ピクシブ百科事典

魔神バンダー

まじんばんだー

魔神バンダーとは、1969年に製作された特撮番組。
目次[非表示]

概要

怪獣マリンコングを過去に製作したニッサンプロダクションの後継であるNMCプロが製作した特撮番組。1969年1月5日から3月30日まで、フジテレビにて全13話が放映された。
当初は手塚治虫の『魔神ガロン』の実写化作品として企画されていたが、諸事情により製作されず、残された企画をもとに製作された。
当初は全26話を予定していたが、半分の13話に短縮されている。また放送枠も1967年7月2日より毎週日曜19時30分からで放送予定だったが当時日曜18時30分枠で放送中の『リボンの騎士』が「視聴率低迷」を理由に6月25日放送分で一旦休止し、最終的に30分繰り上げ、そして19時枠の『マッハGoGoGo』の30分繰り上げで、新たに日曜19時から20時に1時間演芸番組『爆笑ヒットパレード』を設置するため、本作は時間どりを再検討するものの結局は放送が延期に延期を重ね、1969年になってやっと放映されることとなった。

70年代に何度か再放送されたものの、その後は放映されずソフト化もされていない。マリンコング共々現在は映像会社トランスグローバル社が映像を所有しており、80年にマリンコングがビデオ化された際に本作についても「ファンの声があれば発売するとか…」とビデオソフト化が仄めかされたが……お察しください

あらすじ

ある日、バロン彗星から水爆の数千倍のエネルギーを持つといわれる新物質「オラン」が地球に持ち込まれた。オランを取り返すべく、バロンの王子と側近のX1号が地球にやってくる。
バロンの王子は地球人の立花博士と協力し、守護神バンダーとともに悪人たちと戦う。

バンダー

魔神の怒り


バロンの王子が窮地に陥った際に呼び出す巨人。身長4~350m、体重200kg~1.5t
通常は守護神バンダーという形態になっているが、一度怒ると巨大化し、頭部が角の生えた赤いものに入れ替わり、戦闘形態魔神バンダーへと変わる。
その体は超物質オランXでできており、ロボットのように見えるがバロンの王子やX1号は生命体と呼んでいる。事実、鳴き声を上げることもある。
武器は口から吐く火炎やミサイル、強風など。指からもミサイルや突風を放ち、目からは光線を出す。

関連項目

特撮

関連記事

親記事

特撮番組 とくさつばんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔神バンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15

コメント