ピクシブ百科事典

早乙女ミチル

さおとめみちる

早乙女ミチルとは、『ゲッターロボ』シリーズに登場するヒロインの一人
目次[非表示]

概要


ゲッターロボシリーズに登場する人物で早乙女博士の娘、作品によって立ち位置が違うので作品ごとに解説していく。

ゲッターロボ」の早乙女ミチル

ダイナミワンドロまとめ1



CV:吉田理保子スパロボ参戦時は吉田美保が演じている。)

17歳。ゲッターチームの一人で、早乙女博士の娘。作中ではコマンドマシン、後継機のレディコマンドを操縦してゲッターロボの支援にまわっている。浅間学園のマドンナ的存在で、巴武蔵大枯文次に好かれていたが、最終的には神隼人といい関係になっていた。(決戦前に、彼から母の形見の十字架のネックレスを託されている)
ゲッターマシンの操縦訓練も行っており、ゲッターロボGの決戦では隼人が行方不明であった際に彼の代わりにライガー号とゲッターライガーを操縦している。

兄に早乙女達人、義姉に早乙女ミユキ(ゴーラ王女)、弟に早乙女元気がいる。

新ゲッターロボ」の早乙女ミチル

鬼娘の休息


CV:本田貴子
早乙女博士の娘。研究所で鬼の事を調べまわっている。他のメディアでのミチルと異なり、父親譲りの毒舌かつ何事においても自らの欲求を優先するエゴイストかつ冷めた性格をしている。また、調べ物をする時は眼鏡を掛けている。流竜馬からは「鬼娘」と呼ばれているが、武蔵坊弁慶からは「観音様」と一目惚れされている。

真ゲッターロボ 世界最後の日」の早乙女ミチル


CV:長沢美樹

早乙女博士の娘で、早乙女元気()の姉。かつてゲッターロボのテストパイロットとして研究に協力していたが、ゲッターロボGの合体テスト中に衝突事故で死亡。
この出来事が竜馬と隼人の心に深い傷を残し、インベーダーに侵食された真ドラゴン体内に突入した時に、死んだ彼女の幻を見せられて動揺し、隼人に至っては悪魔の囁きのように合体を解除するようねだられて言う通りにしようとするまでだった。
しかし渓の呼び掛けに応えたが合体事故の真相を見せたことにより幻から解放された。

合体事故の真相は合体直前にインベーダーの覚醒により、インベーダーに取り込まれかけたため竜馬と隼人を救うため敢えて合体解除レバーを作動させたのだった。

彼女の細胞とゲッター線を組み合わせたクローン人間として號が誕生しており、號はミチルから受け継いだ記憶をエネルギーとしている。


関連項目

ゲッターロボ ゲッちゃん

pixivに投稿された作品 pixivで「早乙女ミチル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144976

コメント