ピクシブ百科事典

魔神ガロン

まじんがろん

手塚治虫によるSF漫画。
目次[非表示]

概要

 冒険王に掲載された手塚治虫漫画作品。巨大ロボットとその人工知能として作られた少年物語であり、鉄人28号と同じく主人公ガロンは「ある時は正義の味方、ある時は悪魔の手先」という視点で描かれている。
 第1部でガロンとピックはの底に沈むが、好評につきその後も続きが描かれた。しかし手塚治虫の殺人的なスケジュールにより、後半のペン入れ代筆に次ぐ代筆であり、評価はあまり高くない。ただし世界中を駆け巡りロボット怪物を叩き潰し、最終的には太平洋戦争時代までタイムスリップするというとんでもない展開については評価する者も多い。
 後にガロンは「鉄腕アトム」や「マグマ大使」にも同様の惑星改造型ロボットとして登場する。

 2013年、大阪芸術大学と手塚プロの共同で22分のショートアニメが作成された。

あらすじ

 ある日突然隕石に乗って落ちてきた謎の魔神像「ガロン」。俵教授と助手の敷島はガロンの蘇生に挑むが、復活したガロンに破壊された研究所の瓦礫の下敷きになり俵教授は事故死してしまう。ガロンはその力を制御できず暴れ回るが、それもそのはず。ガロンは人工知能となる「ピック」とはぐれていたからだった。
 実はガロンは宇宙人が地球をテストするために送り込んだメカであり、それを悪用するようならば地球は抹消されてしまうのだ。ガロンの無限大の力を巡り、正義と悪が刃を交えるのであった。

ガロン

魔神ガロン3面図


 ガロンは人間男性に似た姿をしており、にはピックを収納するためのが開いている。大きさはサイズによってまちまちであるが、10mを上回ることはないと思われる。
 ガロンの主な能力は指先から放つ熱線で、戦車でも岩盤でも容易に溶かしてしまう。身体も極めて頑健で、近代兵器では傷一つつかない。また、ピックが死んでもガロンが無事であれば分解して再構築することが可能。

鉄腕アトム客演時のガロン

「アトム対ガロン編」にて異星人の作った惑星開発用ロボットとして登場。事故によって地球に飛来し、調査に訪れたお茶の水博士アトムの手によって組み立てられたが、得体の知れないガロンの力に危機感を覚えたお茶の水博士ら調査団はガロンを破壊することを決意。しかしその夜、落雷によってガロンは起動してしまい、無分別に暴走してしまうことになった。
軍隊の出動によって一度は追い詰められたガロンであったが、ガロンに興味を抱いていた天文学者の天川博士の手によって救い出され、とある無人島にて実験をさせられる事になった。外宇宙の神秘を解き明かしたい天川博士はガロンが開発用ロボットであったことに目を付け、無人島の環境をガロンの生まれ故郷と同じ環境に作り替えることを命じることに。嬉々として無人島を開発するガロンと様々な発見に喜ぶ天川博士だったが、一つ誤算があった。なんとガロンは周辺の空気までも故郷と同じ組成に作り替えてしまったのである。このため天川博士は窒息死してしまい、無人島を中心に殺人気体が地球全体に広がり続ける未曾有の危機を招いてしまった。
ガロンをなんとかするべく立ち向かうアトムであったが、水爆ミサイルも蒸発させてしまうガロンには歯が立たない。そこでアトムは一計を思いつく。環境を作り替え続けるガロンに、一分間だけ無人島の重力も故郷と同じものにしてみろと提案してみたのである。その気になったガロンは重力まで操作して見せたが、地球に比べガロンの故郷は重力が弱かったため、気体のバランスが崩れた無人島は凄まじい上昇気流に飲み込まれ、ガロンは地球圏外に吹き飛ばされてしまった。こうして怪物の暴威を知恵でかわしたアトムであった。

関連項目

SF マグマ大使 ビッグX サンダーマスク

pixivに投稿された作品 pixivで「魔神ガロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59532

コメント