ピクシブ百科事典

早乙女博士

さおとめはかせ

ゲッターロボを作った偉大なるお方。登場する媒体によってキャラクターが大きく変わる個性の持ち主でもある。
目次[非表示]

早乙女博士

「ばかもん!甘ったれるんじゃない!お前達には、もっと残酷な未来が待ってるんだ!!」

CV:富田耕生(TVシリーズ、真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ
  麦人世界最後の日
  有本欽隆新ゲッターロボ
  菅生隆之(ゲッターロボアーク)

 メイン画像を見て「えっ、誰こいつ」と思った方はもうトシであろう。
 
早乙女博士とは、ゲッターロボシリーズに登場する天才科学者で、ゲッターロボを作ったお方である。メイン画像はゲッターロボサーガやそれを原作としたOVA新ゲッターロボ』版のキャラデザ。

初代テレビアニメ版や真ゲッターロボ対ネオゲッターロボでは、世界を守るために立ち上がった心優しい科学者として登場する。
一方、アニメと同時期に連載が開始された原作漫画版では、世界の平和を守る司令官というよりも、人類を生かす為ならどんな過激な手段も厭わない、やや常識を外れた科学者として描かれている。戦いが苛烈化するにつれゲッター線に憑りつかれた研究者的な内面がどんどんヒートアップしていき、終盤では完全にマッドサイエンティストになっていた。

最近の作品では、序盤から漫画版後半のマジキチを絵にかいたようなキャラになっていることが多く、一目見てインパクトが強いキャラに仕上がっている。アニメ版のゲッターロボしか知らない視聴者が見たら唖然とすることも……というか、pixivに投稿されたイラストも、話題性の強かった漫画版とOVA版の早乙女博士が殆どである。

作品によって設定は異なるが、長男の早乙女達人、長女の早乙女ミチル、次男の早乙女元気という3人の子女を設けていることが多い。
本名は不明であり、漫画版・TV版・OVA版のいずれにおいても「早乙女博士」と姓だけで呼ばれており、下の名前は明かされていなかったが、「ゲッターロボダークネス」にて、「早乙女 賢」というフルネームで登場した。

テレビアニメ版

「馬鹿を言っちゃいけないよ。ゲッターロボは宇宙開発用に作ったんだ。怪獣をやっつけるために作ったんじゃない」

早乙女博士


テレビアニメ版では比較的若く、黒髪に黒ひげの穏やかな顔をしている。
ゲッターロボを作った理由も漫画版やその他のOVAとは異なり、あくまで宇宙開発と言う平和利用が目的となっている。

とても常識的な人物で、ファッションがおっさん丸出しなナイスミドルである。ゲッターロボを開発したのも上述の通り平和利用のためである。柔道の心得があるのか腕っ節も強い。
漫画版や真ゲッターなどの早乙女博士の影に隠れがちだがこの人も結構な武闘派で恐竜兵やゲッターロボを取り込もうとした防衛軍の兵士などを相手に大立ち回りをしている。

漫画ゲッターロボサーガ

「またみんなひとつの形になる。そしてさらなる飛躍を」
ダイナミックプロ節全開のバイオレンスな人物である。
ゲッター線研究のパイオニアであり、ロボット工学の権威。迫り来る恐竜帝国の魔の手から人類を守るための戦闘用ロボットとしてゲッターロボを開発し、それをサポートするための戦闘要塞として早乙女研究所を開設した。
やることなすことがとにかくエキセントリックであり、流竜馬のパイロットとしての適性を計るために殺し屋をけしかけたり、最初は超撃(左翼テロリスト)であった神隼人も有能と見れば無理矢理味方に引きずり込みゲッターに搭乗させるなど、目的のためなら手段をまるで選ばない。巴武蔵が参列するまでは早乙女博士自らもゲットマシン・ベアー号のパイロットを務めており、竜馬達と前線で戦っていた。サポート担当なのに。
一方で誰にも息子の達人の死を悔やみ、娘にも悟られぬよう隠れて涙する描写もある。
ゲッターロボGの時期には先述の苛烈な印象は薄れ始め、正装を嫌がってダダをこねるなどのコミカルな姿を見せていた。続く真ゲッターロボでも中盤までは穏やかな雰囲気だったのだが、車弁慶の死とゲッタードラゴンのメルトダウンという悲劇の中でゲッター線の未知なる力に魅せられ、再び狂気を帯びてゆく。
死後のゲッターロボ號ゲッターロボアークの時期にも亡霊のような形で姿を見せている。

OVA真ゲッターロボ世界最後の日

「左様、我が名は早乙女。地獄の底から還った男よ!」

これで消せる 人の悲しみを


ゲッター線の狂気にとりつかれたマッドサイエンティストであり、悪役として登場。
世界を混乱と破壊に誘った張本人で、娘の早乙女ミチルがゲッターロボの合体事故で命を落とすと、娘の細胞から人工的に人間を生み出したり、量産型ゲッターロボを用いて全世界に対する反乱を起こした。
自ら生み出した人工生命体ゴールとブライによって一度殺害されたが、インベーダーの力を借りて復活しゲッターチームと戦うことになった。インベーダーと融合したゲッターロボGに自ら乗り込み、ゲッターチームと死闘を繰り広げた。
TV版はもちろん漫画版とも性格・容姿共に異なり、殆ど本作オリジナルキャラと言える存在。
ちなみに、LD・ビデオの最終巻の発売が延期になった際は博士が延期を詫びるCMが収録されていたことがある。

OVA真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

「いや…我々はゲッター線に生かされているだけなのかもしれん…!」
OVA版のなかでは一番まともな早乙女博士。
性格と声はTV版、容姿と一部の台詞だけが漫画版と言った感じ。
出番は少ないがゲッターチームを叱咤激励するおやっさんポジションである。

新ゲッターロボ

「並のパイロットではゲッターに食い潰される。逆に喰らい付いてくる奴でなければ…」

早乙女博士


表向きは厳格な基地司令官だが、一皮むけばヤバい人。
漫画版初期のバイオレンスさと、後半期の狂気を余せ持ったハイブリッドバージョンのマッドサイエンティスト。荒くれ者のゲッターチームを纏め上げる胆力と、有無を言わさぬ気骨の持ち主である。
弁慶の加入までベアー号の操縦を担当した。
なお本作には次男の元気が登場しない為、ここでは子供は達人とミチルの二人だけだったらしい。

ゲッターロボアーク

漫画版真ゲッターロボ序盤の口髭が生えた容姿を採用しており、メイン画像とテレビアニメ版の温和な博士を足して割ったような雰囲気。
すでに故人なので出番は回想シーンがメインだが、やはり亡霊としても登場する。

関連項目

早乙女研究所 ゲッターチーム
早乙女達人 早乙女ミチル 早乙女元気

必要悪
兜十蔵:同じく漫画版で変態化した老天才科学者

関連記事

親記事

ゲッターロボ げったーろぼ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「早乙女博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81079

コメント