ピクシブ百科事典

小田原キントキ

おだわらきんとき

小田原キントキはアニメ『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』登場人物のひとり。

CV:北沢洋

概要

 新幹線超進化研究所東日本指令室に所属する整備士のひとり。主要スタッフの中で最年長かつ最古参の老人で、ヒビキシノブよりも背が低く一番の小柄。知識と経験の腕をホクトと出水に買われて招かれた過去を持つ。シンカリオンが内蔵する超進化速度に到達させる小型モーターの制作にも携わっている。
 傍目から見れば口が悪くて頑固者で、イチゴ鼻の悪人面だが鉄道機械関連の知識は殆ど網羅しているものの、現在は山口ナガト達に整備全般を任せ、自身は戦闘で破損、交換し集めた大量の屑鉄パーツが積まれた専用の一室で磨く作業のみ従事する。本庄ら若いオペレーター陣でも出会えば叱られるらしい。
 鹵確したレイルローダーが再生し付近にいた為に逃げ惑い、E5で撃退後は試運転を終えたハヤトを労っている。
 9話で超進化研究所の職員全員で親睦を深める目的で岩手の温泉旅行へ同行。ナガトら整備班と焼き鳥を摘まんで宴会していが、隅で寝て居た為に行動は不明のまま。

 OP前期にも1カット登場しているが、シンカリオン運転士達とは未だに深く関わっていなかった。しかし、11話に於いて戦闘でイカれたギアの磨り減り具合やサスペンションの傷を見ただけで彼らの癖を見抜いている。アキタはフミキリガンに頼りすぎて銃身を駄目にする奴、ツラヌキを操縦が雑で駆動系をパワーばかりに頼る、ハヤトを毎回の戦闘でE5のボディをボロ雑巾にすると正鵠を突いた。自身の操縦を高める為に作業場へ赴き事情を説明されて彼から出されたのはジャンクパーツを全部磨きあげる事だった。

 単純作業だけで根をあげて去る二人を他所に黙々と作業を続けるハヤトの姿に若い頃のホクト出水を重ね、磨きあげたパーツも丁寧だったのもあり、その頃の昔話を語り、長年の経験と勘を頼りにジャンクパーツの使える部分を取り出す技も見せ、見方を変えればまだ使えるものもあるとも述べた。

 怪物体プログレスクリーナーの特性は解ったものの、特殊攻撃になす術が無いハヤトはキントキに助力を頼み込む。指令室に連れてこられた上で先刻言った台詞で返された事で承諾。サーモグラフィーや解析図を見ず、既に吸い上げられたシャリンドリルの残骸とグランクロスのエネルギー粒子を混ぜ合わせたモノを許容量を超えさせての内部破壊を提示。途中E3の助太刀もあり此を撃破。帰投後「老いぼれにもまだ使い道がある」と言って世代を越えた繋がりを感じさせた様である。

 24話では極小怪物体のデヴィリッシュ・セルラーが研究所内に侵入した一報を整備班と共に聞きつけ、ナガトの後頭部に乗って自作のバルカン砲を両手に構え(実弾ではなく粘着性の弾と推測する)、逃げる怪物体をツラヌキとマジックハンドで捕らえようとした。ハヤトの策に乗じて携帯入力にも参加しているが、アナログと言えるガラケーではなくスマホで対応していた。

 25話では西日本(京都)司令室へ赴き、500こだまクロス合体に於ける最終調整を指揮しているが、ホクトに大人が乗れても適合率の低下の危険性が孕むのを含んだ忠告混じりのアドバイスも送っている。その際にホクトが発した「目先の事よりも大局を見ろ!」の台詞でチクマの事を「懐かしい」と思い出している。

 26話では500こだまの出動後に京都支部から大宮まで急ぎ出戻りし、ブラックシンカリオンを地下実験場へ誘い出す際に崩れたトンネルから出た瓦礫の撤去作業の陣頭指揮を執っている。E5×500が放った超グランクロスの出力が足りず危機に瀕した際は超進化電動貨車に専用ケーブルを繋ぐ作業を手伝い、撤退後は自室に戻り、チクマが遺したシンカリオンを完璧に修復させる趣旨をホクトに伝えている。

 29話では運転士達のリフレッシュも兼ねて超進化研究所スタッフや整備員らと共に海水浴へ熱海に赴いており、ナガトに振り回され、一緒になって鉄板で焼きそばを炒めていた。

 名前の由来は、苗字は神奈川県小田原駅、名前は小田急電鉄がかつて新宿駅-箱根湯本駅間を結ぶ特急列車で使用していた列車名きんときからと思われる。


関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

新幹線超進化研究所

ロウ・ギュール…気が合いそうなジャンク屋

pixivに投稿された作品 pixivで「小田原キントキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20689

コメント