ピクシブ百科事典

アトラスガンダム

あとらすがんだむ

漫画作品「機動戦士ガンダムサンダーボルト」に登場するモビルスーツ。同作初の完全オリジナルモビルスーツであり、登場は一年戦争後の情勢を描く第二部からとなる。
目次[非表示]

概要

一年戦争後に開発された地球連邦軍のガンダムタイプモビルスーツ。型式番号RX-78AL。
その名はギリシャ神話の神「アトラス」に由来する。
パイロットはイオ・フレミング。

機体そのものはスリムなシルエットを成しているが、地上での運用に特化した構成を持ち、特に水中戦闘も可能な「水陸両用モビルスーツ」として開発されている。
それを端的に表すように、四肢にはジオン軍の水陸両用モビルスーツを参考に開発された多重構造型球体関節を採用。加えて脚部にウォータージェットを装備している事もあって水中での機動力はジオン軍のズゴックグラブロにも引けを取らない。
また、人間の脊椎に相当する部位を有するなど、その機体構造は既存のジムとも大きく異なる物となっており、これによって同時期の連邦系モビルスーツと比較して広い関節可動範囲を持つ。
なおコックピットブロックは全天周モニターを採用し、ボールの設計を流用した脱出機構を有しており、これは後のイジェクション・ポッドにも繋がる機構である。
一方で専用に開発された兵装類は水中戦を想定した独自の構成を成しており、中には試作の域を出ていない装備も多い。

一年戦争後、連邦軍は各地で民族主義が再び過熱化する中で地球連邦からの独立を目論む南洋同盟が過去にサンダーボルト宙域で猛威を振るったサイコ・ザク、その重要部位ともいえる「リユース・P・デバイス」の開発・実験を行っていたジオン科学アカデミーの研究者の一人J・J・セクストンを囲いこんでいる事を突き止め、南洋同盟がサイコ・ザクを再建しこれを投入する前にリユース・P・デバイスのデータを接収あるいは破壊するべく「サンダーボルト作戦」を敢行。南洋同盟が万が一リユース・P・デバイス搭載機を完成させてしまった際のへの対抗手段として、本機は投入された。

装備

サブレッグ

腰部に装着する重力下飛行用ブースターユニット。
サブレッグと機体本体とはアームを介して接続されており、スキー板のように脚部に装着する事も可能。これによって、アトラスガンダムに過剰とも言える推力を与えている。
サブレッグには更に大型シールドや武装コンテナを外装可能であり、これらを装備したアトラスガンダムは、シンプルな機体シルエットを歪めた異形の機体として完成する。

ブレードシールド

サブレッグに装着される大型シールド。その名の通り、表面に複数のブレードを備えている。
防御兵装としては高い耐熱性を発揮し、モビルアーマークラスの大出力ビームの照射にも短時間ではあるが耐えうる事が可能。
水中活動時にはシールドの上に寝そべるように乗り込み移動する。

ビーム・サーベル

肩部に内蔵されている近接格闘用ビーム兵装。
その出力はフルアーマーガンダムのそれにも比肩し、コムサイを一刀両断するだけの切断能力を発揮する。
水中戦で推進機関が損傷した場合は二基同時に使用することで非常用推力とする事も想定しているが、推進時間はサーベルのエネルギー量に依存する為、片方のサーベルのエネルギーが空になった場合、移動時のバランスが大きく崩れる事になる。

レールガン

アトラスガンダム専用に開発されたレールガン。三本の給電レールによって弾体の誘導・加速を行う。アトラスガンダムの目玉武装の1つであり、長距離からの砲撃を可能とした上にズゴックなどの比較的装甲の厚いMSですら被弾した瞬間に吹き飛ばす程の大火力を持つ。

水中では給電レールからエネルギーが放電してしまう事から攻撃としての使用はできないが、放電時に発せられる電磁パルスを利用する事で実体弾に対する一種の電磁バリアとしても使用される。
但し効力は一時的であり、戦艦級の主砲やメガ粒子砲は流石に防御不可能であるが、そもそも水中でこれほどの火力を持つ機体が少ない為さして問題にはされていない。

アサルトライフル

レールガンと同じく専用に用意されたアサルトライフル。
主にレールガンのサイドアームとして使用されるが、水中戦ではレールガンは電磁バリアとして用いられる事からこちらがメインアームとなる。
非使用時はサブレッグに懸架された専用コンテナに格納される。

ビーム・ライフル

水中でも充分な威力を発揮する携行型メガ粒子砲。
アンダーバレルにビーム・サーベルが装着されており、格闘戦にも即時対応が可能。

関連項目

機動戦士ガンダムサンダーボルト ガンダム 宇宙世紀
イオ・フレミング ダリル・ローレンツ
フルアーマーガンダム サイコ・ザク

カスケード・レインジ

pixivに投稿された作品 pixivで「アトラスガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24968

コメント