ピクシブ百科事典

エルガイムMk-Ⅱ

えるがいむまーくつー

エルガイムMK-IIとは、アニメ「重戦機エルガイム」の後期主人公機となったA級ヘビーメタル。
目次[非表示]

概要

主人公ダバ・マイロードの新たな愛機にして、ポセイダル軍の用いるガストガル系HMと、反乱軍のヤーマン系HMの技術を融合させた、ハイブリッド型新世代HMである。

成り立ち

ベースになったのは、ポセイダル軍の試作HMアモンデュール・スタックである。
スタックは量産型エルガイムのディザードをベースとしてヤーマン系の技術を取り入れ、過去に例のない変形機能まで実現させた意欲作だった。
だがスパイラルフローがないなど結局中途半端な模倣に終わったために、ポテンシャルは高いもののバランスを欠いた機体として、ポセイダル軍からは酷評された(ヘッドライナーに見る目がなかったというのもある)。

ミラウー・キャオはスタックを開発した技術者、メッシュ・メーカーに目をつけて反乱軍へスカウトする。
同時にダバ一行が基地を襲撃し、頭部を失いながらもスタックを強奪した。

反乱軍入りしたメッシュは早速機体の大改造に着手。
失われた頭部にキャオがどこかから掘り出してきたA級HMブラッドテンプルNo.3の頭部を接続し、スパイラルフローシステムを組み込み、ついでにエルガイムの部品も何点か奪って組み込むなどして、中途半端に終わっていたヤーマン系の技術を本格的に取り入れた。

その結果、ヤーマンとポセイダルの技術を完全に融合させた新世代のHM、新たなエルガイムが誕生したのである。

このように、MK-2はエルガイムの名を冠しているが直接的なカスタム機や後継機種ではなく、そのベースは両方ともエルガイムとは全くの別機体であるという珍しいパターンの機体である。

スペック

専用のスパイラルフロービュイ」を胸部のコックピット内にドッキングさせる。コックピットはエルガイムで実現できなかった完全な360°スクリーンを搭載している。
ビュイアーメスに転用できるが、フリッカには互換性がないためMk-IIは使用できない。
スタックから受け継いだ変形機構でランドブースタープローラー形態に変形可能。
エルガイムMK-Iとドッキングすることで最大の戦闘力を得られるという。
なおプローラー形態でも腕・セイバーは使用可能で、HM形態と最高速度は変わらないらしい。
通常の倍、6穴の接続チャンネルを持つほど出力も高く、最良の状態ではバスターランチャー6連射可能。
両肩のバインダーも合わせれば12本ものパワーランチャーを同時接続できるという。
別名「グレイオン」。ファティマティータを搭載する。

活躍

その実力はA級HMを通り越してオリジナルHMの域に達しており、ヘッドライナーのダバ・マイロードと共に反乱軍のシンボルとなった。
(肩の装甲裏に「カモンマイロード、ペンタゴナキングス」と彫られている)。
ポセイダル軍のA級HMを圧倒しマフ・マクトミンアトールⅤなどの強敵も見事撃破した。
最終回ではポセイダルのオリジナルオージェ(オージ)によって腕や首を撥ねられ、
あわやという所でギャブレーのバッシュ(漫画ではアトール)に助けられ、最後の決着を初代エルガイムに託した。

余談

  • 別設定では、グレイオンのヘッドライナーはガウ・ハ・レッシィエルガイムMK-Ⅲのヘッドライナーはネイ・モー・ハンとされている。
  • イラストなどではジュノーン対パトラクシェの構図にするためかよくそのままオージに破壊され、アーメスの前座扱いされてしまうことも。
  • 後半のオープニング・ソング「風のノー・リプライ」では歌詞に「マーク2」と出てくる。
  • 「ファティマはなかったことになってる」等とされることもあるが、毎回(後半の)オープニングでティータが存在をアピールしているので無理だろう。単に「FSSのように表に出てくることが無い」ということである(というか本編中でもMkⅡの頭部で人型のシルエットが動くカットが存在する)。


装備

バスターランチャー(最大二門)
パワーランチャー(最大十二門)
ハンドランチャー
セイバー
ランサー
Sマイン
バインダー(最大二枚)
プラネットボンバー・ユニット

表記ゆれ

エルガイムMK-2 「Ⅱ」は機種依存文字なのであまり良くない

pixivに投稿された作品 pixivで「エルガイムMk-Ⅱ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15662

コメント