ピクシブ百科事典

ゲッター3

げったーすりー

『ゲッターロボ』に登場するゲッターロボの水中戦形態。
目次[非表示]

データ

身長(頭頂高)20m
重量250t
出力90万馬力
走行速度時速150㎞
水中速度28ノット


概要

 ゲッターロボ水中戦形態。下半身キャタピラ状になっているのが特徴で、ゲッターロボの中で最強の腕力を有する。ベアー号イーグル号ジャガー号の順番にドッキングすることで変身する。
 メインパイロット巴武蔵で、ムサシらしいパワフルな戦い方が特徴。
 主な武器に装填された大型ミサイルゲッターミサイル』。必殺技を掴んで振り回し地面に叩きつける『大雪山おろし』。OVA「世界最後の日」に限り、ジャガー号機首部分に機関砲がついているほか、OVAの世界観で原作者の石川賢が書き下ろした「クレーターバトル」では、ジャガー号機首先端部が開いて3体のゲッターロボの出力を合わせたゲッタービームを撃つことができるという能力がある。

その流体的な不可能変形がネタにされ、リメイクの際は解釈が問題になる。また、ゲッター2ではゲッター1より軽くなっていたのだが、ゲッター3ではなんと重量が増加している。後年のOVAで重量は統一されたが、増えた30トンはどこから来たのだろうか。
(後年のガレージキット商品で完全変形初代ゲッターロボは発売されているが、各形態に相当アレンジが加えられているほか、ヘビーユーザーを想定した非常に複雑な変形機構であり、量産レベルでの生産は不可能であった。)
作者である石川賢が「ゲッターと私」で明かしたところによると、ゲッター3の合体に関しては余りに無理がありすぎることに悩んでいたところ、相談を受けた永井豪が提案したらしい。イーグルがジャガーに突っ込んでいる合体や腕の出所など、相当に無理があるが永井曰く「難しく考えていたら面白くならない」。これで石川賢は吹っ切れ、ゲッターの無茶合体が誕生する契機になったのだとか。

関連項目

ゲッター1 ゲッター2 ゲッターポセイドン プロトゲッター
真ゲッターロボ 新ゲッターロボ
ハインド・カインド(本機をリスペクトしている。ゲッターロボDEVOLUTION版だと特に。)

関連記事

親記事

初代ゲッターロボ しょだいげったーろぼ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲッター3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147382

コメント