ピクシブ百科事典

ゲンブ(シンカリオン)

えーじぇんとげんぶ

ゲンブはアニメ『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』登場人物のひとり。

CV:マックスウェル・パワーズ

概要

 漆黒の新幹線と巨大怪物体を影から操る黒幕のひとり。ビャッコセイリュウと異なり殆どが不良座りの姿勢で観察。黒い仮面と装束に覆われ、己の感情と表情は見えない。右胸にある赤い六角形は心臓に相当する(エージェント達共通のもの シンカリオントークショーより)。
 E5はやぶさのグランクロスでマッドフェリスが撃破された後にビャッコと廃屋の遊園地で傍観していたが、「(人とシンカリオンの)進化のスピードが速くなっている…」と感想を仄めかす。
 雪が珍しかったのか、新たな怪物体フロストツリーを樹氷巨人タイプに創成、撃破後も強化型フロストツリーⅡに創り直すなど防御能力に愛着があるのだろう。一方で知識に偏りがあるビャッコに蒸気機関車の事を説明、「人は古い時代から火を恐れ敬う」からとエネルギーが真逆な怪物体フュリアスフレイムを生み出し「人の心は揺れ動き続け成長する存在」と定義している。

 岩手で攻撃と防御を組み合わせたマイティクラブを創成、撃破された後にセイリュウに向けて「人は何故我々と同様シンカリオンの様なものを創造する道を選んだのか?」知りたいだけらしいが、「体ではなく、知恵と心を成長させる道を選んだ」と自分達の存在に気付き捜索していた出水が答え邂逅したが、目的云々に付いての質問には冷笑に「何れ判る」とはぐらかし黒い粒子を放って撤退している。

 そこかしこに暗躍すると思いきや、白昼堂々無人に近いヒーローショー会場で清掃中のおばちゃんと出会い敵役の役者と間違えられ、人が生み出すゴミに付いても哲学的に自問している。

 プログレスクリーナーの撃破によって確実に実力を付け成長するシンカリオンの姿から、戦う意欲に駆られ自ら戦場に発とうと東京駅に現れ、自ら巨大怪物体化を果たしシンカリオン運転士達と対峙。自分達を『地の底より這い上がりし種族』のエージェントと称し、今までに現れた怪物体とシンカリオンの戦いは全て把握していると言い放ち、それらは自身の強化を行う為の布石らしく、圧倒的な力の差でアキタ達を追い詰めるが、真の目的が『人が今行き着いている科学の先にいる』E5と『未来を切り開く者』のハヤトらしく、グランクロスの直撃を受けても微動打にせず、エネルギー切れで機能停止した彼らを鹵確する前にシンカリオンN700Aのぞみが参戦。防御を上回る攻撃で一時的に撤退、本拠地である洞穴で体を癒すものの、ビャッコに本来の目的と忠告を無視した上で再度東京駅で対決。胸を傷付けられたヵ所に集中攻撃を受けて爆散。この敗北を受けてスザクが表舞台に立つ事となる。




 だが、18話で衣に覆われた姿で生きており、黒い粒子を含んだ治療カプセルで傷を癒しながらブラックシンカリオンに乗り込み、直接対決に赴くセイリュウにN700Aのみに固執する事を避け、強い者は別に居る事も含め忠告、イザに強制撤退された後も尚再度使おうとした為に再び自ら地上へ赴こうとするが、寸前で理解し呼び止められた。これは人の力の源である結束力を解らせようとする苦肉の策でもあった。

 東日本司令室のある鉄博付近で見守り、敗れた後も労いイザが目指した進化ではなく個々の成長と変化を確かめるべくスザクの連携の案を受け入れ、人が物作りをする工業地帯へ戦地を選び、熱海や長野でシンカリオンを見つけた際はビャッコの考えた結束した連携を妨害する策を受け入れた。

 初期設定では猫背の上に陸亀の如く隆起した岩を背中に生やしていた姿だったが、シンプルに削ぎ落とし現在の決定稿に至っている。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲンブ(シンカリオン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16624

コメント