ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

E5系

いーふぁいぶけいまたはいーごけい

JR東日本が設計・所有し、東北新幹線及び北海道新幹線で運用されている車両。
目次 [非表示]

21世紀の夢の超特急をカタチにしたら、こうなりました。

概要編集

JR東日本が設計・所有し、東北新幹線及び北海道新幹線で運用されている車両。

2009年6月に量産先行車となる「S11編成」が登場、各種試験をした後に、2010年末より量産が開始。

2011年3月5日から東京駅新青森駅間の最速列車「はやぶさ」で営業運転を開始した。運転開始当初は3編成で、東京駅新青森駅間が2往復、東京駅仙台駅間が1往復の運用だった。

現在は、北海道新幹線新函館北斗駅まで運行区間を伸ばした他、はやぶさ以外の列車にも使用されている。(後述)

また、2016年にJR北海道がE5系の同形車H5系を導入している。

E5系[リメイク]青函トンネル!


ちなみにS11編成は、登場時ロゴマークが付いていなかった。各種試験を行った後、2013年2月28日付で量産化改造され、U1編成に改番された。

U28編成からは、連結面の全周幌が全てゴム製のものに変更された。(H5系と同じ仕様)


開発に当たっては先行して開発された試験電車・E954形FASTECH 360 S」で得られた各種データが活用されている。

先頭車両は騒音低減のため、E954形8号車で試験された「アローライン」をベースとした「ダブルカスプ」の形状を採用。ノーズ長は500系と同じ15m(E954形では16m長だったが1m短縮。ちなみに短縮された理由としては、最高速度の引き下げに伴う機器スペース削減によるという説が唱えられている)であるが、500系と違い複雑な形状なため客室スペースは少なくなっている。ライトは先頭部両脇に設置していたE954形と異なり、E2系と同じくフロントガラス上部に集中設置された。


塗装は、上部が「常磐グリーン」、下部が「飛雲ホワイト」で、間にE2系J編成から受け継ぐ「はやてピンク」と、いままでの車両と違うデザインとなった。

1号車と10号車に、鳥の「ハヤブサ」をイメージしたロゴマークが付く。

E5系新幹線はやぶさ(ロゴ)


10両編成で、9号車にグリーン車、10号車に国内初採用となる航空機ファーストクラスに該当する上位座席「グランクラス」が連結されている。

電源コンセントは、グランクラスとグリーン車の全席、普通車の窓側座席・客室端部に設置(2015年度増備分のU29編成からは、普通車も全席にコンセントが設置された)。また、乗り心地向上のための「フルアクティブサスペンション」や車体傾斜装置も全車両に導入。

更に騒音低減と乗り心地向上を目的として、車体連結部分には全周幌(支持方式はU27編成までは片持ち支持方式・U28編成以後は車両端に設置した互いの全周幌を突き合わせる方式)と車体間ダンパーが採用されている。

パンタグラフはシングルアーム式が1編成辺り2基搭載されているが、更なる騒音低減のため普段は1基のみ使用する。型式としてはE954形で試験された「くの字主枠」と「1本主枠」の2種のもののうち、「くの字主枠」のものをベースとして開発されたPS208型を採用しており、普段はパンタグラフ1基のみの使用となることから離線可能性減少のため12分割された多分割すり板を採用するとともに、スプリングを内蔵することでより追従性を向上させている。

2012年5月29日、鉄道友の会より第55回ブルーリボン賞を受賞した。

U28編成のみ、検測機能を搭載イーストアイの代走として上越新幹線を走行して検測することもある。


最高速度編集

最高速度はデビュー当初300km/hだったが、2013年3月16日から320km/hに引き上げられた。(宇都宮駅盛岡駅間)

大宮駅宇都宮駅間の最高速度も、従前の240km/hを上回る275km/hで運転する。なお、盛岡駅以遠は整備新幹線区間のため、最高速度は線路規格の関係上260km/hに留まる。(貨物列車も走る青函トンネル区間を除く)

現時点で、連結運転を行うこまちと共に国内最速営業運転を行う車両である。

なお、盛岡以遠についてはスピードアップの計画がある。

なお、320km/h運転するのははやぶさのみで、それ以外は275km/hで運転される。


使用列車編集


センシティブな作品E5系はやぶさE6系こまち

デビュー当初ははやぶさ専用車両として使用されていたが、2013年より他の東北新幹線の列車にも使用されるようになった。なお、はやぶさ以外の一部列車ではグランクラスは非営業。

  • 2024年3月15日より、つばさと連結するやまびこにも充当されるようになり、翌16日からはE8系とも連結開始。

お盆の新幹線


E5系に相応しい列車名の公募編集

新列車愛称については、E5系を使用する最速列車として公募され、2010年5月11日に「はやぶさ」とすることが発表された。

なお、「はやぶさ」は7位であったが、「新型高速新幹線車両にふさわしく、わかりやすい」という理由で決定。ちなみに、1位ははつかりだった。


ちなみに、E5系の塗装がVOCALOID初音ミクに似ているということから、愛称募集2位に「はつね」がランクイン。その「はつね」だが、後に(同形のH5系とだが)、本当にコラボしてしまった

東北新幹線E5系「はやぶさ」とおまけ


今後の予定編集

当初、2015年度までに59編成を投入し、東北新幹線ではE3系E6系を除く列車をすべて置き換える計画であったが、東日本大震災の影響で設備投資が優先され、E5系の新造が遅れた結果、2015年の時点で28編成しか製造されていなかった。

2023年10月3日現在、51編成が在籍する。


また、海外への輸出計画があり、2023年開業のインド高速鉄道に25編成が投入される予定。⇒計画が遅れており、まだ開業していない(2024年3月現在)。2026年に部分開業を目指しているとの報道もある


その他編集

E5系は、試験車両E954形ファステックを元に製造された。

塗装などはファステックをベースにアレンジしたものになっている。

猫耳と呼ばれ話題になった空力ブレーキは、効力や重量の観点から採用を見送られた。

当初は最高速度360km/h新幹線を目指していたが、安全面などから320km/hに引き下げられた。

360km/h運転は後継車両での採用を目指し、試験車両E956形ALFA-Xが製造され各種試験を行っている。


新幹線変形ロボ_シンカリオン編集

Supernova Express SHINKALION!放て グランクロス

ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社によって立ち上げられたプロジェクト「シンカリオン」の第一弾として、E5系が選ばれた。

同作品のアニメでは、E5はやぶさが主人公速杉ハヤトが搭乗する主役機として活躍。適合率と呼ばれる数値が高くないと動かせない、シャショットと呼ばれるナビゲーションロボットがいる等、特別な機体として扱われていた。

また、物語後半にはE5はやぶさMkⅡとしてバージョンアップした2機目の車両も登場した。

続編となるシンカリオンZでは、シンカリオンZ_E5はやぶさとして改良された機体(※前述のE5はやぶさ機体と同一か別個体かは不明)が登場し、新機能としてZ合体と呼ばれる在来線車両との合体機能を搭載。E235系山手線と合体したE5ヤマノテなどが登場した。


2024年4月から放送予定のシンカリオン_チェンジ_ザ_ワールドにも登場予定。こちらは大型トレーラーと合体することでトレーラーフォームへとパワーアップする。


【Z合体】シンカリオンZ E5ヤマノテシンカリオンZ E5ヤマノテ


関連動画編集

デビューCM

関連イラスト編集

E5系 はやぶさジャンジャカジャーン


関連タグ編集

JR東日本 新幹線 東北新幹線

200系 E2系 E3系 E6系 H5系 ファステック/fastech

はやぶさ(列車) はやて(列車名) はつね はつかり

TGV:2020年現在、日本のE5系・H5系・E6系と並ぶ世界2位の最高運転速度を誇るフランス高速鉄道(及びその車両)。

復興号:2019年より世界最速である350km/hで運転している中国の列車。

関連記事

親記事

E5系・H5系 いーふぁいぶけいえいちふぁいぶけい

子記事

兄弟記事

  • H5系 えいちふぁいぶけいまたはえいちごけい

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454018

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました