ピクシブ百科事典

五河士織

いつかしおり

デート・ア・ライブの登場人物『五河士道』が女装した時の名前である。
目次[非表示]

概要


CV:藏合紗恵子

6巻にて登場した男嫌いの百合精霊・誘宵美九と接触すべく、<ラタトスク>の面々により女装させられた五河士道の姿である。

元々士道の顔が中性的だったことに加え、その道に詳しい人々が手伝ったことで、顔見知りすら欺く仕上がりになっている(ただし、肉親である崇宮真那は勿論、十香折紙には一目で見抜かれた)。この姿になる過程で、士道は高いメイク技術を会得し、単独での女装が可能になっている。なお、声は喉に付けた変声機で女声に変えている。

後に七罪を攻略する際、メイク程度で人が変われるわけがないと思い込んでいる彼女にメイクの凄さを教えるため、嫌々ながら再度この姿になっている(実際彼女から「変態」呼ばわりされ、ひどく落ち込んでいた)。

短編では、琴里に対する失言への罰として1日中女装させられ、このまま学校にも通わされた。とある人物たちの女装した姿同様、余りにもの高スペックのためにネットに画像が流失した時は小さな嵐を巻き起こし、裏路地で襲われそうになったこともあり(しかも男だと明かしてもオールOKだといわれる(-_-;)‼)、更に芸能関係者もスカウトしようとした程の容姿だったりする…。

まさかの○○

作中時系列においてこの姿が最初に登場したのは短編での琴理の誤解から生じた妄想の中だったが、その姿は普通の女子の下着姿であった。

そして第12巻「五河ディザスター」において、霊力暴走によりハイになった士道を止めるためにキスを迫ろうとしたが、士道は七罪の変身能力を自分に使って士織の姿に変身したのである。それも外見だけでなく肉体そのものまで。

女装を嫌がる普段の士道なら絶対にやらないであろう行為、そして「自前の胸」を自慢する士道にまんまと翻弄され、結局琴理は彼を取り逃がしてしまった。

関連タグ

デート・ア・ライブ 五河士道 女装 男の娘 公式女体化
大十字九郎 大河新次郎(いろんな意味で同業者)
公式が最大手

pixivに投稿された作品 pixivで「五河士織」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 525676

コメント