ピクシブ百科事典

スパロボ御三家

すぱろぼごさんけ

マジンガー、ゲッター、ガンダムの三大ロボットアニメのこと。
目次[非表示]

偉大なる概要

マジンガーZゲッターロボガンダムの三大ロボットアニメのこと。
初代スパロボからほぼ皆勤賞レベルで登場しており、スパロボと言えばこの三作品、と言うイメージも強い。ゲッターは最近ちょっと微妙だが。

素晴らしき特徴

これらの作品が三本柱として選ばれたのは、知名度の他にこの三作品が今までになかった新境地を切り開いたことにあるだろう。

実は日本初の巨大ロボット同士の戦闘を描いた作品は「鉄人28号」(スーパーロボット大戦Zにてリメイク版が参戦)だが、鉄人武器を持たず素手と殴り合い、主人公金田正太郎リモコンでこれを操縦していた。
だがしかし、1972年公開のマジンガーZ日本初の搭乗式ロボットとしてブラウン管に現れた。主人公の兜甲児戦車のようにマジンガーZを駆り、常住戦陣の心構えで機械獣を蹴散らした。
アストロガンガー?ヒットしなかったし…(そもそもアストロガンガーより前に似た設定の『魔人ガロン』が存在する)。

続いて1974年に現れたゲッターロボ複数人数で戦うロボットの一番乗りを果たした。複数の戦闘機合体して一つのロボットとなるその画期的なアイデアは、あらゆる作品に受け継がれていった。

そして1979年に現れた合体ロボット(一応)である機動戦士ガンダムは、リアルロボットと言う新たなる作風を生み出した。ガンダムの主人公アムロ・レイジオン軍であり、まぎれもなく「人間」が作り出した「国家」であった。アムロの属するホワイトベース以外でも地球連邦軍は地球圏全域でジオンと闘っており、また一概に連邦=、ジオン=などとは言い切れない(逆もまた然りである)という戦争の本質に踏み入った作品であり、放送当時は打ち切りになるほどの大コケをしたものの再放送や劇場化により年配のファンを増やし、爆発的な人気を生み出した

かくして、マジンガー・ゲッター・ガンダムの三者は今なおロボットアニメ界の偉大なる先駆者として今なお歴史にその名を(続編リメイクと言う形で)刻みつづけているのである。

そして、マジンガーZは再び奇跡を起こす

堂々たる経歴

移植作やリメイクは省略

○…参戦
△…ガンダムはアナザーGレコ含む)のみ、ダイナミック勢は初代アニメシリーズ以外(マジンカイザー真ゲッターロボなど)のみ参戦
×…不参戦

作品名発売年マジンガーゲッターガンダム
第2次スーパーロボット大戦1991年
第3次スーパーロボット大戦1993年
スーパーロボット大戦EX1994年
第4次スーパーロボット大戦1995年
新スーパーロボット大戦1996年△(※1)
スーパーロボット大戦F1997年
スーパーロボット大戦F完結編1998年
スーパーロボット大戦COMPACT1999年
スーパーロボット大戦641999年
スーパーロボット大戦COMPACT2三部作2000~2001年
スーパーロボット大戦α2000年
スーパーロボット大戦α外伝2001年
スーパーロボット大戦A2001年
スーパーロボット大戦R2002年
第2次スーパーロボット大戦α2003年
スーパーロボット大戦COMPACT32003年
スーパーロボット大戦D2003年
スーパーロボット大戦MX2004年
スーパーロボット大戦GC2004年
第3次スーパーロボット大戦α終焉の銀河へ2005年
スーパーロボット大戦J2005年×△(※2)
スーパーロボット大戦W2007年△(※3)
スーパーロボット大戦Z2008年
スーパーロボット大戦K2009年×(※9)△(※4)
スーパーロボット大戦NEO2009年△(※5)
スーパーロボット大戦L2010年×△(※3)
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇2011年
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇2012年
スーパーロボット大戦UX2013年△(※8)×△(※6)
スーパーロボット大戦OE2013年
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇2014年
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇2015年
スーパーロボット大戦BX2015年×○(※7)
スーパーロボット大戦X-Ω2015年
スーパーロボット大戦V2017年
スーパーロボット大戦X2018年×


※1 珍しく「漫画版」のみが参戦している。
※2 GとSEEDという謎の取り合わせ。
※3 W(EW)とSEED及び派生作品
※4 SEED DESTINY関連作のみ。SEEDは機体だけ参戦
※5 スーパー系と親和性が高いからか、Gのみ参戦
※6 SEED DESTINY、OO劇場版、そしてなんとSDガンダム三国伝
※7 ただしユニコーンだけなので、アムロは既に戦死した設定
※8 ただし、兜甲児は出ていない。
※9 むしろ「出なくて良かった」と安心されていた。

大いなる関連タグ

スーパーロボット大戦 スパロボ御三家グループ
スーパーロボット ヒーロー
兜甲児 海動剣
流竜馬 一文字號
アムロ・レイ キラ・ヤマト シン・アスカ
戦姫絶唱シンフォギア:主人公達が所属している組織「特異災害対策機動部二課」の男性陣の声優がスパロボ御三家のシリーズで主人公を経験している。

pixivに投稿された作品 pixivで「スパロボ御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4874

コメント