ピクシブ百科事典

プロトタイプ・ゲッター

ぷろとたいぷはだてじゃない

ここではOVA「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」に登場するポンコ…もとい恐竜帝国の兵器に関して述べる。
目次[非表示]

概要

 『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』に登場する、ゲッターロボ試作機
 本編開始の5年前、恐竜帝国との最終決戦において初代ゲッターロボ巴武蔵の命と共に消し飛び、早乙女研究所ゲッター線を使用しないネオゲッターロボの製作に取り掛かった。こうしてプラズマエンジンを使う環境にやさしいネオゲッターロボは初代ゲッターに勝るとも劣らない強さを発揮し、恐竜帝国のメカザウルスを蹴散らした。

 しかし、恐竜帝国幹部バット将軍は秘密裏に開発されていた真ゲッターロボの存在を知り、起動前に破壊すべく、部下たちを率いて早乙女研究所の格納庫を強襲。そこで彼らは保管されていたプロトゲッター(TV版及び新ゲッターロボに登場した白いアレ)量産型や、ゲッターロボGの試作機など、何十体ものゲッターロボα版を発見した。
 彼らハチュウ人類は極端にゲッター線に弱い体質であるが、真ゲッターを破壊できるなら本望とばかり次々に乗り込み、早乙女博士ゲッターチーム皆殺しにすべく全機総攻撃を仕掛けた。なお、ニオンの科白から察するに登場しているのは全員、ゲッター線耐性を有する地竜一族のみで構成されているらしく、その耐性故に差別を受けていた地竜一族からしてみれば思わぬ怪我の功名となった。
 メイン画像の顔が露出したゲッタードラゴン(試作版)は隊長である地竜一族ニオンが乗り込んでおり、ネオゲッター3相手にショルダータックルハンマーパンチ装甲に穴をあける、ぶん投げてにぶつけグロッキーにするなど他の機体より若干戦闘力も高い。
 人員の都合上全機に3人乗せることはかなわなかったのか、もしくは単に彼らがゲッター線で弱っていたからなのかは不明であるが作中ではゲッターチェンジは行っておらず、ひたすら三形態いずれかの姿でネオゲッターロボに襲い掛かっている。
 そのため作中の描写を見る限り一体一体の戦闘力はメカザウルス並み、もしくはそれ以下であり、一文字號の搭乗していないネオゲッター相手にも序盤は紙屑のように蹴散らされていた。しかし、その数の暴力太陽から降り注ぐ補給不能の燃料源、更に地竜一族のを恐れないゾンビのごとき執念により次第にネオゲッターを追い詰め(何故かスクラムを組むとバリアーを張れるようにもなっていた)、遂にはガス欠寸前まで追いやって橘翔大道剴を窮地に追い詰めた。
 だが、ゲッタートマホークがネオゲッターの首を落とす一瞬前に、號の呼びかけに応じ真ゲッターロボが覚醒したことによりゲッター線が放出され、人間であるゲッターチームには何も起きなかったが地竜一族は耐性の限界を超え全員即死。こうしてパイロットを失ったゲッターの亡霊たちは、糸の切れた人形のようにバタバタと倒れ全滅した。

 なお、いくら何でも試作機を作りすぎではないかというツッコミに関しては作中ではこれと言って解答がない。あわよくばゲッターロボを量産して恐竜帝国との戦いに備えていたのかもしれない(実際、ネオゲッター起動直後にゲッター線研究日本政府が禁止しているし)。
 

武器

  • ゲッタートマホーク:ゲッター1型、ニオン機が使用。いずれも片刃。ニオンによれば(微動だにしない)ネオゲッターであれば装甲を突き破れるとのこと。
  • ゲッタードリル:ゲッター2型とライガー型が使用。集中攻撃でネオゲッターに傷を負わせた。


ミサイルビーム同士討ちを避けるためか使用されることはなかった。

余談

 この後制作されたOVA新ゲッターロボ』では投棄された量産プロトゲッターが「」の襲来により覚醒し、勝手に動き回っていた。戦闘力はお察し下さい。

関連項目

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ かませ犬 雑魚 戦いは数だよ兄貴!
ゲッター1 ゲッター2 ゲッター3 
ゲッターロボG ゲッタードラゴン ゲッターライガー ゲッターポセイドン

pixivに投稿された作品 pixivで「プロトタイプ・ゲッター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74

コメント