ピクシブ百科事典

五河遥子

いつかはるこ

デート・ア・ライブの登場人物にして、五河家の母。

「なんか、自分の家だっていうのに懐かしいわね」

概要

五河士道琴理母親(厳密には士道にとっては義母)にして、ラタトスクの母体である『アスガルド・エレクトニクス』の社員。

その存在は当初より仄めかされていたが、海外主張アメリカに滞在していた為、その人物像や詳細については謎に包まれていたが、『ドラゴンマガジン 2015年5月号』の付録小説『デート・ア・ライブ11.5巻 五河ペアレンツ』にて遂にご本人たちの登場という形で語られた。

ショートカットに釣り目がちな双眸をした堂々とした立ち姿の女性で、気風の良いサバサバした性格(ようは黒リボンを装着した司令官モードの琴理のマイルド版)の持ち主。

その為、周りからは夫の五河竜雄とは女傑文官、我儘なお嬢様と取れに付き従う老執事の間柄の様だと称されている。

ハイテンションな所があり、士道のことを「しーくん」、琴理を「ことちゃん」と呼び、夫の竜雄を「たっくん」と呼んで現在でもラブラブなご様子。好きな食べ物はカニ

『アスガルド・エレクトロニクス』においてはの竜夫と共に顕現装置の開発に携わっており、更に<フラクシナス>の開発に携わる中心チームに所属しており、そういう意味では鞠亜の母親的存在でもある。

その為、士道や琴理の背負っている使命や精霊たちの事も承知していたが、臨時休暇で一時帰宅するまでは十香たちの顔を知らなかったため(本人は彼女たちにあるまでは、メルヘン世界の住人と同じく小っこくて可愛らしいものと思っていた)、ファーストコンタクト際は互いに面識がなかったこともあり、とんでもないことになってしまった…。

ちなみに士道には自分たちの仕事についての詳細を伝えていなかったため、彼はこの事を知らなかった。

また、彼が行っている任務の詳細までは知らないようで、士織姿の士道の姿を知った際は流石に困惑していた。

ただし、命の危険が伴う事やデレさせて霊力を封印することは承知している模様(そんな危険な任務に就く彼の事をどう思っているかは分からないが…)。

関連項目

五河士道 五河琴里 五河竜雄 或守鞠亜

コメント