ピクシブ百科事典

クランシェ

くらんしぇ

クランシェとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE」に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

登場は、第三部。

A.G.160年代における連邦軍の主力機の一つ。ガンダムAGE-2のデータを基に開発した可変型モビルスーツ
ストライダー形態への可変機構を採用しており、連邦軍の量産機としては初の可変機となる。
量産に際し、可変機構はコストパフォーマンスの向上も兼ねてガンダムAGE-2より簡略化された。
外見はアデルガンダムAGE-1の面影を残していたのに対して、ベースとなったAGE-2からの流用部品は少なく、可変機構や頭部スリットタイプセンサーなどはヴェイガン系モビルスーツであるゼダスを思わせる(小説版ではAGE-2の可変機構は高価な疑似斥力システムを採用していた為に量産には適さず、代替案としてマッドーナ工房と新生テクノソロン社から提供されたゼダスのデータが使用された事になっている)。

可変機構を採用する事によって行動半径に優れ、モビルスーツとしても優秀な性能を誇るが、その一方でウェア換装システムを持たず、運用の柔軟性に欠けるという欠点を持つ。
変形は専用OSによりオートで行われるものの、各形態の使い分けに一定の練度が求められることから搭乗を敬遠するパイロットも多く、同時期に開発されたアデルマークⅡに比べ量産体制は小規模なものとなっている。

カラーリングはアリンストン基地配備のジェノアスや一般配備のジェノアスⅡと同じ白とピンクのツートン。旗艦アマデウス所属の機体は黒で塗装されている。

武装

ドッズライフル

板状の開放型バレルを採用した、A.G.160年代に於けるドッズライフルの最新モデル。
AGE-2のハイパードッズライフル同様、飛行形態では胸部に接続され機首となる。

ビームサーベル

ガンダムAGE-1以降の連邦系モビルスーツに搭載されている標準的な格闘兵装。
シールド裏に1本をマウントしている他、ガントレットに内蔵タイプを装備している。

ビームバルカン

側頭部に2門を内蔵したビーム機関銃。
主に近接迎撃防御に用いられる。

シールド

AGE-2のものを大型化したモデル。ビームサーベルマウントも兼ねる。
飛行形態では背部にマウントされる。


バリエーション

プロトタイプクランシェ

外伝「EXA-LOG」に登場。
クランシェのプロトタイプ。AGEシステムからのリバースエンジニアリングによってガンダムAGE-2の可変機構を量産機に採用するべく開発された。
ガンダムAGE-2ノーマルと同型の可動翼四基が装備されているが、開発当初から出力制御の面で不具合が多発し、テストパイロットの不評などが重なり正式装備は見送られた。
また、ハイパードッズライフルのマスプロタイプを装備するが、工作制度の問題などで威力はガンダムAGE-2のそれよりも低いなど、AGEシステムで作出された特化装備を元に量産型モビルスーツを開発するのが如何に困難であるかを示している。
一方で、腰部・背部にドッズキャノンを計4門装備する為、火力は量産型よりも高い。

クランシェカスタム

クランシェの指揮官用カスタム機。
詳細はクランシェカスタムを参照。

クランシェ・エンダ

ゲーム版及びスペシャルエディションに登場。
旗艦アマデウス所属のカスタム機。黒く塗装されている。

クランシェ偵察仕様

小説版に登場。
クランシェの偵察仕様の機体。

クランシェ★アスタ

ガンダムビルドファイターズARに登場するクランシェカスタムの改造ガンプラ
カルロス・カイザーの娘、プリンセスが父と共に作り上げた。
ストライダー形態に機首となるドッズライフルの改造によって、オカメインコを模した鳥型に変形する。
ガンプラバトル用の機体ではなく、プラフスキー粒子を応用した家庭内ディスプレイのテストベッドであり、室内を自由に飛び回る一種のガンプラペットである。


立体物

HG1/144「クランシェ」としてラインナップされている。販売された時期が作品が放送されている間ではなく、作品終了間近の時期だった。


関連項目

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE
ジェノアス ガンダムAGE-2 クランシェカスタム ゼダス

pixivに投稿された作品 pixivで「クランシェ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48756

コメント