ピクシブ百科事典

ゴーショーグン

ごーしょーぐん

ゴーショーグンとは、アニメ『戦国魔神ゴーショーグン』に登場するロボット及び、そのタイトルである。
目次[非表示]

概要

戦国魔神ゴーショーグンの主役機。その名の通り、鎧武者の姿をしたスーパーロボットである。
キングアロー、ジャックナイト、クイーンローズの3機のマシンがゴーショーグン本体の機体の各部(それぞれ胸部、左脚、右脚)に収納されて完成する。メインパイロットは北条真吾。メインコックピットであるキングアロー以外が合体していなくても稼働できるが、パワーは著しく減少する。ビムラーエネルギーで稼働し、武器の転送もビムラーを用いる。
ビムラーが進化するごとに機体が強化され、同時に使用可能な武器も増える。それだけでなく、ゴーショーグン自体も最終的には自我を持ったかのようなしぐさを見せるようになった。最終回ではビムラーに選ばれた真田ケン太とともに、宇宙から飛来した星々のソウルとともに宇宙に旅立って行った。

コアマシンが収納するだけの合体であるためゴーショーグン本体のギミックはそれほど凝ったものではないが、放送当時タカトクトイスから発売していたスタンダード合金には爆撃機らしきものに変形するギミックが内蔵されていた(合体できるDX版にはなし)。

ゲームでの扱い

某ロングセラーロボットゲームでは何かと「宇宙B」と揶揄されるロボットである。
これは「宇宙スペースナンバーワン」と謳っておきながら実際は宇宙適応がAに劣るB(その理由はメインパイロットにあるのだが)であり、しかもパイロットの宇宙適応がAのスーパーロボットが とか とか とかけっこう居る事に起因する。
原作では地上戦や空中戦がメインで宇宙で戦う機会は少ないための考慮だろう(実際に宇宙戦闘を行った回数は3回程度)。原作を知っている人からすればトラブルの原因にもなりかねないので多用は慎むべきである。

武装

コスモビーム
目からビームを発射。連射可能で劇中でも多用されている。
ホルスタービーム
腰の穴から発射するビーム。コスモビームより強力だが連射はできない。
レッドインパルサー
胸のエンブレムから発射する熱線。
ゴースティック
先端がハルバード状になっている武器で伸縮可能。投てき武器としても使用。
ゴーサーベル
接近戦用の実体剣。劇中で最も多用する武器でもある。設定上では二刀流としても使用できる。
スペースバズーカ
連射可能なハンドバズーカで数少ない実弾兵器。用途に応じて弾頭の選択が可能。これらの手持ち武器はグッドサンダーから転送される。
ゴーフラッシャー
背部のバックパックから放出される必殺技。ビムラーが第2段階になった際に使用可能となった。黄色のビームが放射状に発射され、敵を串刺しにして倒す。
ゴーフラッシャー・スペシャル
ビムラーが第3段階に進化した際に使用可能となった。その際に発色は黄色から緑に代わっている。殺生能力はなく、それを浴びた敵は自我を起こし自滅する。第4段階に進化した時には核兵器を含むすべての武器を無効化する兵器と化した。

関連タグ

戦国魔神ゴーショーグン

ゲキ・ガンガー3:古代人が壁画に残したロボットらしき絵を基にして製作されたという点が合致(その元ネタがゴーショーグンであるのだが)。
ガンダム:収納するだけの合体、顔や武器が似ている、一部の声優が出演しているなどの共通点がある。鎧武者化した武者頑駄無という派生も後に登場。

関連記事

親記事

戦国魔神ゴーショーグン せんごくまじんごーしょーぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーショーグン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45733

コメント