ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
「真ゲッター3」とは、真ゲッターロボの海中用形態である。

チェンジ!ゲッタァァァ スリィィィィ!!

大雪山 おろしぃぃぃ!!

ミサイル ストォォムッ!!


概要

概要

早乙女博士が開発した『最強最後のゲッターロボ』、真ゲッターロボの海中用形態。

この真ゲッター3、なんと漫画版『ゲッターロボ號』では一切登場するは事は無く、「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品、第4次スーパーロボット大戦の為に、石川賢氏により書き下ろしでデザインされた機体である。(いわゆるオリジナル設定)


その為か、作品によっては見た目が結構変わる機体である。

原作漫画版設定で『スーパーロボット大戦』シリーズに出た場合には、を基調としたカラーリングになっている。

一般的にイメージしやすいのは世界最後の日における、ゲッター3っぽい色いカラーリングであろう(メイン画像参照)。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』では、頭以外はゲッター1と同じような基調の配色になっている。


下半身がキャタピラというデザインが、ゲッター3に相応しい重厚感を漂わせている。と、いうかゲッター3とゲッターポセイドンを折衷したようなものでキャタピラユニットと別に車輪が付いた脚がある。その為、正面から見るとキャタピラユニットに座った様に見える。


真ゲッターロボ』の記事も参照。


機体構成

機体構成


デザインの違い

デザインの違い

前述の通り、作品によって大幅に異なる。

原作(サーガ)版

  • 黄色部分が青・水色となっている。
  • 胸部がクジラの顔の様な造形になっている。
  • 下半身が赤色を主体にしている。
  • 他の作品と比較して、腕も太く下半身の形状も異なる。

世界最後の日(チェンゲ)版

  • 全体的に黄色い配色。
  • 差し色は青。
  • 常時、瞳が浮かんでいる。
  • 下半身は蜘蛛のお腹の様な形状で大きい。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

  • 顔だけが黄色い。
  • ゲットマシンの色の変化は真ゲッター1のそれ。
  • 顔の印象も人相の悪そうな他二作に比べて異なる。
  • 下半身のデザインも異なる。

スペック

スペック

全長30m
重量290t
動力ゲッター炉心
エネルギーゲッター線
出力
飛行速度亜光速
装甲素材ゲッター合金
別形態真ゲッター1 真ゲッター2
開発者早乙女博士
乗員人数3名
主なパイロット車弁慶 大道剴

主力武器

主力武器

相手を拳で叩きつける。一撃で粉砕する程の力がある。


肩部にある二連装ミサイルを発射する。


巨大な下半身の後部を展開し、大量のミサイルを斉射する。敵群の掃討や内部からの爆破にて真価を発揮する。


伸びる腕(デザインは初代ゲッター3と共通)で相手に巻きつけ締め上げた後に、上空高くに放り投げ相手を地面に叩きつける必殺技。


活躍

活躍

ゲッターロボサーガ版

早乙女博士が百鬼帝国壊滅後に開発したゲッターロボ』の登場。この形態でブライ大帝を握りつぶしている。

変形はしなかったが、『ゲッターロボ號』の最終決戦では竜馬が真・ベアー号に乗り込んでいたので竜馬がこの形態のメインパイロットという事になる。


世界最後の日版

真ドラゴン防衛のために開発されたゲッターロボ』としての登場。第1部では登場せず、第2部のメタルビースト・バロゾフ戦でようやくその姿を現した。メインパイロットは凱、後に車弁慶。凱と共に初陣を飾り、弁慶操縦時は大雪山おろしを使用。


物語後半。真ドラゴン内部で真ゲッター2に対抗すべく、メタルビースト・ドラゴンからメタルビースト・ライガーにチェンジした早乙女博士率いる初代ゲッターチームに対し、戦闘チーム(竜馬・隼人・弁慶)は真ゲッター3で対抗。ライガーのドリルを力ずくで止めて捕らえた状態から、弁慶は巴武蔵直伝の「大雪山おろし」を繰り出す。これに対し、ライガーはメタルビースト・ポセイドンにゲッターチェンジ。ゲッターサイクロンで吹き飛ばされた真ゲッター3に追撃のストロングミサイルが放たれるもミサイルストームでストロングミサイルを撃ち落とされてしまう。この後、両チームは真ゲッター1とMBドラゴンの戦闘を経て、真ゲッター3とポセイドンの2戦目に突入するが戦闘チームの真の狙いは『初代ゲッターチームが合体にかかる時間』を確かめる為であった。


真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ版

メインパイロットは大道剴。最終回に登場し、メカザウルス・ゲラと交戦した際に真ゲッター3へ変形。初の水中戦に挑む。外装は弱かったもののその体内で成長していた巨大クラゲのエネルギー吸収能力と電撃に苦しめられる。だが、翔によってミサイルに対して細胞分裂が追い付いていない事を見抜かれたため、クラゲの体内に突っ込み内部で全ミサイルを撃ち放つことで撃破成功。メカザウルス・ゲラを撃破した。

尚、大雪山おろしとは縁がなく、スパロボオリジナル展開で習得することもない。


ゲッターロボアーク版

物語の都合上、出番が無い。


余談

余談

  • 作品的な都合もあり、チェンゲ版以外ではほとんど出番が無い。(ネオゲは他機体と比べるとまだ長い方だが。)
  • 作品によって、デザインやディティールが大幅に異なる形態。
  • チェンゲ版が知名度や人気度が高い。pixiv内ではほとんどがチェンゲ版である。サーガ版、ネオゲ版も随時イラスト募集中。

関連タグ

関連タグ

ゲッターロボサーガ ゲッターロボ 真ゲッターロボ ゲッターロボアーク

ゲッターロボ號 早乙女研究所 ゲッター線


真ゲッター1真ゲッター2:他形態。


ゲッター3巴武蔵の搭乗形態。

ゲッターポセイドン車弁慶が駆るゲッター3のポジション。

ゲッター剴:パイロットは大道剴。同ポジション。

ネオゲッター3:同ポジション。ネオゲ版の前半主役機。


メタルビースト・ドラゴン 真ドラゴン 真ライガー


ゲッターエンペラー

チェンジ!ゲッタァァァ スリィィィィ!!

大雪山 おろしぃぃぃ!!

ミサイル ストォォムッ!!


概要

概要

早乙女博士が開発した『最強最後のゲッターロボ』、真ゲッターロボの海中用形態。

この真ゲッター3、なんと漫画版『ゲッターロボ號』では一切登場するは事は無く、「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品、第4次スーパーロボット大戦の為に、石川賢氏により書き下ろしでデザインされた機体である。(いわゆるオリジナル設定)


その為か、作品によっては見た目が結構変わる機体である。

原作漫画版設定で『スーパーロボット大戦』シリーズに出た場合には、を基調としたカラーリングになっている。

一般的にイメージしやすいのは世界最後の日における、ゲッター3っぽい色いカラーリングであろう(メイン画像参照)。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』では、頭以外はゲッター1と同じような基調の配色になっている。


下半身がキャタピラというデザインが、ゲッター3に相応しい重厚感を漂わせている。と、いうかゲッター3とゲッターポセイドンを折衷したようなものでキャタピラユニットと別に車輪が付いた脚がある。その為、正面から見るとキャタピラユニットに座った様に見える。


真ゲッターロボ』の記事も参照。


機体構成

機体構成


デザインの違い

デザインの違い

前述の通り、作品によって大幅に異なる。

原作(サーガ)版

  • 黄色部分が青・水色となっている。
  • 胸部がクジラの顔の様な造形になっている。
  • 下半身が赤色を主体にしている。
  • 他の作品と比較して、腕も太く下半身の形状も異なる。

世界最後の日(チェンゲ)版

  • 全体的に黄色い配色。
  • 差し色は青。
  • 常時、瞳が浮かんでいる。
  • 下半身は蜘蛛のお腹の様な形状で大きい。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

  • 顔だけが黄色い。
  • ゲットマシンの色の変化は真ゲッター1のそれ。
  • 顔の印象も人相の悪そうな他二作に比べて異なる。
  • 下半身のデザインも異なる。

スペック

スペック

全長30m
重量290t
動力ゲッター炉心
エネルギーゲッター線
出力
飛行速度亜光速
装甲素材ゲッター合金
別形態真ゲッター1 真ゲッター2
開発者早乙女博士
乗員人数3名
主なパイロット車弁慶 大道剴

主力武器

主力武器

相手を拳で叩きつける。一撃で粉砕する程の力がある。


肩部にある二連装ミサイルを発射する。


巨大な下半身の後部を展開し、大量のミサイルを斉射する。敵群の掃討や内部からの爆破にて真価を発揮する。


伸びる腕(デザインは初代ゲッター3と共通)で相手に巻きつけ締め上げた後に、上空高くに放り投げ相手を地面に叩きつける必殺技。


活躍

活躍

ゲッターロボサーガ版

早乙女博士が百鬼帝国壊滅後に開発したゲッターロボ』の登場。この形態でブライ大帝を握りつぶしている。

変形はしなかったが、『ゲッターロボ號』の最終決戦では竜馬が真・ベアー号に乗り込んでいたので竜馬がこの形態のメインパイロットという事になる。


世界最後の日版

真ドラゴン防衛のために開発されたゲッターロボ』としての登場。第1部では登場せず、第2部のメタルビースト・バロゾフ戦でようやくその姿を現した。メインパイロットは凱、後に車弁慶。凱と共に初陣を飾り、弁慶操縦時は大雪山おろしを使用。


物語後半。真ドラゴン内部で真ゲッター2に対抗すべく、メタルビースト・ドラゴンからメタルビースト・ライガーにチェンジした早乙女博士率いる初代ゲッターチームに対し、戦闘チーム(竜馬・隼人・弁慶)は真ゲッター3で対抗。ライガーのドリルを力ずくで止めて捕らえた状態から、弁慶は巴武蔵直伝の「大雪山おろし」を繰り出す。これに対し、ライガーはメタルビースト・ポセイドンにゲッターチェンジ。ゲッターサイクロンで吹き飛ばされた真ゲッター3に追撃のストロングミサイルが放たれるもミサイルストームでストロングミサイルを撃ち落とされてしまう。この後、両チームは真ゲッター1とMBドラゴンの戦闘を経て、真ゲッター3とポセイドンの2戦目に突入するが戦闘チームの真の狙いは『初代ゲッターチームが合体にかかる時間』を確かめる為であった。


真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ版

メインパイロットは大道剴。最終回に登場し、メカザウルス・ゲラと交戦した際に真ゲッター3へ変形。初の水中戦に挑む。外装は弱かったもののその体内で成長していた巨大クラゲのエネルギー吸収能力と電撃に苦しめられる。だが、翔によってミサイルに対して細胞分裂が追い付いていない事を見抜かれたため、クラゲの体内に突っ込み内部で全ミサイルを撃ち放つことで撃破成功。メカザウルス・ゲラを撃破した。

尚、大雪山おろしとは縁がなく、スパロボオリジナル展開で習得することもない。


ゲッターロボアーク版

物語の都合上、出番が無い。


余談

余談

  • 作品的な都合もあり、チェンゲ版以外ではほとんど出番が無い。(ネオゲは他機体と比べるとまだ長い方だが。)
  • 作品によって、デザインやディティールが大幅に異なる形態。
  • チェンゲ版が知名度や人気度が高い。pixiv内ではほとんどがチェンゲ版である。サーガ版、ネオゲ版も随時イラスト募集中。

関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

真ゲッター3
6
真ゲッター3
6
「真ゲッター3」とは、真ゲッターロボの海中用形態である。

チェンジ!ゲッタァァァ スリィィィィ!!

大雪山 おろしぃぃぃ!!

ミサイル ストォォムッ!!


概要

概要

早乙女博士が開発した『最強最後のゲッターロボ』、真ゲッターロボの海中用形態。

この真ゲッター3、なんと漫画版『ゲッターロボ號』では一切登場するは事は無く、「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品、第4次スーパーロボット大戦の為に、石川賢氏により書き下ろしでデザインされた機体である。(いわゆるオリジナル設定)


その為か、作品によっては見た目が結構変わる機体である。

原作漫画版設定で『スーパーロボット大戦』シリーズに出た場合には、を基調としたカラーリングになっている。

一般的にイメージしやすいのは世界最後の日における、ゲッター3っぽい色いカラーリングであろう(メイン画像参照)。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』では、頭以外はゲッター1と同じような基調の配色になっている。


下半身がキャタピラというデザインが、ゲッター3に相応しい重厚感を漂わせている。と、いうかゲッター3とゲッターポセイドンを折衷したようなものでキャタピラユニットと別に車輪が付いた脚がある。その為、正面から見るとキャタピラユニットに座った様に見える。


真ゲッターロボ』の記事も参照。


機体構成

機体構成


デザインの違い

デザインの違い

前述の通り、作品によって大幅に異なる。

原作(サーガ)版

  • 黄色部分が青・水色となっている。
  • 胸部がクジラの顔の様な造形になっている。
  • 下半身が赤色を主体にしている。
  • 他の作品と比較して、腕も太く下半身の形状も異なる。

世界最後の日(チェンゲ)版

  • 全体的に黄色い配色。
  • 差し色は青。
  • 常時、瞳が浮かんでいる。
  • 下半身は蜘蛛のお腹の様な形状で大きい。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

  • 顔だけが黄色い。
  • ゲットマシンの色の変化は真ゲッター1のそれ。
  • 顔の印象も人相の悪そうな他二作に比べて異なる。
  • 下半身のデザインも異なる。

スペック

スペック

全長30m
重量290t
動力ゲッター炉心
エネルギーゲッター線
出力
飛行速度亜光速
装甲素材ゲッター合金
別形態真ゲッター1 真ゲッター2
開発者早乙女博士
乗員人数3名
主なパイロット車弁慶 大道剴

主力武器

主力武器

相手を拳で叩きつける。一撃で粉砕する程の力がある。


肩部にある二連装ミサイルを発射する。


巨大な下半身の後部を展開し、大量のミサイルを斉射する。敵群の掃討や内部からの爆破にて真価を発揮する。


伸びる腕(デザインは初代ゲッター3と共通)で相手に巻きつけ締め上げた後に、上空高くに放り投げ相手を地面に叩きつける必殺技。


活躍

活躍

ゲッターロボサーガ版

早乙女博士が百鬼帝国壊滅後に開発したゲッターロボ』の登場。この形態でブライ大帝を握りつぶしている。

変形はしなかったが、『ゲッターロボ號』の最終決戦では竜馬が真・ベアー号に乗り込んでいたので竜馬がこの形態のメインパイロットという事になる。


世界最後の日版

真ドラゴン防衛のために開発されたゲッターロボ』としての登場。第1部では登場せず、第2部のメタルビースト・バロゾフ戦でようやくその姿を現した。メインパイロットは凱、後に車弁慶。凱と共に初陣を飾り、弁慶操縦時は大雪山おろしを使用。


物語後半。真ドラゴン内部で真ゲッター2に対抗すべく、メタルビースト・ドラゴンからメタルビースト・ライガーにチェンジした早乙女博士率いる初代ゲッターチームに対し、戦闘チーム(竜馬・隼人・弁慶)は真ゲッター3で対抗。ライガーのドリルを力ずくで止めて捕らえた状態から、弁慶は巴武蔵直伝の「大雪山おろし」を繰り出す。これに対し、ライガーはメタルビースト・ポセイドンにゲッターチェンジ。ゲッターサイクロンで吹き飛ばされた真ゲッター3に追撃のストロングミサイルが放たれるもミサイルストームでストロングミサイルを撃ち落とされてしまう。この後、両チームは真ゲッター1とMBドラゴンの戦闘を経て、真ゲッター3とポセイドンの2戦目に突入するが戦闘チームの真の狙いは『初代ゲッターチームが合体にかかる時間』を確かめる為であった。


真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ版

メインパイロットは大道剴。最終回に登場し、メカザウルス・ゲラと交戦した際に真ゲッター3へ変形。初の水中戦に挑む。外装は弱かったもののその体内で成長していた巨大クラゲのエネルギー吸収能力と電撃に苦しめられる。だが、翔によってミサイルに対して細胞分裂が追い付いていない事を見抜かれたため、クラゲの体内に突っ込み内部で全ミサイルを撃ち放つことで撃破成功。メカザウルス・ゲラを撃破した。

尚、大雪山おろしとは縁がなく、スパロボオリジナル展開で習得することもない。


ゲッターロボアーク版

物語の都合上、出番が無い。


余談

余談

  • 作品的な都合もあり、チェンゲ版以外ではほとんど出番が無い。(ネオゲは他機体と比べるとまだ長い方だが。)
  • 作品によって、デザインやディティールが大幅に異なる形態。
  • チェンゲ版が知名度や人気度が高い。pixiv内ではほとんどがチェンゲ版である。サーガ版、ネオゲ版も随時イラスト募集中。

関連タグ

関連タグ

ゲッターロボサーガ ゲッターロボ 真ゲッターロボ ゲッターロボアーク

ゲッターロボ號 早乙女研究所 ゲッター線


真ゲッター1真ゲッター2:他形態。


ゲッター3巴武蔵の搭乗形態。

ゲッターポセイドン車弁慶が駆るゲッター3のポジション。

ゲッター剴:パイロットは大道剴。同ポジション。

ネオゲッター3:同ポジション。ネオゲ版の前半主役機。


メタルビースト・ドラゴン 真ドラゴン 真ライガー


ゲッターエンペラー

チェンジ!ゲッタァァァ スリィィィィ!!

大雪山 おろしぃぃぃ!!

ミサイル ストォォムッ!!


概要

概要

早乙女博士が開発した『最強最後のゲッターロボ』、真ゲッターロボの海中用形態。

この真ゲッター3、なんと漫画版『ゲッターロボ號』では一切登場するは事は無く、「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品、第4次スーパーロボット大戦の為に、石川賢氏により書き下ろしでデザインされた機体である。(いわゆるオリジナル設定)


その為か、作品によっては見た目が結構変わる機体である。

原作漫画版設定で『スーパーロボット大戦』シリーズに出た場合には、を基調としたカラーリングになっている。

一般的にイメージしやすいのは世界最後の日における、ゲッター3っぽい色いカラーリングであろう(メイン画像参照)。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』では、頭以外はゲッター1と同じような基調の配色になっている。


下半身がキャタピラというデザインが、ゲッター3に相応しい重厚感を漂わせている。と、いうかゲッター3とゲッターポセイドンを折衷したようなものでキャタピラユニットと別に車輪が付いた脚がある。その為、正面から見るとキャタピラユニットに座った様に見える。


真ゲッターロボ』の記事も参照。


機体構成

機体構成


デザインの違い

デザインの違い

前述の通り、作品によって大幅に異なる。

原作(サーガ)版

  • 黄色部分が青・水色となっている。
  • 胸部がクジラの顔の様な造形になっている。
  • 下半身が赤色を主体にしている。
  • 他の作品と比較して、腕も太く下半身の形状も異なる。

世界最後の日(チェンゲ)版

  • 全体的に黄色い配色。
  • 差し色は青。
  • 常時、瞳が浮かんでいる。
  • 下半身は蜘蛛のお腹の様な形状で大きい。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

  • 顔だけが黄色い。
  • ゲットマシンの色の変化は真ゲッター1のそれ。
  • 顔の印象も人相の悪そうな他二作に比べて異なる。
  • 下半身のデザインも異なる。

スペック

スペック

全長30m
重量290t
動力ゲッター炉心
エネルギーゲッター線
出力
飛行速度亜光速
装甲素材ゲッター合金
別形態真ゲッター1 真ゲッター2
開発者早乙女博士
乗員人数3名
主なパイロット車弁慶 大道剴

主力武器

主力武器

相手を拳で叩きつける。一撃で粉砕する程の力がある。


肩部にある二連装ミサイルを発射する。


巨大な下半身の後部を展開し、大量のミサイルを斉射する。敵群の掃討や内部からの爆破にて真価を発揮する。


伸びる腕(デザインは初代ゲッター3と共通)で相手に巻きつけ締め上げた後に、上空高くに放り投げ相手を地面に叩きつける必殺技。


活躍

活躍

ゲッターロボサーガ版

早乙女博士が百鬼帝国壊滅後に開発したゲッターロボ』の登場。この形態でブライ大帝を握りつぶしている。

変形はしなかったが、『ゲッターロボ號』の最終決戦では竜馬が真・ベアー号に乗り込んでいたので竜馬がこの形態のメインパイロットという事になる。


世界最後の日版

真ドラゴン防衛のために開発されたゲッターロボ』としての登場。第1部では登場せず、第2部のメタルビースト・バロゾフ戦でようやくその姿を現した。メインパイロットは凱、後に車弁慶。凱と共に初陣を飾り、弁慶操縦時は大雪山おろしを使用。


物語後半。真ドラゴン内部で真ゲッター2に対抗すべく、メタルビースト・ドラゴンからメタルビースト・ライガーにチェンジした早乙女博士率いる初代ゲッターチームに対し、戦闘チーム(竜馬・隼人・弁慶)は真ゲッター3で対抗。ライガーのドリルを力ずくで止めて捕らえた状態から、弁慶は巴武蔵直伝の「大雪山おろし」を繰り出す。これに対し、ライガーはメタルビースト・ポセイドンにゲッターチェンジ。ゲッターサイクロンで吹き飛ばされた真ゲッター3に追撃のストロングミサイルが放たれるもミサイルストームでストロングミサイルを撃ち落とされてしまう。この後、両チームは真ゲッター1とMBドラゴンの戦闘を経て、真ゲッター3とポセイドンの2戦目に突入するが戦闘チームの真の狙いは『初代ゲッターチームが合体にかかる時間』を確かめる為であった。


真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ版

メインパイロットは大道剴。最終回に登場し、メカザウルス・ゲラと交戦した際に真ゲッター3へ変形。初の水中戦に挑む。外装は弱かったもののその体内で成長していた巨大クラゲのエネルギー吸収能力と電撃に苦しめられる。だが、翔によってミサイルに対して細胞分裂が追い付いていない事を見抜かれたため、クラゲの体内に突っ込み内部で全ミサイルを撃ち放つことで撃破成功。メカザウルス・ゲラを撃破した。

尚、大雪山おろしとは縁がなく、スパロボオリジナル展開で習得することもない。


ゲッターロボアーク版

物語の都合上、出番が無い。


余談

余談

  • 作品的な都合もあり、チェンゲ版以外ではほとんど出番が無い。(ネオゲは他機体と比べるとまだ長い方だが。)
  • 作品によって、デザインやディティールが大幅に異なる形態。
  • チェンゲ版が知名度や人気度が高い。pixiv内ではほとんどがチェンゲ版である。サーガ版、ネオゲ版も随時イラスト募集中。

関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    転生令嬢、結婚のすゝめ~悪女が義妹の代わりに嫁いだなら~

    原作:三糸べこ 漫画:佐木田すい

    読む
  2. 2

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    悪役令嬢の中の人~断罪された転生者のため嘘つきヒロインに復讐いたします~

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む

pixivision

カテゴリー