ピクシブ百科事典

バット将軍

ばっとしょうぐん

バット将軍とは、『ゲッターロボ』に登場する悪の幹部である。(メイン画像左)
目次[非表示]

概要

ゲッターロボ』に登場する恐竜帝国の戦闘指揮官で、キャプテン(騎士)達を統括する。ガレリィ長官と並ぶ帝王ゴールの側近。
その名の通り顔が蝙蝠に似ているが、蝙蝠ではなく翼竜を先祖に持つと思われる。

メディアによって性格や活躍が異なる。

TV版

CV:緒方賢一(TV版)

基本的には恐竜帝国の本拠地マシーンランドからキャプテン達に指令を出すが、自らメカザウルスに搭乗する事も多々あった。
心臓が弱く、右胸にもう一つの心臓を移植していた。

最終決戦時にメカザウルス・ゴダに搭乗してゲッターロボを拘束し、海溝に引きずり込んで自らは脱出を図ろうとしたが、ゲッターミサイルの直撃で脱出装置を破壊されてしまった。
もはやこれまでと相討ちを図ったが更にゲッターミサイルを食らって海溝に落とされ死亡した。

漫画版

終盤で地上総攻撃を敢行したゴール大帝の強硬ぶりに恐れをなし、ゴールが百鬼帝国を恐れるあまり無謀な殲滅戦に出ていることを悟ると、「恐竜帝国滅亡」という最悪の結果を招かぬよう自らの意思でゴールを斬り捨てる。最期はゴールを見捨てたことに残機の念を抱きつつも、同志たちと共に地底に逃げ帰って行った。

数十年後が舞台の『ゲッターロボアーク』では既に耄碌していた。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

CV:若本規夫

名剣「ジェネラルソード」を携えており、ビームライフルを至近距離から躱し数十mも跳躍するなど身体能力が高い。
物語序盤で武蔵の自爆によりメカザウルス軍団が全滅すると、ガリレイ(OVA版ではこちらの表記)長官と共にマグマ層に撤退し、瀕死の重傷を負ったゴールをオーパーツにより蘇生させる。
そして5年の月日を整えて再びゴールの命を受けて地上に侵攻し、早乙女研究所真ゲッターロボの開発を進めていたことを知ると地竜一族を率いて爆破に向かう。ゲッターチームの奮戦により真ゲッターロボが覚醒し地竜一族のプロトタイプ・ゲッターが全滅すると、自らメカザウルス・ボアに乗り込みネオゲッターロボに乗ったを殺害しようとしたが、の放ったゲッタービームで格納庫の屋根と地盤を突き破り地上まで吹き飛ばされる。翔・剴の乗り込んだ真ゲッターに追い詰められるとボアの自爆装置を作動させて真ゲッターに縋りつくも、最後はゲッタービームで自爆装置もろとも焼き尽くされ、「恐竜帝国、万歳!!」の断末魔と共に消し飛んだ。

関連項目

ゲッターロボ 恐竜帝国 ハチュウ人類 副官 中間管理職

pixivに投稿された作品 pixivで「バット将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 657

コメント