2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゲッターロボサーガ及びアニメ版の設定ではゲッターロボ宇宙開発用に分離合体機能を付けられたロボットであり、その試作機がこの純白のプロトゲッターだった。

プロトゲッターはあくまで試作機であり、実戦配備された初代ゲッターロボより格段に戦闘力は劣るが、空戦向けのゲッター1から陸戦型のゲッター2、水中戦が得意なゲッター3変形する能力は勿論持ち合わせている他、ゲッタービームその他の武装もきちんと装備されている。身長・重量もゲッターロボと同一。

東映アニメ版の練習用ゲッターロボは正真正銘の練習機であり、ゲッタードリル以外に武装らしい武装はなく、早乙女達人らが変形テスト中に恐竜帝国の襲撃を受け、破壊されてしまった。

漫画ゲッターロボサーガ

『ゲッターロボ』序盤では早乙女研究所地下に廃棄された試作型戦闘ロボット群が登場しているが、プロトゲッターと呼べるか疑わしいデザインのものばかりだった。『真ゲッターロボ』では大量のゲッターロボ試作機が廃棄された「ゲッター試作機の墓場」が登場。普段は予備パーツ回収などに利用されていたようだが、ゲッタードラゴンの覚醒に伴って暴走、研究所内を大混乱に陥れる。隼人が開発していた試作型ゲッターロボ號はプラズマボムズ動力だったので暴走を免れ、早乙女博士の下に向かう竜馬を援護した。

スパロボシリーズでは

初登場は『第3次スーパーロボット大戦』。軍縮の煽りを受ける形でゲッターチームが最初に使用していた。宇宙開発用の機体なのに宇宙B(PS版のみ。SFCではA)というひどい適正で、しかも第1話は宇宙ステージという不遇ぶり。勿論すぐに初代ゲッターが手に入るのでお払い箱である。

派生作品での登場

OVA

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

地竜一族ニオンらが早乙女研究所地下に廃棄された無数のプロトゲッターを操縦し、ネオゲッターロボに襲い掛かった。詳細はプロトタイプ・ゲッターを参照。

新ゲッターロボ

第1話冒頭ではプロトゲッターが複数機出撃して鬼獣に立ち向かうも、全く敵わず壊滅してしまった。早乙女達人が搭乗した完成型のプロトゲッター(初代ゲッターロボに酷似したデザインの機体、通称「旧ゲッター」)は善戦したものの、特攻した友軍機のゲッター炉心を誘爆させる作戦でしか勝利できず、早乙女博士も力不足を痛感していた。第1話終盤では、研究所を襲撃した鬼獣に立ち向かうも、鬼に噛まれた達人が鬼化してしまい、ゲッタービームで研究所を攻撃してしまう。最後はかろうじて意識を取り戻した達人が、自分ごと敵を倒すよう竜馬に命じたため、鬼獣ごと新イーグル号に貫かれ爆発四散した。
第12話では研究所を襲撃した四天王に対し、ゲッター線の意志によって廃棄されたプロトゲッター群が勝手に動き出してゾンビのごとく地中から湧き出してきた。ゲッターGやゲッター號、ネオゲッターに似た姿のプロトゲッターも登場している。しかし、増長天1人によりボコボコに叩きのめされてしまった。

ゲーム

SRPG第3次スーパーロボット大戦』では軍縮のあおりを受け、物語開始時にはゲッターチーム初代ゲッターロボならびにゲッタードラゴン没収されこれでパトロールを行っていた。
スーパーロボット大戦α』では真ゲッターの起動の為に複数使われており、真ゲッターの登場デモでは早乙女研究所の周辺に大量の残骸が転がっている。

漫画

ゲッターロボ飛焔』では主役機が真ゲッターロボの汎用機として建造された「プロトタイプ・ゲッターロボ」という設定だが、作中では普通にゲッターロボとのみ呼称されており、第二巻以降は設定資料からもプロトタイプの文字は消えている。
また、サーガ版準拠の設定で地下第14区「ゲッター墓場」が登場。そこに植物獣ナイトメアが侵入して試作ゲッターに寄生、ゲッター炉を奪取してしまう。これが原因で本作のラスボス・ゲッターガイアが誕生してしまうなど物語に大きな禍根を残した。

『ゲッターロボDEVOLUTION~宇宙最後の3分間~』では頭部に鳥の翼のような意匠があるゲッターの試作機が存在し、敵である「不進化体」がこれを模倣した姿に変化している。モチーフはゲッターロボの初期稿『チェンジロボット・ゲッター3』における主役ロボット。

プロトゲッター號

隼人のプロトゲッター



アニメ『ゲッターロボ號』においては、ゲッター號の試作機がプロトゲッターロボの名で呼称される。
元は日本国際航空宇宙技術公団NISAR(ネイサー)の宇宙開発用ロボットとして試作された。
外装はG鉱石(磁鉱石)と呼ばれるダイヤモンドのおよそ200倍の硬度を持つ金属で作られているが、G鉱石はプロフェッサー・ランドウの本拠地(ベガゾーン)である北極でしか採掘できず、NISARでは十分な量を確保できていなかったため武装化がままならず初期では徒手空拳での戦いを余儀なくされた。
その後、外装がG鉱石で作られているメタルビーストの残骸から採取することで武装化に十分な量を確保できたが、採掘場が押さえられている状況に変わりはないためG鉱石確保の問題は終盤まで引きずることとなる。
メインパイロットは一文字號だが大道剴が搭乗する回も見られる。
1話・2話では画像の通りブルーグレーの配色だったが、3話以降は防御力を上げる特殊ペイントを施されゲッター號と同様の配色となった。
敵が出現する度にだましだましで強化を続けていったが、第11話で一度分解され、分離合体機構を持つゲッター號に改造された。
以降は汎用性の高い純粋戦闘型ロボットとしてプロフェッサー・ランドウと戦うこととなる。

小学館テレビ絵本では設定が異なり、『初代ゲッター』同様にメタルビーストに敗北し大破したため改造されたということになっている。本書では一貫してプロトは「ゲッターロボ」、改造後は「ゲッターゴー」と称されている。

武装

宇宙開発用ロボットとして製造されたため、物語当初は武器などは全く無い。それこそ鉄人28号や初期のダンクーガのようにあらゆる敵に素手で挑まねばならず、当然ながら分離合体機能も無かった。

2話での右手首射出をヒントに開発された武器。腕部から磁力フィールドを発生させその空間に斥力を利用して手首を射出、敵にそれをぶつける。フィールド内なら自在に操ることが可能で、それを利用した戦法を取ることが多い。鋼鉄ジーグと同じ原理を持つ同名の技だが、連射することはできない。
G鉱石の特性を生かした技であり、この技に用いた磁力フィールド発生能力が後の合体仕様に大きく貢献している。
  • ハンディミサイルキャノン
ミサイルを連続発射できる手持ち武器。観測用のロケット砲を基に改造したものである。
  • メタルビースト捕獲ガン
G鉱石確保のために開発されたネットガン。ネットから高圧電流を流すことができ、うまくいけば無傷でメタルビーストを停止させることができる。
  • 飛行用ブースター
第9話「ネイザー本部危機一髪」で飛行型のメタルビーストに対抗して開発された脚部装着型のブースター。短時間ながらゲッターの単独飛行を可能にした。

関連項目

噛ませ犬  合体ロボ ゲッタートマホーク
ゲッターQ:プロトゲッターより先に設計図のみ考案された機体。一部設定ではゲッター0号機とされることもある。

プロトゲッター(RGZ):公式擬人化

関連記事

親記事

早乙女研究所 さおとめけんきゅうじょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「プロトゲッター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149360

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました