ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゲッター號

げったーごう

ゲッター號は、巨大ロボット作品「ゲッターロボ號」に登場するロボットである。
目次 [非表示]

概要

ゲッターロボ號の基本形態。群青色がメインカラーではあるが媒体によって設定やデザインが異なる。


アニメ版

ゲッターロボ號

アニメ版では第11話「合体せよ!鋼鉄の戦士」から登場。

全長20メートル、重量21.5トン。パイロットは一文字號

プロトゲッターの基本形態をそのまま引き継いだ地上戦形態。

外見は第3話から武装を開始したプロトゲッターと大差ないが、両肩のローターと背面に付いたゲッターマシン2号機が付いている点が異なる。

基本的に地上戦仕様だが、空中戦がからっきしダメというわけではなく、背部のブースターである程度の空中戦はこなす事が可能で、更に第49話にて描写されたように、2号機と3号機のブースターを同時に全力噴射する事で、短時間ながら飛行も可能である。

主役機であるため最も出番が多い。後半から登場するスーパーゲッター號はその名の通り、ゲッター號の強化仕様機となっている。


武器

当該項目を参照。


  • マグフォースサンダー

背中のローター部から雷状の電磁波を放射する。

原理としてはジーグスピンストームに似ている。ゲーム「ゲッターロボ大決戦」ではブーメランソーサーがなくなっており、ゲッター翔の腕に当たる箇所から放出する。


  • ブーメランソーサー

背中のローター部分を取り外した後、ローターの枠の外縁部から多数の刃が飛び出し、これを投げつける。投げつけた後は磁力フィールドの効果により戻って来る。


  • レッグブレード

3号機の垂直尾翼部に相当する脛の部分から大型の刃が飛び出しす。キックの動作で敵に切りつける近接武器。


  • トマホークブーメラン

アニメ版第41話「重力の罠からの脱出」で使用された。ソードトマホークの刀身が無い状態の手斧を投げる。


追加武装

ゲッター號が装着するエネルギー増強プロテクターと、それを戦場まで輸送する支援戦闘機とで構成される。基本的には無人機であるが遠隔操縦可能な有人飛行ユニットとなる事も可能。


漫画版

ゲッター號 オリジナルカラー(真)ゲッターロボ號

左が初期型。右が改修型。

第1話から登場するが、最初の見開きでいきなり合体に失敗して腹部が潰れる描写があり、読者を驚かせた。


デザイン面ではアニメ版とは違い、最初から合体ロボとして登場しており作中での名称は「ゲッター1」になっている。また武器としてアニメ版のソードトマホークのような形状の長剣をスーパーゲッター號への追加合体を経ずに使用している。この長剣は両拳を近づけると実体化するエネルギー剣のように見える。

更に、アニメ版にあったブーメランソーサー(ジャイロ)が無かったり、バックパックの形状も異なっている。形状が変われど難なく飛べる様である。また、腕部の手甲部分も長い形状となっている。


物語中盤のアラスカ戦線ではケーブルに繋がれたショットガンのような手持ちの銃火器を携行した。

その後で中破した際は、目の部分にが描かれるようになり、両手首(ゲッター翔時に足になる部分)に銃が内蔵された。またフェイスの様なモールドも追加される改修が施されている。

物語最後でプロフェッサー・ランドウの移動要塞「ドラゴンタートル」との戦いにて、激闘の最中に大破し役目を終えた。


號連載終了後の漫画版「真ゲッターロボ」では、ゲッター線の暴走による早乙女研究所崩壊事件後に製造されている。

この漫画版では、事件寸前に神隼人が主導で開発中の新型ゲッターロボのテスト中の機体が登場し、ゲッター號に非常に似ている。ゲッター線ではない「プラズマボムス」というエネルギーで動いていることが明かされている。よって、橘博士と共に完成させたNISAR製のゲッター號もこのプラズマボムスで稼働している可能性が高い。ゲッター曼荼羅において號が収録されてないのも、この動力源の違いゆえではないかとの指摘をされている。


研究所崩壊事件においては、ゲッター線を動力とする全ての無人機体の暴走に唯一対抗できる機体として隼人が搭乗。

序盤はほぼ互角に戦えていたが、数の多さやパイロットが隼人だけという状況だった為に押されしまい、とある一体のゲッタードリルで頭部を破壊されそうになった時、間一髪の所でプロトタイプ・ゲッター達が活動を停止し大破は免れた。しかしに穴が開いてしまった。

関連動画

関連項目

スーパーゲッター號:追加パーツを装着した強化形態。

ゲッター翔ゲッター剴:同じゲッターマシンにより合体した別型の機体。


ゲッター1ゲッタードラゴン:前作までの同ポジションだが、地上戦よりも空戦仕様となっている。


マジンガーZ:もともとのリメイク予定だった機体。その為にゲッターロボ號には名残が沢山ある。


ネオゲッター1リメイク機体

関連記事

親記事

ゲッターロボ號 げったーろぼごう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43524

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました