ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

SPT-LZ-00Xレイズナーはアニメ『蒼き流星SPTレイズナー』の主役機。

頭頂高9.52m、全備重量13.75t。

主武装はレーザードライフルと格闘用のナックルショット。脹脛に「カーフミサイル」という四角柱ミサイルが設置されている。


パイロットはアルバトロ・ナル・エイジ・アスカ

レイと呼ばれる人間と対話可能なコンピューターが搭載されているが、当人の知らぬ間に別人格『フォロン』と共にグラドスの機密とされる内容ももたらさた。エイジの命令を受けると「レディ」と喋る。

元々はグラドスが開発した試作型SPTであり、同世代の量産型SPTと比べても抜きん出た機動性を誇る。


V-MAXという高速戦闘システムを持つ。発動させると機体が青い光に包まれ、機体性能の限界を超えた超高機動戦闘が可能になる。


エイジが奪取した降下ポッドには専用バックパックオプションが複数積載されていたが、火星から脱出する際にスペース確保のため廃棄されている(失われた増設オプションは600mmグレネードランチャー火炎放射機、大気圏用飛行パックの三つ。他にも索敵用パックやキャノンパックなどもオプションとして用意されていた様子)。が、データそのものは残されており、内の飛行パックが地球側で再現されており、後述のレイズナーMk.IIの開発に役立つこととなった。


後継機にはE-SPT-LZ-00X-B V-MAX強化型レイズナーとE-MF-LZ-00X-2 レイズナーMk.IIがある。


強化型レイズナー

レイズナー強化型

ザカールとの戦闘に敗れ大破させられてしまったレイズナーに代わるエイジの後継機として開発された純地球製のSPT。別名『ニューレイズナー』。強化型と命名されているが、レイズナーを改造した機体ではなく完全新規の機体である。


起動する際にレイを含むコックピット周りのユニットを移植し、再起動の際に誤作動を起こさないよう初代レイズナーとコードで繋がれた状態で起動させた。案の定、フォロンが覚醒し暴走を始めたがエイジの説得により沈黙、新たな機体への移植が完了した。


地球の技術でレイズナーを再現した機体であり、機体構造や武装などは原型機を踏襲している。しかしただの再現機ではなく、スラスターの増設やジェネレーターの出力強化などによって機動性が向上しており、むしろ性能は原型を凌駕している。

その機動性はV-MAXにも影響を及ぼしており、V-MAXレッドパワーを発動したザカールとも互角に渡り合えるようになっている。加えて出力調整も可能で、出力を抑えることで可動時間の延長を実現している。添加剤で半ば強引に強化しているザカールと異なり、純粋に性能を強化し、なおかつ安定した出力を実現した機体として完成したのが本機なのである。


本機の開発によって得られたノウハウは地球側独自のSPTを開発するための大きな布石となり、ドールが開発され地球側の主力SPTとして最終決戦で活躍している。


立体物

  • レイズナー

放送当時は1/72と1/100スケールキットとしてラインナップ。両スケール共にキャノピーにクリアパーツが採用されている。後にリアルロボットレボリューション(R3)というプラモデルブランドで立体化(1/60スケール)、劇中でのプロポーションとしての立体化は賛否を呼んだ。

  • 強化型

終盤に登場したこともあり、放送当時はガレージキットでの発売となった。後に魂SPECで初の正式商品化、レイズナーとのコンパチ仕様で再現されている。R3で初のプラキット化もなされており、食玩SMPとしてもラインナップされている。


余談

空を自由に飛びたいな♪

青と白の大胆な配色、丸い頭頂部、ネコの髭のようなスリットからカッコいいドラえもんなどと呼ばれることがある。また顔の下半分がガンダム風なのも突っ込んではいけない。


関連イラスト

火星ダイエット改


関連タグ

SPT V-MAX 蒼き流星SPTレイズナー


ダグラム:作品の監督が同じロボットアニメの主役機。「コクピットが頭部にある」「コクピットが透明素材で覆われておりパイロットの直接視認で戦闘を行う」等の共通点がある。なおレイズナーのモチーフがジェット戦闘機であるのに対しダグラムのモチーフは戦闘ヘリ(だと、されている事が多い)。

関連記事

親記事

SPT えすぴーてぃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 658907

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました