ピクシブ百科事典

テクノソロン社

てくのそろんしゃ

テクノソロン社は『機動戦士ガンダムAGE』に登場する企業である。
目次[非表示]

概要

地球圏ラグランジュ1の工業コロニー「ソロンシティ」に拠点を置くモビルスーツ関係技術を扱う企業。
連邦軍に協力する一方でヴェイガンに内通し、ヴェイガンのMSを多数製造。そのためソロンシティはヴェイガンによる地球圏攻略の拠点にもなっていた。

内通についてはフリット・アスノがヴェイガン機を鹵獲し、機体を構成するパーツの中から同社でしか製造できない素材が含まれている事が発覚の引き金となった。
同時にフリット指揮下のディーヴァ部隊によって同社に査察が入り、工場長を務めるイゴール・エバンスは内通の発覚を恐れず社内で製造していたヴェイガン製の機体を持ち出しこれを迎撃。しかし、フリットの息子アセムらの活躍で工場施設は制圧され、会社側は証拠隠滅の為に設備を爆破。フリット達には「ヴェイガンに脅された」と虚偽の内容を答えて会社の存続を成した。


小説版

小説版でも似たような立ち位置だが、企業のオーナーがフロイ・オルフェノアの妻であり、ヴェイガンに内通しているオルフェノア一族の企業としてヴェイガンに内通した存在としてより深く描かれている。ゼイダルスに装着されたシグルブレイドも、テクノソロン社からヴェイガンに流出した技術である。
フリットの組織した粛清委員会によってオルフェノア一族やヴェイガン内通者が粛清された後は、残った関係者によって再建され、地球連邦軍にヴェイガンMSの各種データの提供を行っており、これによってクランシェが開発された。

関連タグ

ガンダムAGE ヴェイガン アナハイム・エレクトロニクス
フロイ・オルフェノア イゴール・エバンス
ガフラン ドラド ゼイダルス クランシェ

pixivに投稿された作品 pixivで「テクノソロン社」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112

コメント