ピクシブ百科事典

帝王ゴール

ていおうごーる

「ゲッターロボ」に登場する恐竜帝国の帝王。
目次[非表示]

やれ、無敵戦艦ダイ!我らが地上をこの手にするために!!

概要

CV:神弘無(TV版)/内海賢二スパロボ

ゲッターロボ』に登場する敵、恐竜帝国の支配者。『真対ネオ』のラスボスである。
人類が地上に現れる前に、地下へ逃れた爬虫類たちが独自に進化を遂げた帝国を支配するもの。
部下はバット将軍ガレリィ長官(OVAでは(ガリレイ長官)他。
マグマ層を自由に航行可能な本拠地マシーンランドからメカザウルスを繰り出し、ゲッターチームに挑む。
作戦に失敗したキャプテン(戦闘要員)をマグマ層に放り出して処刑したり、マシーンランドへの帰還を許さず見殺しにするなど非情さの目立つ暴君だが、娘のゴーラに対しては帝国の掟に則りながらも彼なりに愛情を注いでいた。

2013年あけましておめドワォ


原作者・石川賢による漫画「ゲッターロボサーガ」では、巴武蔵がゲッター線を暴走させたことで大半のメカザウルスを失うものも、それによりゲッターロボも消滅したことで、地上制圧に自ら出撃するが、流竜馬神隼人が操るゲッターロボGにより敗走。
さらに、百鬼帝国の参戦で敗北を悟ったバット将軍らに見捨てられる。
待ってくれ~!!置いてかないでくれー!!」と部下に呼びかける姿は、それまでの堂々とした邪悪さがあった分、哀れさを悟った。
最期は堂々とゲッターロボGに挑んで散ろうとしたものの、百鬼ロボに殺害される。
ゴールの意を汲み取った竜馬と隼人はその百鬼ロボを撃破した。

アニメ版でも、中盤までは堂々たる支配者の貫禄を保っていたが、黒幕である大魔人ユラーの登場により、ユラーにこびへつらう中間管理職のような悲哀を漂わせるキャラに転じていった。
最終回では、無敵戦艦ダイの猛威をもって東京を制圧するも、武蔵の命と引き換えの特攻により制御不能に陥ったダイが暴走し、ユラーもろともあっけなく滅びた。

スーパーロボット大戦シリーズでは、多くのシリーズで無敵戦艦ダイを駆る強敵としてプレイヤーの前に立ちはだかる。

クローンゴール

OVA『真ゲッターロボ 世界最後の日』では早乙女研究所で作られたホムンクルスとして登場。いわばファンサービスのようなもので、本作では恐竜帝国自体登場しない。
早乙女博士流竜馬体細胞(『第2次スーパーロボット大戦Z』によればトカゲの細胞を加えたらしい。そりゃそうか)から作られた人造人間だったが、インベーダーに憑りつかれ暴走。同じくインベーダー化したブライと共に暴れ回る。
銃で撃たれても平気な頑強な体で生みの親である竜馬を苦しめるも、真ゲッター1のゲッタービームを浴びて吹き飛ばされる。しかし、ブライと合体して巨大化し、ゲッターロボを襲って武蔵を圧殺する。
直後に重陽子ミサイルの爆発に巻き込まれ、跡形もなく吹き飛ばされた。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

For Ever 内海賢二さん


OVA作品『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』(上記OVAとはパラレル)では、唇がMの字に避け筋肉もりもりの超巨漢になっている。
声優はスパロボ版と同じ内海氏が続投。

プロローグでニューヨークへと総攻撃を仕掛けて武蔵のゲッターロボを追い詰めるが、ゲッター線炉心の暴走による自爆で重傷を負う。
バット将軍とガレリィ長官によりオーパーツ技術による修復を受けて復活を遂げると、やがて巨大円盤と完全融合を果たし、真ゲッターロボを凌ぐ大きさに巨大化。
ゲッター線が入りにくい結界内で真ゲッターの腕をもぎ取り、エネルギー切れまで追い込む。
しかし真ゲッターが更なる姿となると一気に劣勢になり、何の攻撃も通用することなく円盤ごと爆破された。

スパロボでは『R』で初登場。巨大円盤のみが戦闘ユニットであり、巨大円盤を撃墜すると自ら巨大化して襲い掛かって来るが、真ゲのHPが50%以下になるとイベント戦闘で神ゲッターに秒殺される
GCXO)』では巨大ゴールとも戦闘できる。

ロボットガールズZオンライン

CV:小松由佳
ゲッちゃんと敵対する大財閥恐竜帝国グループの女総帥。壇●のようなアンニュイな雰囲気の貴婦人で、夫とは死別し娘ゴーラは海外留学中。ゲッちゃんを恐竜帝国にヘッドハントしようと目論んでいる。
有能な働き者であるが、元ネタが恐竜のため寒さや寝起きに極端に弱い。

余談

名前の由来は、サッカーのゴールから。ゲッターロボの名前の由来「ポイントゲッター」に対応したもの。

関連項目

ゲッターロボ 帝王

関連記事

親記事

恐竜帝国 きょうりゅうていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「帝王ゴール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15199

コメント