ピクシブ百科事典

宇宙B

うちゅうびー

宇宙Bとは、スーパーロボット大戦シリーズに連綿と続くヒエラルキーの一種である。
目次[非表示]

正確には宇宙適応Bの事を指す。
スーパーロボット大戦』シリーズは代々地形適応において
ロボットの地形適応とパイロットの地形適応の平均で算出されるのだが

地形適応Aは機体(ロボット)とパイロットの両方がAでないと地形適応Aにならない
ゆえに
宇宙Bのパイロットはどんな機体に乗り換えてもどんなに機体を改造しても宇宙適応はB以上になれないのである。
これが「宇宙B」である。

宇宙Aと宇宙Bの違い

宇宙Aは宇宙Bの1.2倍の攻撃力と装甲になる。それだけである。
そのたったそれだけが大いなるヒエラルキー、格差となるのである。
仮に宇宙Bの攻撃力が1000だとすると気力を限界の150まで上げた場合1500になる。
しかしこれが宇宙Aだと気力を限界の150まで上げた場合1200×1.5倍の1800になるのである。
気力125の時点で攻撃力は1500となり、宇宙Bの限界である1500に並ぶ。
しかも宇宙Aはまだ気力が25も上げられるし、装甲も同様である
宇宙Bである兜甲児のマジンガーZの装甲が4800だとした場合、宇宙Aは4000の装甲でゲーム中の実際の装甲は1.2倍の4800で互角になるのである

これが宇宙Aと宇宙Bの覆せない差なのである。

宇宙Bの悲劇を味わった参戦作品

スーパーロボット大戦F/F完結編』を例に挙げると、

・『マジンガーZ
・『グレートマジンガー
・『超電磁ロボコン・バトラーV
・『戦国魔神ゴーショーグン
・『聖戦士ダンバイン
・『新世紀エヴァンゲリオン

と、作品単位で宇宙Bの参戦作品が多い。
また宇宙適応というものは地上戦で空中戦適応を付けてくれるミノフスキークラフトのようなフォローする手段が殆ど存在しない。
フル改造ボーナスで機体側を補うしかないのだが金が掛かる上パイロットの適応の悪さはカバーできないため後半ステージのほとんどが宇宙となる『F/F完結編』ではこれらの作品はほぼ二軍落ちが確定する。
特にゴーショーグンは主題歌「ゴーショーグン発進せよ」の歌詞に「宇宙スペースNo.1」とあるのにこの有様だったため、「宇宙Bの宇宙スペースNo.1(笑)」などと皮肉られた。
というか、未だに言われ続けてる。ゴーショーグンは泣いてもいい。

ただし…

さすがに『F完結編』での扱いを問題視してか、その後の作品では以前の作品では宇宙Bだった面々も宇宙Aになることが多くなったり(近年の作品では基本的にスーパーロボットはパイロット込みで大体宇宙Aである)、強化パーツ「スラスターモジュール」やアダプター系の登場で宇宙適応を補強したり、そもそもパイロットの養成によって宇宙適応を上げられるようになったりと劇的に改善されている。あと携帯機シリーズはパイロット側の地形適応がなくなった(つまりロボット側の地形適応のみで地形適応を参照)。
宇宙Bのパイロットが何しても宇宙B?スマン、ありゃあ昔の話だった。

ところが…

歴史は繰り返す

『F/F完結編』から10年以上が経過してから登場した『スーパーロボット大戦K』も
宇宙に出た参戦作品が少ないせいか作品単位で宇宙Bというのが多い。
簡単に言えば、

・『マジンガーZ』※1
・『神魂合体ゴーダンナー!!』※2
・『OVERMANキングゲイナー
・『ガン×ソード』※3
・『機獣創世期ゾイドジェネシス』※4

※1…強化後のマジンガーZは宇宙A
※2…コスモダイバーは宇宙Sだが、スポット参戦でしか登場せず宇宙で戦う機会が無いため無意味
※3…隠しユニットのサウダーデ・オブ・サンデイは宇宙A
※4…レインボージャークウインドと隠しユニットのバイオプテラは宇宙A

は※で紹介したユニットを除けば全て宇宙Bである。
しかもこれらの作品は7割方序盤参戦である。
本格的な宇宙ステージは中盤以降だがその頃には『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』『ガイキングLEGENDOFDAIKUMARYU』『電脳戦機バーチャロンマーズ』といった宇宙Aの作品が数多く参戦している。
さらに『K』では『F/F完結編』とは違い宇宙Aの上に宇宙Sが存在するため更に辛い。
一応『K』では強化パーツで宇宙適正をAにすることは可能だがその強化パーツ自体が少ないためパーツの足りない1周目はフル改造ボーナスで適性を上げるか出撃ユニットを絞るか性能低下を覚悟で使うしかない。なお最終ステージも宇宙である。
2周目以降は強化パーツの購入が可能になるため問題はほぼ解決するのは一応救いではある。

その後、『スーパーロボット大戦L』では『K』より継続参戦の『ゴーダンナー』※5の面々と、『マジンカイザー』※6『エヴァンゲリヲン新劇場版』の面々が基本宇宙Bとなった(もちろん他作品にも宇宙Bの面々がちらほらいる)が、強化パーツが撤廃されたため、補強するにはユニット同士でチームを組んだ時に宇宙適応ボーナスをくれるユニットと組むしかない。そのボーナスをくれるユニットも全体で8機(その内離脱の可能性があるのが1機、合体等を捨てる必要があるのが1機)。宇宙B組が宇宙へ行く機会は少ないとはいえ、やはり厳しいやりくりが必要となる。そして強化パーツとは違い購入解放もないので2週目以降もずっとこのままである。
ちなみに、このせいで旧グレートマジンガーが初登場時に宇宙Bで戦わされる羽目になる。

※5…『K』よりは改善されており、ゴーダンナーとブレイドガイナーは相方の機体と合体すると宇宙Aになる。ブレイドガイナーはその相方が乗り換え可能なコスモダイバーが宇宙適応ボーナス持ちなのはここだけの話である。
※6…マジンカイザーと真グレートマジンガーは宇宙A

これはやり過ぎだったと思ったのかは不明だが、さらに後の『スーパーロボット大戦UX』では敵も味方もサイボーグだろうが人間扱いのSDガンダムだろうがみんな宇宙Aになった

で、これはこれはやり過ぎだったと思ったのか、『スーパーロボット大戦BX』では再び宇宙Bの機体が登場し始めて…安定しねぇな、おい!?
…まぁ、ヘリコプターとか戦車とかが宇宙Aだと主張されても困るのも事実ではあるが。
あと、ディバイディングドライバーで地形適応をなんとかするドライバーおじさんが爆誕した。

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙B」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3956

コメント