ピクシブ百科事典

グランクロス

ぐらんくろす

グランクロスはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』に登場する兵装。

概要

 シンカリオン E5はやぶさの胸部に内蔵される兵装。超進化マスコン シンカギアのレバーを最大限に引き上げてからエネルギーを溜め込みチャージし、一気に下げる事で発動する。キントキ曰く「只のビーム砲ではなく微量の粒子が含まれている」。2話での対マッドフェリス戦で初使用。練習しなければ命中も不可能な代物だったが、ぶっつけ本番でハヤトは見事にものにする。以降は対巨大怪物体戦の切り札として難局を切り開いていくが、通常の戦闘でも3発が限度で分厚い装甲を持った怪物体も次々現れた事により、リンク合体では2体分のエネルギー波を、クロス合体では超グランクロスやウルトラグランクロスとバージョンアップを果たした。


 新幹線超進化研究所西日本指令室が開発した三機の『シンカリオン700シリーズ』に、E5の運用データを基にしてこの機能をコンパクトに纏めたモノを採用。シンカリオントリニティーの胸部、左右の腕に備え、3門同時に放つトリニティーストライクを放つ。劇中には登場しないが、他の変形パターンでも行使可能。地の底より這い上がりし種族キトラルザスが所有するブラックシンカリオンにも『デスクランクロス』を搭載されており、威力はオリジナルを上回る。バーサーカーモードには上位の『ヘルグランクロス』へ強化され、辺り一面を焦土と化す威力を持つ。偶発的にシャショットと融合してブラックシンカリオン紅に進化しても名称はそのままだが、威力はヘルグランクロスを大幅に上回る。状態維持ではなく、シャショットが居なくてもセイリュウの感情の起伏から一時的に変化する。E5はやぶさMkⅡには2連装の砲門を備えられたデュアルグランクロスが内蔵され、倍以上の威力を誇る。他の2両合体型シンカリオンとのオーバークロス合体では新幹線と交わる駅名を冠した名称になる。例外はブラックシンカリオン紅又は923ドクターイエローとオーバークロス合体時で、名称は各々『オーバーグランクロス』と『トリプルグランクロス』となる。

 『劇場版』で登場するALFA-Xは、これ迄の技術を取り入れた次世代型と云うのもあり、胸部にエックスグランクロスを装備する。

 数年後には改良を施した後継機シンカリオンZ_E5はやぶさがロールアウトされ、支援機E235ヤマノテZ合体したE5ヤマノテは山手線の姿をした光弾の塊『Zグランクロス』を放つが、操作方法は今迄と異なりZギアのタッチパネルを指先で操作させる。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

関連記事

親記事

E5はやぶさ いーふぁいぶはやぶさ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グランクロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 595

コメント