ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「さあ、私たちの戦争(デート)を始めましょう」
「だから……、がんばるために、元気を頂戴?」

プロフィール

身長145cm
誕生日8月3日
スリーサイズB72/W58/H74
好きなものチュッパチャプス
嫌いなもの怖い話
声優竹達彩奈


概要

中学2年生主人公五河士道義妹にして〈ラタトスク〉所属の司令官。
白いリボンで髪をツインテールにまとめており、ほぼ常にチュッパチャプスをくわえている。人懐っこく、兄である士道のことを「おにーちゃん」と呼び子犬のように慕っている。

五河琴里



…が、髪留めのリボンを黒に変えると一転して冷徹な女王様のような性格になる。通称「司令官モード」。罵倒と折檻を絶え間なく繰り出し、兄のことを「士道」と呼び駄犬に対するように接する。

苛烈で強気な微笑



しかし、空中艦〈フラクシナス〉クルー始めラタトスクの部下達(顔合わせをしたことも無いメンバー含む)全員の顔と名前が一致しており、このことから部下に対する愛情が強く、また部下からも愛される人望篤き〈フラクシナス〉の艦長(それが強すぎて相手の嗜好を満たすために過剰なアプローチをも辞さないのはナイショ…)。

またこれは二重人格というわけではなく、リボンの取り換え(自己暗示)による公私の切り替えスイッチと言う方が一番近い。その証拠にどちらの状態の時でも義兄を慕うというところは変わらず、士道に危機が及ぶなどして動揺が激しくなると「おにーちゃん」と呼ぶなどしてしまう。

このようになった経緯は4巻の終盤にて語られており、それによると、5年前に大好きな士道との「最初は(誕生日に買ってきた)黒いリボンを付けているときは強い琴里でいる」という約束からきているものと推測される。

性格は何方かというとツンデレ気味で、建て前状は士道の妹という事になってはいるが、実際には血が繋がっておらず、泣き虫の自分の傍らで、常に自分を支えてくれた義兄の士道を異性として意識しており、それ故に、彼女の将来の夢は士道のおよ…(本人の意思にかんがみ、以下略)。

そのため、突然現れた士道の実妹である崇宮真那には複雑な心情を抱いており、彼女と友好的な関係を築き上げているのと同時に、士道を巡ってのライバル視している節もある。

妹達



時々表記揺れしていることがあるが、『琴理』ではなく『琴里』である。

ここから先は4巻以降のネタバレになります。ご注意ください











火の精霊 - 琴里


「焦がせ〈灼爛殲鬼〉」

概要2(ネタバレ)

狂三に空間震を起こされそうになり、絶体絶命の状況でそれを止めた精霊――それは五河琴里であった。

彼女は生まれたときは人間であったが5年前の事件で精霊となった。それには当時の士道と折紙も巻き込まれ、何人かの人物たちにとっては基点となった事件とも言える。その事件で琴里は〈ラタトスク〉に見出され司令官となった。
後述の折紙の強襲以前は士道ともども記憶を封じられていたが、そこで思い出したのはファントムが言葉巧みに琴里の孤独の心の隙を突いて“霊結晶”を与えたことによって精霊と化し、事件の最中には火災の中心地点からはほとんど動いておらず人を直接手をかけてないという事実であった。
その事件で両親を殺された折紙が仇として探し求めている〈イフリート〉が琴里であるとわかった時にはすぐに強襲してきた。しかし、実際には折紙の両親を殺害したのは光の柱で攻撃した別の精霊であり、そしてその正体は…ここから先は更なるネタバレになるため、自己責任で(5年前の真実・ネタバレ注意)。

更に5巻の終盤、義兄である士道が精霊しか扱えない筈の“天使”を発現させたという報告を受け、彼の能力が最悪の状態(具体的にはどのような状態を指すのかは今現在のと事はハッキリしていなかったが、12巻で彼が暴走状態に陥った事を指していたことが判明)になった場合は、他ならぬ自身の手で最愛の人をこの手で葬ることを、その密命を授けた(であろう)恩師でもあり、〈ラタトスク〉の創設者であるウッドマン卿に宣言しており、彼女の置かれている苦しい立場が示唆された(それ以降、士道の体調を良く気にするようになったことも示唆されている)。

ただしそれはあくまでも緊急自体に陥り、完全に手遅れになった状態で彼女が完全に諦めた場合の最終手段であり、彼女が諦めない限りはその手段に打って出る事は容認されていない(あくまでもウッドマン卿だけだが…)。

なお、彼女自身は<ラタトクス>ではウッドマン卿と彼の派閥以外は全く信頼していない。

精霊としての識別名は〈イフリート〉。炎を操りさらには強力な自己再生能力も有するために攻防共にスキが無いが、霊力をうまくコントロール出来ていないのか、限定顕現状態でも自我を乗っ取ろうとする破壊衝動が浸食してくるなどリスクが極めて高い。
つまり彼女の性格と同じく、の持つ破壊と癒しの両方の側面を併せ持つ精霊ともいえる。

呼び出す天使は灼爛殲鬼(カマエル)。戦斧の形状をし、さらには巨大な砲(メギド)へと変形もする。〈フラクシナス〉との連携で砲を内部のコネクタと接続させることにより、〈フラクシナス〉の切り札である精霊霊力砲〈グングニル〉を使用する。

士道を裏からサポートするという立ち位置の為、初期から登場する重要なキャラであるにも関わらず出番はそこまで恵まれていない結構不憫なキャラ。少々素直でない点を除けば彼女は比較的常識人であり、他の精霊のフォローもしているので結構な苦労人(状況を悪化させてしまうことも少なくないが)。
他の精霊が子供っぽかったり、自由人が多いので纏め役になることも多い。
十香や士道と同様に満遍なく精霊と接しているが中でも四糸乃や十香との絡みが多め。狂三は当然ながら警戒しており、精霊不殺主義の琴里が本気で殺そうとした程。単純に性格的にも相性が悪そうだし。

「生命の樹(セフィロトの樹)」において対応する事象は以下の通り。

数字5名前五河(名前ではなく苗字にモチーフ入り)
神名エロヒム・ギボール霊装〈神威霊装・五番(エロヒム・ギボール)〉
守護天使カマエル天使〈灼爛殲鬼(カマエル)〉

そして髪の色はゲブラーを象徴する赤色が反映されているものと推測される。

ラタトスクの観測精霊データー

名前五河琴里
識別名イフリート
総合危険度AA
空間震規模
霊装
天使AA
STR(力)160
CON(耐久力)100
SPI(霊力)215
AGI(敏捷性)130
INT(知力)178
霊装神威霊装・五番(エロヒム・ギボール)
天使灼爛殲鬼(カマエル)

外部出演

ファンタジア・リビルド

世界の崩壊・再構築の影響で、同じ境遇に遭ったテレサ・テスタロッサと共に次元航行艦「オリキュレール」の補佐官となっている……のだが、その艦長グスタフ・クラックフェルトがだらしのない性格のため、テッサとともにほぼ艦長代理を務めている。
稼働開始当初ではメインストーリーやイベントでの出番が主だったが、ハーフアニバーサリーにてプレイアブルキャラクターとなった。

関連イラスト

五河琴里
琴里さん(14.06.08)


妹妹
センシティブな作品



関連タグ

デート・ア・ライブ 五河士道 崇宮真那 五河遥子 五河竜雄
精霊(デート・ア・ライブ) イフリート ラタトスク
ツインテール 義妹 レッドヒロイン

似たような人達

シャノン・ミルフィ(『シャイニング・アーク』) - 義理の姉弟、姉が義弟を異性として認識している点で五河兄妹と共通点がある。
エルシィ(『神のみぞ知るセカイ』) - 恋愛で女性を「攻略」する義兄をサポートする妹という点が琴里と共通している。ちなみに琴里の中の人演じるキャラクターとは同級生で友人。
高坂桐乃 - 中の人が同じ妹キャラ。
リーファ(SAO)/桐ヶ谷直葉 - こちらも中の人が同じ妹キャラだが、琴里同様義妹である。

関連記事

親記事

ラタトスク(デート・ア・ライブ) らたとすくでーとあらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「五河琴里」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「五河琴里」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10644188

コメント