ピクシブ百科事典

村雨令音

むらさめれいね

デート・ア・ライブの登場人物。〈ラタトスク〉の解析官。
目次[非表示]

「ええっと君は……しんたろうだったかな?」

プロフィール

身長164cm
スリーサイズB95/W63/H89
好きなもの甘いもの
嫌いなもの刺激物
声優遠藤綾


概要

〈ラタトスク〉所属の解析官。
琴里の部下だが、どちらかというと保護者のような立ち位置。

二十歳くらいの外見の女性。年齢は不詳だが彼女の発言を鵜呑みにすれば三十歳以上。
寝不足のため目の周りには常に隈がある。裸眼で軍服、あるいは眼鏡を掛けて白衣姿のことが多い。いつも傷だらけのクマのぬいぐるみを持っている。

寝不足でいつもふらついており、覇気がない。時折天然ボケ的な言動はあるものの、ボケ過剰の〈ラタトスク〉内では比較的常識人で、よく他人をフォローする発言をしている。琴里からの信頼も厚い。
士道の学校には士道のクラスの副担任として潜入している。

また、士道のことを何故か“しんたろう”という間違った名前で認識し、「シン」という名前で呼んでおり(他の登場人物はちゃんとした名前で呼んでいる)、訂正する気は甚だない模様。

謎多き女性

前述の三十歳以上かと思われる年齢の発言の他にもいくつか不可解な言動をしており、謎が多い。どうやら厳密には不眠症では無いらしく、「“その時”が来るまでに眠りたくても眠るわけにはいかない」と発言している。真那の体に秘密裏に施されていた魔力処置を見た時はDEM社に対しては明らかな怒りを露にしている。
折紙がDEM社の〈バンダースナッチ〉に襲われ意識を無くした直後に襲われたはずだが、無傷で済み頭が陥没した〈バンダースナッチ〉の残骸が騒動が一段落した後に発見され、琴里たち〈フラクシナス〉のクルーたちが美九の〈破軍歌姫〉に操られた際も使えばもう後には引けないなんらかの戦闘手段を有する模様。
機械で観測するまでは誰も存在を知り得なかった万由里の〈ケルビエル〉に対し、その機構の本来の名称かと思われるシステム:ケルブの名前を知っていた。

また、ヴァイオリンの腕はプロ級だったり、丁度マイナーな外国語を複数話せたりと物凄いハイスペックな人物だったりする。
なお、本人曰く過去に唯一心から本気で恋した人物がいるというが…?

関連タグ

デート・ア・ライブ










正体(16、17巻ネタバレ注意!)

狂三が死と絶望のループに抗う中、助言しようと接触してきた〈ファントム〉。
だが、狂三は情報を得たことで〈ファントム〉を敵と断じて攻撃、ノイズを剥がして見えたその真実は村雨令音のものであった。

落ちる地獄なんか無いと言わんばかりに狂三に相手の時間を根こそぎ奪い取る影へ飲み込まれが、その後も士道達の前に何食わぬ顔で現れている(ただしその時にフラクシナスにいた琴理は、僅かな違和感を覚えている)。

なお、いつも持ち歩いている傷だらけのクマのぬいぐるみ、実はかなり年季の入っている古いものであることが17巻で語られている。
さらに同巻では30年前、とある少女が、ある人物からクマのぬいぐるみをプレゼントされているのだが、もしかすると彼女の正体は…?

以下、18巻及び物語の核心に迫る重大なネタバレに付き閲覧注意‼
























































その正体は原初の精霊・崇宮澪その人。令音としての姿はかつて恋焦がれ、自分を守るために命を失った崇宮真士を自身の力で再誕させた存在である士道を永劫に近い命を得て自身と共に歩む存在へと昇華させ永遠の恋人にする下準備が終わるまでの間(全ての霊結晶を士道が封印するまでの期間)、傍で見守る為の仮の姿であった。

ちなみに謎の精霊<ファントム>はいわば彼女の半身であり、いわば狂三が天使<刻々帝>の【八の弾】で生み出した分身体の様なものであり(本人が言うには厳密にはニベルコルに近いとの事)、2人が別々の存在として行動出来ていたのはそのため。

ちなみにどちらが本体で、何方が分身体なのかは今の所分かっていない(おそらく真士からもらったクマのぬいぐるみを持っている方が本物かもしれないが)。もしかすると十香と反転体と化した十香の関係と同じく、何方も彼女自身なのかもしれない。

ちなみにクマの名前はイチローとの事。

その後の展開や詳しい詳細についてはこちらで。

pixivに投稿された作品 pixivで「村雨令音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 329217

コメント