ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

精霊戦士スプリガン

せいれいせんしすぷりがん

naxat softより発売されたシューティングゲーム。スプリガンパワードを除き、開発はコンパイル。
目次 [非表示]

精霊戦士スプリガン

1991年:PCエンジンスーパーCD-ROM2でリリース。

2008年7月1日:Wiiバーチャルコンソールで配信中。

2020年3月19日発売予定:PCエンジンmini(全機種)に収録。


魔法と精霊の世界ジュラを舞台に、精霊甲兵スプリガンを操りブライズバラ帝国の野望を阻止するために戦う。

ゲームシステムも「アレスタ」シリーズを踏襲しており、テンポのよいゲームバランスである。ショットのパワーアップも多彩で、精霊球を組み合わせて強力なショットを撃つこともできる。

また、ハドソンキャラバンシューティングのキャラバンモードテイストなチャレンジモードが搭載されていて、本編よりはチャレンジモードで熱くなった方も多いはず。


尚、精霊甲兵スプリガンは「スプリガンマーク2」で、意外なところに登場している。


スプリガンmark2 リ・テラフォームプロジェクト

すぷりがんまーくつー

1992年 PCエンジン スーパーCD-ROM2でリリース。

2009年1月13日からWiiバーチャルコンソールで配信。

2020年3月19日発売のPCエンジンmini(全機種)に収録。


※詳細は該当記事を参照。


スプリガンパワード

1996年 スーパーファミコンでリリース。ナグザット(現:加賀電子)により販売。

こちらも横スクロールシューティング。スーファミ末期の作品のため、出荷数が少ない。


レンダリングされたメカが滑らかに動くのが魅力。

精霊球を取ることでサブウエポンが使える上に、チャージショットで強力な精霊攻撃が発動。

また、独自のシステムに”リスキーテク”ボーナスがあり、当たり判定すれすれで敵の弾を避けることで、ゲームクリア後に回避した回数でボーナスがもらえるというもの。

後の弾幕系シューティングかすり系統のシステムを先取りしている。

難易度は、上記の2作品に比べて高め。


時系列は、1作目「精霊戦士スプリガン」と2作目「スプリガンmark2」の間に位置する外伝的な話。


アーケード用に「超獣機スプリガンパワード」がコンパイルで開発されていたが、未完成。


関連タグ

コンパイル(企業)


 なお『魔導物語ARS』の中の『魔導物語A』に、登場するモンスター「スプリガン」は、造形、「にまんてんかくとく」「せいれいきゅう」の台詞等、本作のパロディとなっている。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1622

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました