ピクシブ百科事典

ダナジン

だなじん

機動戦士ガンダムAGE・第3部に登場するMS。
目次[非表示]

概要

A.G.160年代に於けるヴェイガンの主力重モビルスーツ
地球本土への直接侵攻を目的とした量産機であり、過酷な自然地形での踏破性を追求した結果、人型から大きく離れ、文字通りの恐竜的進化を遂げた機体。地上での運用を想定した機体だが、宇宙で運用しても何の支障は来たさない。

ドラドなど前世代機ではオミットされていた変形機構の採用によって機体の行動半径の拡大を図っており、これによって広範囲での運用が可能となっている。
ただし、ガフランなどとは異なり完全な人型形態への変形は出来ず、それが異形の機体という印象を強めている。
また、機体の開発はヴェイガンの戦闘部隊が地上に降下した頃より行われており、その際試作機による運用テストを民間人に目撃され、怪獣騒ぎを引き起こしたという逸話がある。

主な武装は顎のビームシューター、掌のビームバルカン兼用のビームサーベル、股間部のダナジンキャノンなど。尾の部分はダナジンスピナーと呼ばれる槍状の質量武器となっている。
しかし、武装の殆どは旧世代機の改修型が用いられており、火力の不足を補うべくレガンナーとセットで運用される事が多い。
また基本武装の他、鹵獲用ネットなどを外装する事も可能。

カラーバリエーションとして深緑色の機体のほか、指揮官機に該当するパープルカラーの機体が存在し、ゴドム・タイナムグラット・オットーらが搭乗した。

バリエーション

グルジン

地上に侵攻したヴェイガン部隊の運用するダナジンを局地戦用に再設計した機体。
ヴェイガンは地上に大掛かりな活動拠点を持たなかった為、既存のダナジンを改修する形で生産された。
下半身をホバースカートへ換装し、雪原や湿地帯、砂漠地帯における走破性を強化。また、下半身の仕様変更に伴い可変機構もオミットされた為、上半身の機構が単純化し、機体重量が軽減され装備可能な武装の幅が増えている。
武装は専用に開発されたグルジンロングキャノン。精密射撃時であれば8000メートル先の目標を精確に狙撃可能である他、銃先にビームスクレイバーを発生させる事で、ビームランスとしても使用可能(雪原地帯では、塹壕に積もった雪を溶かす為にも用いられたとされている)。
主に地球(=エデン)に潜伏したヴェイガンを親に持つ第二世代「アップルズ」によって運用された。

関連項目

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE
ヴェイガン レガンナー
ファントム3
ゾイド

pixivに投稿された作品 pixivで「ダナジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26850

コメント