2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゲッターロボシリーズに登場する人物で早乙女博士の娘、作品によって立ち位置が違うので作品ごとに解説していく。

ゲッターロボ」の早乙女ミチル

ダイナミワンドロまとめ1



CV:吉田理保子スパロボ参戦時は吉田美保が演じている。)

17歳。早乙女研究所職員の1人で、所長早乙女博士の娘。茶髪美少女ヘアバンドをしている。
作中ではコマンドマシン、後継機のレディコマンドを操縦してゲッターロボの支援にまわっている。浅間学園のマドンナ的存在で、巴武蔵大枯文次に好かれていたが、最終的には神隼人といい関係になっていた。(最終回前に、彼から母の形見の十字架のネックレスを託されている)というか、隼人と何事もなくカップル化した唯一の作品だったりする。(ただし、東映ゲッターは露出、恋愛描写、女性の描き方が極めて健全に付き、あれをして「男女関係として成立した」と主張するべきかは微妙。何分彼らは70年代の高校生である)

特技は水泳で自由競技では校内優勝を果たした。しかし野球は下手。
ゲットマシンの操縦訓練も行っており、ゲッターロボGの終盤では行方不明になった隼人の代わりにライガー号とゲッターライガーを操縦し、百鬼獣を撃墜している。スーパーロボット大戦シリーズや後述の『対デビルマン』ではゲッターQ(本来は義姉の乗機)に乗ったりしている。
なお、隼人からは「ボインちゃん」と評されているほか、パイロットスーツのボタンの位置がとてもきわどい

兄に早乙女達人、義姉に早乙女ミユキ(ゴーラ王女)、弟に早乙女元気がいる。

原作漫画版では大の料理好きという設定があり、『G』まではヒロイン的な扱いを受けていた。アニメのように直接戦闘に携わる事は無く、お転婆な性格故にコメディリリーフを務める事が多いものの、恐竜帝国との決戦では竜馬を庇って重傷を負うというシリアスな活躍を見せた事もある。
『真』にも僅かに登場しているが、終盤でゲッタードラゴン覚醒に伴う早乙女研究所崩壊に巻き込まれて行方不明になったうえ、彼女の最期は描かれていない(時系列的に後となるゲッターロボ號ではゲッター線に取り込まれている描写がある)。
なお、特に隼人と恋愛関係ではないが、そもそもあの隼人と気兼ねなく会話できるだけでも大概である。劇中では竜馬と仲良くする描写が目立ち、彼から異性として意識されている描写も多かった。

OVA「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」ではEDでモブとして登場したのみ。年数も経過してなかった様子
賢ちゃん亡き後に豪ちゃんの執筆した『デビルマン対ゲッターロボ』ではフルヌードを披露させられている。
一方、ダイナミックヒーローズにおいては、屈指のサービスショット少な目担当。

新ゲッターロボ」の早乙女ミチル

鬼娘の休息


CV:本田貴子
早乙女博士の娘。髪はダークブラウン。研究所で鬼の事を調べまわっている若き科学者。髪飾りが無く目つきが鋭い。年齢は20代~30代程度だと思われ、10代の頃はアニメ版と同じ服装だったことが回想シーンで描かれている。
他のメディアでのミチルと異なり、父親譲りの毒舌かつ何事においても自らの欲求を優先するエゴイストかつ冷めた性格をしている。また、調べ物をする時は眼鏡を掛けている。その苛烈さ故に流竜馬からは「鬼娘」と呼ばれているが、武蔵坊弁慶からは「観音様」と一目惚れされている。弁慶からのセクハラを受けた際には、彼のそれ鼻で笑いながら金的で対応した(諸々の描写から考えて、決して弁慶のそれが小さかったわけではないと思われる)。
ゲッターロボが竜馬達共々黒平安京に消え、早乙女博士が地下に引きこもった後は要塞化した早乙女研究所の指揮官も兼任しているが、あくまで早乙女博士の代理なのか帰って来たゲッターロボに間違って集中砲火を浴びせる、終盤の研究所内での指揮が取れてないなどかなり粗が目立つ。また、年月の経過により当初はショートカットだった髪型がロングヘアに変わったほか、苦労を散々背負わされたせいか言動も大分穏やかになった。

そして全ての戦いが終わった後もゲッター線に関する研究を続けているらしく、早乙女研究所跡地に開いた「地獄の釜」の計測中に隼人と弁慶に再会している。

真ゲッターロボ 世界最後の日」の早乙女ミチル


CV:長沢美樹

早乙女博士の娘で、早乙女元気()の姉。ヘアバンドではなくカチューシャ派。この世界でも隼人とは恋愛関係だった模様。
かつてゲッターロボのテストパイロットとして研究に協力していたが、ゲッターロボGの合体テスト中に衝突事故で死亡。
この出来事が竜馬と隼人の心に深い傷を残し、インベーダーに侵食された真ドラゴン体内に突入した時に、死んだ彼女の幻を見せられて動揺し、竜馬は「俺は回避しようとした」と怯えながら弁解することしかできず、隼人に至っては悪魔の囁きのように合体を解除するようねだられて、あわや言う通りにしかねない状況に陥った(この時隼人は事故の原因について錯乱した表情で竜馬に「お前の責任だ」と言っており、心のどこかで竜馬を恨む気持ちもあった模様。事故状況が漫画版號第一話冒頭のモブパイロット死亡シーンに近く、後ろからの竜馬機による中間機大破、という状態ではある)。
しかし事故の際にゲッターGに乗っていなかった弁慶には「弁慶に助けを求める武蔵」という現実に起きえなかった(そもそも弁慶は武蔵の死に居合わせていない)幻しか使えなかったことや渓の呼び掛けに応えたが合体事故の真相を見せたことにより幻から解放された。

実はインベーダーに寄生されており、ライガーへの合体直前にそれを知ったミチルが竜馬と隼人を救うため敢えて合体解除レバーを作動、自分諸共インベーダーを滅ぼしたのだった。
その後回収された彼女の遺体は胸から下の半分以上が食い破られインベーダー化しており、見るも無惨な状態であった。

幻から解放され、事故の真相を知った隼人は、インベーダーによって愛するミチルを奪われた事への涙と怒りの叫びを上げるのであった。

彼女の細胞と実父である早乙女博士の細胞、ゲッター線を組み合わせたクローン人間としてが誕生しており、號はミチルから受け継いだ記憶をエネルギーとしている。

ただし、制作途中におけるスタッフの交代により、事情説明に穴の多数残るエピソードではあった。

関連イラスト

センシティブな作品
新ゲのミチルさんにTV版のパイロットスーツを着せたらこうなった。



関連項目

ゲッターロボ ヒロイン 巨乳

ゲッちゃん:TVアニメ版のミチルが外見モチーフでありオンラインでは服装が登場。
イツキ・カザマ機動戦艦ナデシコ The blank of 3years):卑猥なパイロットスーツがオマージュされている(彼女の所属する木連はゲッターにそっくりなゲキ・ガンガー3の超オタクのため)

関連記事

親記事

早乙女研究所 さおとめけんきゅうじょ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「早乙女ミチル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「早乙女ミチル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356758

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました