ピクシブ百科事典

E5はやぶさ

いーふぁいぶはやぶさ

E5はやぶさとは、アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』及びそれ以前にYoutubeにて2015年に公開された『新幹線変形ロボ シンカリオン』に登場するシンカリオンの一体。
目次[非表示]

概要

全長:40m(アニメ版:26.5m)
重量:100t

 新幹線超進化研究所東日本司令室が所有するE5系型新幹線変形ロボ・シンカリオンの一体。車掌型ロボット『シャショット』がナビゲーションを勤めるものの、高い適合率と彼との相性が良くないと手足が満足に動かせないピーキーな機体である。同組織に所属するE6こまちE7かがやきと同時期に建造されていたが、適合する運転士が中々見つからず、地下格納庫の隅で待機状態が続いていた。

 敵性巨大怪物体レイルローダーから研究所のメインスタッフを救うため、指導長の息子ハヤトが偶発的にシャショットと接触して、高い適合率を検知したのが切っ掛けで乗り込む事となり、以後は実質彼の専用機となる。

 パワー、スピードとのバランスを重視し、隼の動きを模した機動力で敵を翻弄、主力武器である『カイサツソード』の刀身を正面に翳し、相手をビーム状の改札機に封じ横一線に切り裂く。必殺技は胸部の連結器を開き、凄まじい直線ビームを放つ『グランクロス』。ハヤトとシャショットとの思いが重なりあう程性能が格段に上昇するが、必要以上の適合率が無ければ武器と技は使えず、素手や蹴りによる格闘戦で行うしか対抗する手立てがない。OP等では背部にウイングスタビライザーが装着され、機動力と移動力をより大きく展開させる事も可能であるものの、現時点では連携や適合させる能力度合いの低さから装備されていない。

 オリジナルと同じ外観だが、偽装と移動用の為に乗客用の座席など内装はされておらず、戦闘服へと変化する粒子が充満している(但し、身に付けられるのは最初に操縦席に乗り込んだ一人だけ。上述を含め、これ等はシンカリオンシリーズ共通である)。

 北海道支部に所属するシンカリオンH5はやぶさは極地戦仕様の同型機である。

玩具について

 2015年度版、そして2017年末に発売された『デラックスシンカリオンシリーズ』ともにシリーズ開始当初からラインナップされている。

 いずれの商品にもカイサツソードとウイングが付属しており、中間車両にに格納可能。旧玩具ではこれらの武器がグレーで単色成型されていたが、2017年末に発売された『デラックスシンカリオンシリーズ』版ではラメの入ったピンクのクリアパーツで成型され、ウイングの基部はE5はやぶさの本体色であるメタリックグリーンで塗装され、見栄えが良くなった。

 ちなみに旧版の初期製造分は各部のジョイントが緩く、新幹線モードで遊んでいると腕や脚のロックがひとりでに解除されてしまう不具合があったが、2次生産分ではこれらの欠陥は解消されている。

 一方、『デラックスシンカリオンシリーズ』はアニメ版に向けたリニューアルにより、CGと比較しても遜色のないほどにプロポーションが向上。頭部や膝にも可動箇所が追加されポーズを決めやすくなり、第一車両の前連結部がなくなった代わりに胸部の開閉で『グランクロス』のモールドとギミックを完全再現できるようになったが、股関節は不可動のままとなっている。

関連タグ

新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION シンカリオン E5系
速杉ハヤト シャショット

参考文献

公式ホームページ
シンカリオンアプリ『おしえて!シャショット』

pixivに投稿された作品 pixivで「E5はやぶさ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5104

コメント