ピクシブ百科事典

エリオット・ボールドウィン・ウッドマン

えりおっとぼーるどうぃんうっどまん

デート・ア・ライブの登場人物の1人。
目次[非表示]

「キミのような可愛らしいお嬢さんに怪我をさせてしまったとなったら、私は地獄へと落ちてしまう所だったよ」

CV/中田譲治

概要

原作第1巻の終盤で声のみで登場し、第8巻でその姿が明らかになった〈ラタトスク〉の創始者にして円卓会議の議長を務める、眼鏡をかけた初老の紳士。琴里の恩人でもある。

昔は相当のプレイボーイだったらしく、口説き文句とも取れるようなセリフをすんなりと口に出して話す事が出来る。

全盲ではないようだが視力がかなり衰えてきているようで、彼の書斎の本棚には点字図書が多数保管されており、また足が悪いのか車椅子に乗って移動している。

自分の目的のために巻き込むことになってしまった秘書カレンや、不測の事態になった場合には想い人の士道を自らの手で処刑するという辛い役目を背負った琴理を気に掛ける素振りを見せる等、大組織のトップに相応しい人格者。
その他にも、十香が反転体になったことや士道が人間の身でありながら複数の天使を顕現させたこと等の報告を受け、居ても立っても居られなくなり部下に何の相談も無しに素性を隠した上で、実際に士道と十香に会いに来ている(第8話)。

上記の人格や受けた恩から、円卓会議の議員たちを内心ではバカにしている琴里も、ウッドマンにだけは敬意を払っている。

精霊を対話により保護し、空間震災害の平和的な解決を目指する観点から、全くの対極に位置するDEM社とは対立する立場にいるが、特にDEMのトップであるウェストコットとは何か浅からぬ因縁があるようで、彼の冷酷非道なやり口を良く知っている素振りを見せたほか、捕らえたDEM一派の1人であるパディントン越しにウェストコットと会話を交わした際、「優秀な君に今一度協力してほしい」とのウェストコットからの誘いを一蹴している。

また過去に何か有ったらしく、第10巻で感情を露にしたエレンがいうには、かつてウェストコットたちと誓いを交わしていたほどの中(同志)だったが、何らかの理由により(精霊に対する接し方の違い?)ウェストコットたちの元から離反し、現在に至ったようだが詳細は不明。判明していることはDEM社の創業メンバーの一人であったが、技術開発部部長であったカレンと共に離反したことのみ。

また、第12巻において彼の創設した<ラタトスク>もDEM社と同じく一枚岩でないことが判明し、その内の1人であるクライトンが先走って士道を殺害しようと勝手に<ダインスレイフ>の起動キーの複製を作り実行した際は激しい怒りを露わにしていた。

よって彼もまた、物語のキーパーソンの1人と目されるが、現在の所その詳細や〈ラタトスク〉の結成にいたる経緯やその真の目的は一切が謎に包まれている。

第13巻では、精霊を生み出した元凶の1人として示唆されている。

関連タグ

デート・ア・ライブ ラタトスク(デート・ア・ライブ)

以下ネタバレに付き閲覧注意‼



























































第14巻で判明した情報(ネタバレ注意!)

第14巻で発覚した事実によれば、ウェストコットやエレンらと共に"原始の精霊"(ミオ?)を現世へと召喚した張本人の1人であることが発覚。
当初は彼女の“霊結晶(セフィラ)”を利用しようと考えていたが、彼女に一目惚れしたことでその考えを改め、彼女の様に苦しんでいる他の精霊たちを救おうと決意、ウェストコット率いるDEMから離反、彼に心底下手惚れしているカレンと共に<ラタトクス>を発足した。

なお彼ら3人以外にも、もう1人の人物(エリオット曰く「少年」)が"原始の精霊"の近くにいた事が示唆されており、その人物は士道によく似ているらしいが…?

なお、何らかの攻撃手段を持っているようで15巻で宿敵ウェストコットと対峙した際はそれを使って相打ちに持ち込んでいるが、詳細は不明。ただしその力はその戦闘を含めてあと2回しか使えない模様。

そして17巻で判明した事実によれば、その実態は魔術師の末裔の生き残りの1人で、30年前故郷が魔術師狩りで滅ぼされた後、自分を含めて目生き残った4人で世界を書き換える為にマナと呼ばれる神秘のエネルギーを一か所に集めて始原の精霊である崇宮澪を誕生させた事。その過程でユーラシア大空災を引き起こした調本であったことが判明。

さらに澪を捜索中に彼女を保護した少年、崇宮シンという名の少年との出会い、愛しの人を彼に託し、自身は2人を守るためにDEMから離反した事など、様々な謎の一端が明かされる。

なお、彼もまた魔術師であるが故に顕現装置(リアライザ)を用いた戦闘行為を行事が出来るが、先にも述べたように今まで力を酷使しし過ぎた為なのか、使用回数に制限が生じている。

その為その実力は未知数だが、DEMとの最終決戦において、戦場にかつての同志の1人であったエレンが投入され圧倒的な不利な状況に陥った為、自身を愛するエレンの制止を振り切り、彼女を止める為に遂に自らが戦場へと赴き、因縁の相手の1人である彼女と対峙する。

その際に自分がいない間最強を名乗っていて楽しかったか?、っと彼女に宣言していた事から、如何やら全盛期はエレンより実力は上。つまり彼こそがは本来の人類最強の魔術師であった模様。なお、戦闘時は顕現装置を用いて全盛期の姿である青年の姿を取るようだ。

コメント