ピクシブ百科事典

カイレン(シンカリオン)

かいれん

カイレンはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』登場人物のひとり。

CV:増田俊樹

概要


 40話終盤に登場した地の底より這い上がりし種族キトラルザスのひとり。トラメソウギョクと同じく10年前に巨大怪物体ファーストエネミーの一体を駆って地上へ侵攻してきた者で、その5年後から適応可能な惑星探しに宇宙へ進出して音信不通となっていたが、トラメの到着に続き本拠地へと戻って来た。白髪に全身を黒のコートでで覆い、左の顔はひび割れている様な状態。目は三白眼な上にハイライトがないため、その表情からは生気が全くと言っていい程感じられない。

 他の2人やエージェント以上に自身の前に立ちはだかる者に容赦は無く、ヒトとは戦う以外に道は無いと言う危険思想の持ち主で、ビャッコが対話の道を拒絶し策を講じて焦らす程である。その彼を種族の古くからある掟に従い右腕を槍状に変化させ処刑し、核の一部を踏み潰す。ソウギョクを伴いトラメと合流後は地上にファーストエネミーの大群をシンカリオンにぶつけて戦力を図り、物量戦術で押す前に全てを抹消後映像でハヤト達の前へと現し、自らの名を告げて退き、イザと数年ぶりに面会する。

 イザとエージェント達が、ほとんど対等な立場で接してきたのとは正反対に、トラメやソウギョクらからは、様付けされて恭しく接されている。しかし、ソウギョクからはビャッコ同様にその虚無的な思惑とタカ派な考え方から悩まされており、表面上は従っているが、忠誠心は皆無であった。

 次々とクレアツルスを送り込み、トラキュレントシャークが強制送還後にシンカリオンの本来の姿を察した様子であるが、イザからは「侮りは恐れを生み、やがては破滅を招く」と忠告された。

 黒幕として扱われるイザだが、あくまでも種族の頂点として君臨しているのはカイレンで、接点や面識も無いアズサからはその存在を某親父キャラに例えている。

 60話に於いて桜島内部でE5はやぶさ500こだまと初交戦。巨大形態は四つ腕の鬼神にも例えられ、4振りの剣で戦い、シャショットの人格消失と回収を目的にわざと敗れ、再度東京駅へと攻めいる為に複数地への攻撃を放つが、超進化研究所側は東京駅中央迎撃システムで誘い込むみ黒い貨物列車を閉じ込めたが、自身はコンテナから放たれた黒い粒子により別形態の姿で現した。この姿はアサシンクリードやらファルシアなどともシンカリオンTwitterで云われている。楔型のビットによる全包囲攻撃や、フィン・ファンネルの如き収束攻撃、防御シールドと多彩な行動をするが、自身の感情を排除している為に人形に近い機械的動きを取った。1度はデュアルグランクロスを浴びルクスヴェテで本来の形態に戻るが、「好き」の感情を侮蔑し、セイリュウの語ったヒトの感情と誰かを守る自論を一蹴する言動に決戦の地へと到着したハヤトの怒りを買い、ブラックシンカリオン紅E5はやぶさMkⅡのダブルグランクロスを浴び撃退される。

 名前の由来はゾイサイトの和名灰簾石の片仮名途中表記。ちなみにゾイサイトと名乗るヒールキャラは「美少女戦士セーラームーン」にも存在する。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

関連記事

親記事

地の底より這い上がりし種族 ちのそこよりはいあがりししゅぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カイレン(シンカリオン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16800

コメント