世の重戦士に似た格闘形態。
両肩に装備された打撃兵器「ダゴンハンマー」を駆使したパワー主体の戦法を得意とする。

ガンダムAGE-3 グラフト

ゲーム版機動戦士ガンダムAGEに登場。
装甲を何層も重ねた多重装甲による突撃形態。
専用ヒートランス「シグマシス・ホーン」を主武器とする。

ガンダムAGE-3 ザメルガ

ゲーム版機動戦士ガンダムAGEに登場。
海洋生物のような流線型のフォルムの近接形態。
右腕に装着された専用武器「ギルト・ブレイバー」のチェインソード状の刃は、一本一本がシグルブレイドと同素材で成形されている。

他、ゲーム作品では

ガンダムVSガンダムシリーズ

マキシブーストの1用モードの出撃前ムービーで、AGE作品出典のにない『AGE1・2・3踏みぞろいからの連携攻撃』だったことから、稼動当初から参戦を示唆していた。そして2015年2月のアップデートで正式参戦、コストは三代目TV主人公の愛機と同じ2500。

ノーマル、フォートレス、オービタルの3形態を駆使する射撃寄りの換装機。
万能機然としたノーマルは足回りが一番よく、シグマシスライフルによるオードソックスなメインに単発でダウンの取れるサブ射撃、そして一出撃に一度のみ使える超火力のブラスティアキャノンを持つ。

フォートレスは地走タイプ(地上に立っている時にBDをすると空を飛ばずに地面を走り、上昇が苦手でブレーキすると滑る。例:Xディバイダー)で、武装自体はノーマルに似ている。真っ直ぐ発射するものと右から左に薙ぎ払う二種の高火力 ゲロビCSを有しているが、機体が地走のため癖が多く使いこなすのが大変。

最後にオービタル形態は特殊な挙動をする武装が多い。
まずメイン射撃は当たり判定が横に大きくなり、2連射が可能。
サブに関しては射出後徐行し、その後に加速、強烈な誘導で追ってくるキナ臭い程の追従性能をもつ武装。ただし3形態中、武装のリロードは劣悪なので注意。

換装を駆使して豊富で特性の異なる弾を次々にばら撒けるので、後衛に任せば多種多様な弾で相手を翻弄できる。AGE2同様、固有武装のリロードは形態を問わず行われているので換装を駆使すれば弾切れのリスクも気にならない。
ただし、全体的に機動力がそこまで高くなく、さらに格闘はどの形態でも万能機相応の域を出ず迎撃手段もあまりないので、近距離の押し付け武装持ち機体の接近には注意したい。

余談だが、
ノーマル・フォートレスはアシストでクランシェ呼び出すのだが、オービタルには無い(後格闘で対ダナジン戦でのワイヤー投げ返しならできるが)。
オービタル登場までのディーヴァクルーにあった変化 といえば…>シャナルア・マレン]]

スーパーロボット大戦シリーズ

実は『機動戦士ガンダムAGE』という作品はスパロボ参戦できるかどうかファンの間では怪しまれていた。
スパロボ参戦への不都合な点としては「3世代50年以上に渡る物語をどのようにして他の参戦作品と絡ませるか」「企画にレベルファイブが関わっているため、版権関係が複雑になっているのでは」という部分が話題に上がる事が多かった。初参戦となるスーパーロボット大戦BXでは、最後の世代である第3部以降が扱われ、そのためガンダムAGE-3の見せ場も多い。
フォートレス・オービタルの換装形態は武装扱い。それぞれ適応がSの地形があるのでステージごとに使い分けたい。

関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE キオ・アスノ
ガンダムAGE-1 ガンダムAGE-2 ガンダムAGE-FX ガンダムレギルス
ZZガンダム セラヴィーガンダム
大張正己

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムAGE-3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99236

コメント